2007年09月19日

十勝川温泉の隠れ家温泉旅館“三余庵”

日曜の記事では、北海道旭川の旭山動物園のことを書きましたが、
今日は、北海道旅行で丁寧なおもてなしや良い雰囲気に感激!!だった十勝川温泉旅館“三余庵”についてご報告です

三余庵は、旅館の駐車場に入った瞬間から驚かされました。
車を駐車場へ入れる直前から、スタッフが入り口にて出迎えてくださり、「○○様ですね、お待ちしておりました」と。
それもそのはず、三余庵は全部で11部屋のみの旅館、おもてなしが行き届いているんです
北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 エントランス北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 ウェルカムドリンクお写真は、旅館エントランスと、ウェルカムドリンク
決して大きくない空間ですが、広々としたあか抜けた雰囲気がとても素敵なエントランス。
お写真には写っていないですが、エントランスの横にはバーカウンターと、ライブラリーがありました
北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 客室1北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 客室2






北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 客室 モール温泉何よりも、私が気に入ったのが客室です細部まで手が行き届いているんです。
私が宿泊した「若菜の部屋」は、島崎藤村の『若菜集』から付けられたお部屋で、室内檜風呂の和室。
12畳(もっとあったかな?)のかなり広々した空間でした
嬉しいのは、世界的にも数箇所でしか入ることの出来ない植物性モール温泉という茶褐色の温泉を室内の檜風呂で楽しめること
モール温泉は、入った後、目に見えて肌がつるつるスベスベに
室内露天風呂は2部屋だけに付いているようで、次回宿泊するときには露天風呂付きのお部屋に泊まりたい〜と思いました。

北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 ワイン北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 夕食


北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 前菜





北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 椀物



さて三余庵では、夕食も本当に美味でした
全てを載せると写真だらけになってしまうので、一部ご紹介
お料理は創作和食です。
前菜には、北海しま海老や、豆腐の燻製のカナッペにイクラやオリーブ、トマトがのったものなど
椀物には、芽室産新じゃがいもの和風ビシソワーズ。こちらが、びっくりするほどサラリとして美味しい
北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 煮物北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 御飯(帯広名物 豚丼)北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 デザート






北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 メイン長芋白煮、瑠璃茄子、生湯葉、雲丹、蕎麦の実餡の煮物も優しいお味。
メインは海鮮かお肉か選択することが出来ました。
海鮮はオホーツク海産本たらばがにの炭火焼、お肉は十勝幕別産黒毛和牛ロース炭火焼でした〜
かには甘みがあって美味しく、ロースも三余庵オリジナルのソースをつけて、美味しくいただきました
御飯には、十勝野ポークの豚丼
豚丼は帯広の名物なのですが、ここでは三余庵オリジナルのお上品な豚丼に仕上がっていました
このほかにも、釧路産のぶどう海老が出たり、本当に贅沢な夕食でした。
デザートでは、富良野産エルムメロンなどが入ったフルーツ盛り合わせ
最後に、ご丁寧にシェフがご挨拶に来てくださいました
やはり、このようなちょっとした気配りが嬉しいですね!
北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 サロンの酸素北海道十勝川温泉 旅館 三余庵 サロン三余庵の館内サロンには、無料で試せるネイルコーナーがあったり、酸素を吸ってリフレッシュするためのエアチャージャーがあったり、
女性にとってワクワクするようなことばかりの旅館でした

私たちは1泊だけでしたが、周りでは連泊されているお客さんがいらっしゃいました
私も次回行くときには、ゆっくり連泊したい!
心から「また行きたい」と思える、隠れ家的な素敵な旅館でした

十勝川温泉 温泉旅館 三余庵
北海道音更町十勝川温泉南13
0155-32-6211

blogranking_banner一回のクリックで、このブログへの投票になります!是非クリックお願いします

chie




この記事へのトラックバックURL(承認制) 同じお店のTB歓迎です♪ 同じお店の記事に飛ばしてくださいね!

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ginzaol/50788038