2015年01月21日

神楽坂/おの寺でちょっと贅沢な季節の日替わり会席料理

おの寺 神楽坂記事のアップの順番が少し逆転してたりするのですが、昨年、神楽坂の「和食 おの寺」で友人たちの誕生日お祝いをしました

ここのところ、仲間内では、丸ビルや恵比寿の「モナリザ」でのお祝いが続いていたのですが、12月はちょうどクリスマスシーズンでザ・フレンチな「モナリザ」は、クリスマスメニューオンリーに。
他のフレンチも同様だろうということで、いつもと趣向を変えて和食にしたのでした

「おの寺」のメニューは、お任せのコース7,500円(サ・税別/サービス料:カウンター10%、お座敷15%)1本のみ。
旬の食材にあわせて出されるため、毎日内容が違います。
この日のメニューはこんな感じ
おの寺 神楽坂
ちょっとワクワクしてきます

お祝いということで、最初にグラスシャンパンをいただきました
おの寺 神楽坂おの寺 神楽坂
左は普通に注文したシャンパンと烏龍茶。右はお店からのサービスシャンパン。
(お祝いに使うと言ったからサービスされたのか、いつもサービスがあるのかは不明です)


蓮根もちおろし煮
おの寺 神楽坂
この日は雨も振っておりとても寒い日。
最初に暖かい料理が出て来てほっとします
優しい味わいの蓮根もち。
汁まで飲んでしまいました。


お造り盛合せ
おの寺 神楽坂
海老が甘くてとろーりとして美味しい
イカは、ほどよい固さで新鮮でした。


鰯つみれ汁
おの寺 神楽坂
ほんのり苦味が効いた素朴な味わい。


寒さわら汐焼き
おの寺 神楽坂
皮がカリカリ旨味もあっておいしい
イクラの甘味とスダチの酸味でちょっとずつ違う味わいも。


フランス産 鴨の治部煮
おの寺 神楽坂
治部煮は、金沢の郷土料理です。
鴨肉はとてもやわらかく、温まる一品でした。


皮ハギ供和え
おの寺 神楽坂
皮ハギの刺身とキモを和えたもの。
うまい


ちーずと生のりの茶碗蒸し
おの寺 神楽坂
珍しい組み合わせです。
青海苔の香りがふわ〜と漂います。
チーズが不思議に合っておいしかったです


瀬つき鯵の炊き込みご飯、みそ汁
おの寺 神楽坂
おの寺 神楽坂炊き込みご飯は土鍋で来ました。
好きな量を自分たちでよそっていただきます。
なめこ汁と、お漬物も。

料理は、最初から最後まで、和食らしい繊細で上品な味付けで美味しかったです
食べログでも4.0超の高得点だったのですが、納得〜




誕生日お祝いということで、ケーキは持ち込み。
おの寺 神楽坂
おの寺 神楽坂
事前に相談したら、持ち込みオーケーとのことで、食事が終わるまで冷蔵庫に保存、カットもお店のほうでしていただけました

食事は、飲み物やサービス料、税金など含めて、一人当たりだいたい12,000円くらいでした。

カウンター9席に掘りごたつ式のテーブルひとつ(最大6人だけど4人でちょうどいいくらい)の小さなお店。
大切な人と行くのにおすすめです

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

和食 おの寺
住所:新宿区神楽坂3-2 神楽坂越後屋ビル 4F
電話:03-3260-2066
時間:18:00〜23:00
定休日:日曜

yumi




この記事へのトラックバックURL(承認制) 同じお店のTB歓迎です♪ 同じお店の記事に飛ばしてくださいね!

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ginzaol/52011553