2006年06月27日

ベージュ東京(BEIGE TOKYO/銀座/フレンチ)でヴェジェタルのコースランチ

前から気になっていたベージュ東京(BEIGE TOKYO)に行ってきました。
シャネルがアラン・デュカスグループと一緒にプロデュースしているフランス料理レストランです。
場所は銀座3丁目にあるシャネル銀座ビルの10階。

私たちが行った日は、実はちょっと雨が降っていました。
ベージュ東京に上がる専用エレベーターは、銀座通りからマロニエ通りに入ったシャネル銀座ビルの側面にあるのですが、1階に女性の案内係の人がいるので、その人に傘をあずけ10階にあがりました。

レストラン店内は、窓が大きいためか開放的でかつ落ち着いていい感じ。
インテリアはベージュでまとめられ、どちらかというとモダンな装いです
椅子はシャネルのトレードでもある、ツイードのクッションで出来ていて座り心地が良かったです

席はちょうど窓際で明るい感じはよかったのですけど、銀座の街ってあんまり景観がよくないんですねー
景観ばっかりはレストランもどうにもできないのでしょうがないですね。

さてさて、コースは3つあります。
野菜を主役としたヴェジェタル(3皿+デザート)コース6000円
魚介とお肉のメール/テール(3皿+デザート)コース8000円
ヴェジェタルとメール/テールをあわせた(6皿+デザート)コース11000円です。

私が不思議に思ったのは、なぜ「野菜だけ」「肉と魚だけ」に分かれているのかということ。
野菜と肉、野菜と魚の組み合わせにすればいいのになぁと思います。

さておき、どれにしようかかなり迷った末、ヴェジェタルコースを選択。
理由は、6皿全部なんて食べられないよーと思ったのと、野菜が好きだから
ほんとは魚か肉も1品でいいので欲しかったけど、3品とも肉と魚というのはさすがにちょっとなぁ。。。

ベージュ東京アミューズベージュ東京バターベージュ東京パン





まず3皿が出る前に、アミューズが出ました。
和の漆器?に入ったアスパラガスのスープです。
このスープ、アスパラガスの味がちゃんとしてとても美味しかった

これから出てくる3皿どれに対しても思ったのですけど、使っている食材の味がすごくするんです
姿形は全然ないのに、素材の味がとてもする。
もしかすると生でかじる以上かも。
なんか私ってあまり食材の味がしない野菜を普段スーパーで買ってるんだなぁなんて思いました。
きれいに作りすぎてたり、旬のものでなかったりして、本来の野菜の味が薄くなっているということね。
(それとも私の調理方法に問題がある

ベージュ東京 緑野菜スープベージュ東京 アスパラガスベージュ東京 アンティチョーク





ヴェジェタルの3皿は、
・ハーブと野菜のなめらかなヴルーテ、新芽野菜とウフ・ア・ラ・ネージュ
・グリーンアスパラガスのロースト、パルメザンチーズのチュイル
・アーティチョークのミジョテとじゃがいものニョッキ、<パリグール>のジュ
だったのですが、最初のウフ・ア・ラ・ネージュもすごかったです。

何がって。葉っぱの味がするんです。
なんだろう。実際には飲んだことないんですけど青汁みたいな感じ
とにかく新芽野菜だぞーって味です。

2皿目はまたアスパラガスなのですけど、チーズをあわせた味が美味しかったです
3皿のうち私はこれが一番気に入りました。

そして3皿目はアーティチョークがやっぱりアーティチョークだぞって主張している1品でした。
あまり意識して食べたことなかったけど、アンティチョークって苦みがある食材なのですね。
その苦みが効いている一皿です。

ベージュ東京 マカロンデザートの前に抹茶とキャラメルのマカロンが出てきました。
しっとりジャムにふんわかマカロンがいい感じです。




ベージュ東京 ショコラプラリネベージュ東京 ノワゼット





デザートは、6種類から選べるのですが、私はベージュ東京のオススメでもあるカレ・シャネル ショコラ-プラリネ、グラス ノワゼットをいただきました。
これは見た目も素晴らしく、チョコの濃厚な味がとても美味しかったです
チョコの上に乗っている金箔は、シャネルのツイードを象徴しているのだそうです。
ウェイターの方は特に説明していませんでしたが、同じくチョコに上に乗っている2本の飴の棒はシャネルのマークを象徴しているのかなぁと思いました。

ベージュ東京 カフェオレベージュ東京 シャネルチョコ





ドリンクはカフェオレを注文。
シャネルのマークが入ったミニチョコも付いて来て、なんだかいたれりつくせり。

ヴェジェタルだけで足りるかなと思いましたが、デザートまで食べたらお腹いっぱいでした
これにさらに肉や魚が3皿もつく11000円のコースなんてみんな食べきれるのかしら?

お会計を済ましてウェイターの方に見送られエレベーターで階下まで降りたのですが、なんとエレベーターの扉が1階で開いたら、下にいる女性の案内係の人が私たちの傘を持って待っていました。
見送られてエレベーターが降りるまで数十秒だったのにー。すごーい。
こういう細かい芸当が、高級レストランなんだなぁと思いました。

全体的には雰囲気も料理も満足して帰ったのですが、やっぱり「野菜+肉」「野菜+魚」のメニューが食べたかったなぁぁぁ。

BEIGE TOKYO(ベージュ トウキョウ)
住所:中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング10F
電話:03-5159-5500
時間:11:30〜14:30、18:00〜23:00

blogranking_banner今日もよろしくデス

yumi




この記事へのトラックバックURL(承認制) 同じお店のTB歓迎です♪ 同じお店の記事に飛ばしてくださいね!

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ginzaol/50539028
この記事へのトラックバック
今日は、思わぬ理由からBEIGETOKYOへディナーに連れて行ってもらうことになった。今回案内されたのは、窓際スペースからは一段高くなったスペースの中央の席。店内全体が見渡せる席だったが、お店は、やはり土曜の夜だけあって、盛況で満席だった。テーブル担当の方は、前...
BEIGETOKYO【Miueux's Beautiful Lovely Organized Gorgeous】at 2006年09月24日 23:37
今日は私のお誕生日会。 行き先は、 BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO http://ameblo.jp/restaurant/entry-10006909252.html http://allabout.co.jp/gourmet/frenchcuisine/closeup/CU20050104A/index2.htm http://www.brutusonline.com/brutus/regulars/gourman/shop.jsp?iss...
(1/3)BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO(ベージュ東京)【フレンチ・銀座】【満腹日記】at 2007年01月10日 16:12
この記事へのコメント
おいしそぅですね

しかも、シャネルのマークの…って、すごくオシャレですよね(ηωη)

素材の味かぁ…
足すのは簡単だけど、引き出すのは難しいですもんね

行ってみたいです
Posted by ゅぃ at 2006年06月27日 01:10
コメントありがとうございました。
記事読んで、また行きたくなっちゃいました。
夏には夏の素材が使われてるんですね。
ランチ、お手軽でいいかも!
Posted by uuauua at 2006年06月27日 20:02
◆ゆいさん
そうなんですね。
ここに行った後、そういえば多くのレストランの料理って今まで調味料の味付けがけっこう占めていたかもなぁって思いました。

◆uunauuaさん
違う季節にまた行くのもいいですね。
日本の懐石料理などもそうですが、季節に合わせて出している料理っていいですよね♪
Posted by yumi(銀座OL) at 2006年06月28日 00:28
20年振りでしょうか夜の銀座、ローマ・パリのファッションの店が並んでいるのを見てびっくり。
 田舎者には格差が開いているなと実感しました。
Posted by kaiwo at 2006年10月13日 20:37
◆kaiwoさん
確かにバブル崩壊後の不景気の時に地価が下がったためか、一気に外資系ブランドが増えましたね。
でも20年前の銀座も知ってるなんて、そちらも羨ましいです♪
Posted by yumi(銀座OL) at 2006年10月14日 00:28