2012年03月08日

麹町 La Chance(ラ・シャンス)でフレンチランチ

先日紹介したマッシュルームに引き続き、麹町の「La Chance(ラ・シャンス)」でも、ジャパン・レストランウィーク・メニューをいただきました

IMG_0270IMG_0272まず玄関口に入るとマダムらしき年配の女性が対応してくれました
前知識ゼロで行ったのですが、なんとなく歴史を感じる瞬間。
テーブル席のある部屋に入ると、シェフらしきコックコートを来たさらに年配のおじさまが。
そんなお店の方に似合う、クラシカルな内装(インテリア)と食器。
(店内の写真はありませんが)アンティーク調の家具が置かれていたり、食器も花柄のちょっと伝統っぽい雰囲気
後で分かったのですが、こちらで21年フレンチを提供している老舗のレストランでした

IMG_0273IMG_0276
「ラ・シャンス」の普段のランチコースは、2,800円から10,500円まで5種類。
でも、今回はジャパンレストランウィークということで、2,100円のコースです。
コースは、前菜、メイン、デザート、ドリンクのセット。
まずはパン バターをつけていただきます。

前菜は「じゃがいものポタージュ カプチーノ仕立て」。
IMG_0277IMG_0275
カプチーノのように泡が立っていますね
上に乗っているのは、胡椒とシナモンと(たぶん)パセリです。
塩味の効いたポップコーンが一緒に出され、クルトン代わりに中に入れて食べられるようになっていました。
ポタージュも塩味系で、ジャガイモの味をシンプルに引き出していました。

IMG_0279メインは4種類の中から「(富山港の)寒ブリのヴァプール バルサミコソース いろいろな豆を添えて」を選択
ヴァプールとは、フランス語で蒸気の意味で、そこから素材を蒸気で加熱する調理法のことをいいます。
お店の方は、半生に火を通した感じです、とおっしゃっていました。
淡白な味の寒ブリに、バルサミコの濃い味をからめて美味しくいただきました





デザートは「アーモンドのブランマンジェと木苺のムース」と「ガトーショコラ」の盛り合わせ。
IMG_0281IMG_0282
ブラマンジェとムースの2層がきれいですね
前菜やメインの量の割にデザートがかなりしっかりしているのが印象的だったのですが、後でサイトを見たら、フランスの菓子コンクールに入賞したことがあると書いてあり、なるほどーと思いました。
ドリンクは紅茶をいただきました。

料金は、サービス料が10%、税金が5%、別にかかります。
写真はありませんが、ソフトドリンクも1杯ずつ頼んだので、ひとりあたり3,000円ちょっとになりました。

普段より安い価格設定のメニューだったからかもしれませんが、前菜&メインの量が少なかったのが、(大食いの私にとって?)ちょっと物足りなかったかな・・
しっかり食べられそうな通常のコースも食べてみたいなぁと思いました。

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

La Chance(ラ・シャンス)
住所:千代田区平河町1-5-13  B1F
電話:03-5275-0350
時間:11:30〜14:00(L.O.)、17:30〜21:10(L.O.)
定休日:日曜

yumi




この記事へのトラックバックURL(承認制) 同じお店のTB歓迎です♪ 同じお店の記事に飛ばしてくださいね!

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ginzaol/51868833
この記事へのコメント
お皿がアンティーク調で素敵ですねぇ〜。
確かにボリュームは少なめに見えますが、雰囲気や伝統も一緒に味わえそうですね。
クルトン代わりのポップコーンというのは初めて見ました👀 食べ方含めて気になりますd( ̄  ̄)
Posted by たか at 2012年03月09日 11:37
◆たかさん
ポップコーンだけで食べる、スープに入れて食べる、の2つの方法でいただきました!
私もポップコーンをスープに入れて食べるというのは初めてでしたが、ポップコーンの塩味がスープに合っていて意外でした〜。
Posted by yumi(銀座OL) at 2012年03月11日 00:05