2010年08月12日

エジプト旅行記〜ver.4

今回は、エジプト旅行のクライマックス、アブシンベル神殿をご紹介。

アブシンベル神殿は、その名の通り、
アブシンベルにあるのですが、
ここは、エジプトでも最南の土地
50度を超える暑さ、本当に外に出るだけで、
汗が止まりませんでした

アブシンベル神殿は、
今や当たり前に耳にする「世界遺産」が生まれるきっかけにもなった、
壮大で本当に歴史を体感できる、大きな神殿
(実は、アブシンベル大神殿と、小神殿の2つの神殿から成り立っています。)
アスワンハイダム建設時に、この神殿は、水没の危機にさらされたのを、
ユネスコが国際的な基金キャンペーンを実施、
そして約4年をかけて、
元にあった位置から、60メートル上に移動させたのです
いくつもの細かいブロックに分けて、
再現したというから本当に驚き!
移動したなんてとても想像ができないくらい

実際に、神殿の前に立つと、その大きさに圧倒されます
DSCF2222





アブシンベル大神殿にたっている4つの像は、
この神殿を建設した、ラメセス2世像です。
神殿は、中も外もすばらしいレリーフでいっぱい
それぞれにストーリーがあるそうです。
また、一番の驚きは、神殿の一番奥にあり、もっとも神聖な
「至聖所」に、ラメセス2世の誕生日、そして、王になった日の、
年に2回だけ、
その至聖所に太陽の光が届くように計算されて建築されているんです!
本当にすごい
太古の人々がどうやってこんなに正確に計算して作ったのか・・・
本当にミステリアスですね


ちなみに、アブシンベルには、アブシンベル小神殿というのがあり、
これは、ラメセス2世の王妃ネフェルタリのために建造したと言われているもの
DSCF2264





ラメセス2世は、愛妻家だった、という話も聞きましたが、
恐妻家だったのでは?という説もあります
それにしても、奥さんのためにこんな神殿つくるなんて・・・すごすぎ。


そして、私たちがこのツアーを選んだのも、
アブシンベルに一泊、というのが含まれていたから。
アブシンベルに一泊した観光客だけが体験できるのが、
夜に行われる、アブシンベル神殿の音と光のショー、
そして、朝の日の出

夜のショーは、日本語で、
壮大な神殿を丸ごとつかって、
ライトアップして、音楽とともに、
エジプト、そして、アブシンベルの歴史を堪能できます
すごい迫力!!
DSCF2422





DSCF2416








また、すばらしかったのが、
日の出ツアー
DSCF2527





エジプトの太陽信仰を実感できるような、
本当に大きな太陽を目の前にすると、
改めて自然の力の大きさを感じました
本当にこの日の出ツアーはおすすめ!
水平線から、浮かびあがってくる太陽はアフリカの魅力を教えてくれます

さてさて、こんな感じで、エジプトの魅力をご紹介してきましたが、
自然といい、遺産といい、
やはり行ってみるのが一番おすすめです
私もこれでアフリカの魅力にとりつかれ、
また行ってみたいアフリカの国が増えた私です


DSCF2371


その1 エジプトに行ってきました☆
その2 エジプト旅行記〜ver.1
その3 エジプト旅行記〜ver.2
その4 エジプト旅行記〜ver.3
その5 エジプト旅行記〜ver.4

megu

blogranking_banner今日も応援よろしくネ







この記事へのトラックバックURL(承認制) 同じお店のTB歓迎です♪ 同じお店の記事に飛ばしてくださいね!

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ginzaol/51585165
この記事へのコメント
このシリーズ大好きです!で、引っ越したんですか?これ!すごいですね!信じられませんね!
しかし、いい旅行ですね。素晴らしい!
あ〜、旅に出たい気分になりました!
もっと続くてくださいね!あの〜、遠慮しないでダーリンとのアツアツぶりも書いていいよん(笑)
Posted by あぜ丸 at 2010年08月13日 07:53
>あぜ丸さま

いつもコメントありがとうございます!
優しいコメントに、元気が出ます〜。嬉しい(涙)

本当にエジプトはよかったです!
食べ物にあたる確率も、
ぼったくりに合う確率も、
他の国よりかなり高いですが、
それでも、やっぱりここでしか見れないものが
本当にたくさんある国です。

私も、アフリカの魅力にとりつかれ、
他の国にも行きたくなってきました!
Posted by megu at 2010年08月13日 11:52