2012年05月23日

成田山新勝寺の断食参篭修行(その3)

断食報告、第三弾です

今日は写真がありません。文字だけ。
(なんとなくお堂の中って写真を撮ってはいけないような気がして撮ってないのです)

境内やお庭を散策した後は、「数息観(すそくかん)」という密教座禅をしました
座禅というと、板でパシーンとたたかれるのを想像してしまいますが、数息観はそういうのとは全く違います。
梵字が書かれた掛け軸の前で、三礼(さんらい)という五体投地をした後、専用の座布団の上に座って半跏坐(はんかざ)というあぐらをかきます。
そして法界定印(ほうかいじょういん)という手の形を作ったら、目を閉じて、腹式呼吸
最初の3回の息をはくときに、体にたまっている不浄の気を絞り出すようにはくのですが、なんとなくやりながら、ヨガに似ているなぁと思いました。
ヨガも(いろいろ形は作りますが)基本は呼吸法ですよね

腹式呼吸を5分ほどしたら、また三礼をして終わり。
あっという間に終わりました

ちなみにこの段階で、初日のお昼12時半くらいです。
通常だとお昼ご飯の時間ですが、もちろんご飯はありません。
断食、断食
でも、断食モードで参加しているからか、不思議とお腹がすきませんでした。

その後、15時まで宿泊部屋(参篭堂)でおしゃべりしながらまったりと過ごし、15時からは「夕勤行」という読経とお坊さんの講話聞きに参加しました。
読経とは、般若心経を読むこと
ふりがながちゃんと降ってある般若心経の冊子を手にし、お坊さんと一緒に読み上げます。
読経が終わると、お坊さんが成田山の歴史とか断食の歴史とか簡単なお話をしてくれました。

その後は、道場の軒先で1〜2時間ほど、みんなでおしゃべり
そして6時前には参篭堂(さんろうどう)に戻ります。
6時以降は、道場外への外出は厳禁なのです。

もちろん夜ご飯もないので、あとは部屋で本を読んだり、おしゃべりしたり、ごろごろしたり。
(その1)でも書きましたが、断食中は危険だからお風呂にも入れません。
ご飯もなくてお風呂にも入れないと、意外にやることがなくて、時間がたっぷり余るんですね〜。
そして10時に消灯。
とっても健康的な時間に就寝です

何やら初日のことだけで3回も記事を書いてしまいました
でも、だんだん同じことの繰り返しになるから、この後はもっとペースが早く進むはず

断食の記事
成田山新勝寺の断食参篭修行(その1)
成田山新勝寺の断食参篭修行(その2)
成田山新勝寺の断食参篭修行(その3)
成田山新勝寺の断食参篭修行(その4)
成田山新勝寺の断食参篭修行(その5)
成田山新勝寺の断食参篭修行(その6)
成田山新勝寺の断食参篭修行(その7)
成田山新勝寺の断食参篭修行(その8)

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi




この記事へのトラックバックURL(承認制) 同じお店のTB歓迎です♪ 同じお店の記事に飛ばしてくださいね!

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ginzaol/51886511
この記事へのコメント
へー!
お腹空いて寝付けないとか
ないのでしょうか?

きっと仏様の加護が
あるのでしょうね(^_^)
Posted by iso at 2012年05月24日 02:51
◆isoさん
はい、思ったより空腹感はなく大丈夫でした。
ただ4日目は、さすがにお腹がすいてきて、翌日の重湯がとっても楽しみでした!
Posted by yumi(銀座OL) at 2012年05月25日 08:33