2008年04月27日

六本木の隠れ家 旬の味 いち 美味しい山菜と土鍋ご飯

先週、普段からとてもお世話になっている方に連れて行っていただいた六本木の隠れ家“いち”、何をいただいても美味しい、素敵なお店でした

六本木 いち 先付け六本木駅から、歩いて数分、通り沿いからは少し内側に入った静かな場所、「こんなところにお店があるのかしら?」と思うような場所に、隠れ家のような雰囲気でお店の入り口があります。
店内も落ち着いていて、居心地の良い空間。
さて、先付けとお酒。お写真はビールですが、この他にも、イチゴ酒や、梅酒のスパークリングなど、美味しそうなお酒もたくさん!

六本木 いち 前菜の山菜先付けのあとに来たのがこちら、山菜の小鉢が満載のお盆
思わず、テンションが高まります
旬の皮付き筍や、こごみや菜の花、噛むと小豆の味のする小豆菜、葉でくるんだお寿司など
ここのお盆には3人分入っています。一つの小鉢には、少しずつですが、ゆっくりいただく楽しさ、「次は何をいただこうかしら」とお盆から取り出す愉しみが味わえます
春の山菜って比べて食べると、それぞれ味が全く違って、本当に美味しかった〜
六本木 いち 山菜の焼物六本木 いち 生しらすそして、その後も、ギボウシという山菜(アスパラではないです)を軽く焼いたものをいただき、山菜に大満足!
ちょっと苦味がある葉先も美味です。

新鮮な生シラスもお醤油をさっとかけていただきます

六本木 いち お刺身 お造り
お刺身は、お醤油かお塩でいただきました。
お塩でいただくなんて初めての体験で、とても新鮮



六本木 いち 焼き魚六本木 いち 牛肉六本木 いち 魚料理






焼き魚には、木の芽のソースがかかっていて、目にも鮮やか
美味しくてうっとりだったのは、ほぼレアの状態の牛肉のステーキ。
口に入れた瞬間、お口の中でとろけるようでした〜
もうだいぶおなかいっぱいになりつつも、鯛の蒸し料理が出ると、こちらも美味しくて、お箸は止まりません

六本木 いち ウニの土鍋ご飯そして何よりも、こちらのご飯が“いち”の名物です。
こちらは、お茶碗に盛った後なのですが、もとは土鍋ご飯
土鍋ご飯は、何種類かあり、ウニ、鯛、カニ、牛肉など、どれも美味しそうでした。
私たちはウニを注文
ウニは、先に土鍋に入っているのかと思っていたら、
炊きたての土鍋ご飯の中に、ご飯と同量ぐらいのたっぷりの生ウニをドバッと入れてふんわり混ぜます
これが、本当に美味なんです!!
おなかがいっぱいなのに、美味しいものって食べられてしまうんですね…

六本木 いち シャーベット最後は、デザートのシャーベット。
午後8時くらいからお店に入りましたら、美味しいし、お話も弾むし、気がついたらもう12時頃でした

食材の味が存分に活かされた、美味しいお料理が満載だったので、帰ってからこのお店“いち”を調べていたら、レストランジャーナリストの犬養裕美子さんも推薦しているお店でした
また行きたいお店です

旬の味 いち
東京都港区六本木7−10−30
03-3402-9424
18:30〜0:00
定休日:日曜、祝日

blogranking_banner一回のクリックで、このブログへの投票になります!是非クリックお願いします

chie




この記事へのトラックバックURL(承認制) 同じお店のTB歓迎です♪ 同じお店の記事に飛ばしてくださいね!

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ginzaol/51011357