2008年11月09日

鰻の街浦和の老舗料亭、小島屋さんで大きな蒲焼をいただく

“鰻の街、浦和”で美味しい鰻をいただきました!
私は全く知らなかったのですが、鰻の街浦和には、アンパンマンを描いている“やなせたかし”さんが作った“うなこちゃん”というキャラクターが昔から存在していたそう
最近では、浦和駅の駅前にうなこちゃん石像が置かれるようになりました
(石像うなこちゃんの写真を撮るのを忘れてしまいました・・・)

うなぎ 浦和 小島屋そんな浦和で、先日美味しい鰻をいただいた老舗の料亭が、小島屋さんです。
小島屋さんへは、南浦和からタクシーで5分ほど
閑静な住宅?というよりは、のどかな畑も広がる場所にお店があります
入り口や店内は、とても落ち着いた雰囲気
良く手入れのされているお庭を、窓越しに見ながらお食事が出来ます

うなぎ 浦和 小島屋  鯉の刺身さて、小島屋さんでは、鰻だけではなく、川魚料理を得意としているので、鯉のお料理もいくつか出ました
まずはお通しに、鯉のお刺身、きんぴらです。
鯉のお刺身は、初体験でしたが、コリコリした食感で美味でした
小島屋さんの鯉料理は臭みが全く無く、気に入ってしまいました

うなぎ 浦和 小島屋  肝焼きそして、小島屋さんの鰻の肝焼き
炭火で焼かれた肝は、少し苦味があって、でも程よい脂ののり方で、
これは日本酒に合います


うなぎ 浦和 小島屋  鰻蒲焼大そしてこちらが、小島屋さんの有名な鰻蒲焼の大サイズ
なんと3尾半これが一人分です
あまりの大きさに、目が点です
勿論、大きさだけではなく、味も抜群
ふっくらと焼かれた鰻の身をいただくと、お上品な脂とタレがお口の中に広がります
私は1尾ちょっとをいただいて、おなかいっぱいになってしまいました。
でも大丈夫お土産に包んでくれます。

うなぎ 浦和 小島屋  鯉こくこちらも初めていただいた鯉こくです。鯉を使い、お味噌で煮た汁物
小島屋さんの鯉こくは、ものすごく具沢山
鯉こくの美味しいところは、鯉の身や卵だけではなく、鯉のウロコ
他では味わうことの出来ないハリハリした食感が美味です

うなぎ 浦和 小島屋  肝吸い&ご飯最後に、肝吸いとご飯です。
鰻と鯉こくで、かなりおなかいっぱいであまりご飯は食べられませんでしたが、肝吸いはしっかりいただきました〜



うなぎ 浦和 小島屋  鰻蒲焼 お土産さて、こちらが食べきれなかった鰻を包んでいただいたお土産
帰ってから冷凍し、しばらくしてから、自宅でも美味しくいただきました

小島屋
埼玉県さいたま市南区太田窪 2166
048−882−2907
交通:南浦和駅東口よりタクシーで5分
平日 昼 11:00〜15:00ラストオーダー
    夜 17:00〜19:30ラストオーダー
土曜 日曜 祭日 11:00〜19:30ラストオーダー
定休日:毎週月曜日(祝祭日の時は翌日)

blogranking_banner一回のクリックで、このブログへの投票になります!是非クリックお願いします

chie




この記事へのトラックバックURL(承認制) 同じお店のTB歓迎です♪ 同じお店の記事に飛ばしてくださいね!

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ginzaol/51143590