2012年07月31日

丸の内タニタ食堂

今年1月のオープンから多くの注目を集めたタニタ食堂TANITA









体組成計などを多く扱うメーカーであるタニタ社の管理栄養士が考案した社員食堂のメニューが食べられるレストランとして話題を集めています。同社は「カロリーや塩分を抑えたながらも食べ応えのある1食500kcal前後、塩分3g前後、野菜を150g〜250g使ったメニュー」を社員食堂で提供しています。このレシピが2010年に『体脂肪計タニタの社員食堂』として発刊されたことをご存じの方も多いと思います

食堂では、朝から昼の整理券を配布し、その券を持って入店が可能なシステムとなっています。たまたま当日仕事の関係で、近くまで行ったところ、あまり並ばずに整理券を入手それでも11時の開店前に20人近くは待機していたところを見ると、根強い人気が確認できます。

メニューは2品。日替わり定食(この日は「ぶりの照り焼き定食」 \800)と週替わり定食(「チキンのジェノバクリーム定食」 \900)から選択をします。そちらにご飯とお味噌汁、小鉢が2品セットされます。今回は「ぶりの照り焼き定食」 を頂きましたTANITA









素材の味を楽しめる薄目な味付けは期待通り。食べにくさなどは全くなく、おいしく頂戴しました店内には1回の食事の理想時間として20分がセットできるタイマーなども準備されていました。20分を意識し、よく噛みながら食べることができました。

管理栄養士の方に無料で体に関する相談もでき充実したサービス内容です。予約システムがないため、待つことを想定し余裕のある際に訪問されることをお勧めします。6月には二号店が五反田にあるNTT東日本関東病院内にオープンしたりと目が離せません


丸の内タニタ食堂
住所:千代田区丸の内3-1-1 丸の内国際ビルヂングB1F
03-6273-4630
[月〜金] 11:00〜15:00


人気ブログランキングへ←クリックお願いします

cao




この記事へのトラックバックURL(承認制) 同じお店のTB歓迎です♪ 同じお店の記事に飛ばしてくださいね!

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ginzaol/51899692