2014年07月14日

ワールドカップ初パブリックビューイング

サッカーワールドカップの優勝国がドイツになりました

実は初めてパブリックビューイングで応援
仕事のお客さまでドイツ人の方がいて、一緒に応援することになったのでした。

朝早起きして六本木のLEGENDS SPORTS BAR
東外苑通り沿いにあるいつもにぎわっているスポーツバーで、あるのは知っていましたが、入るのは初めてです

先に着いていた後輩2人がよい場所を取ってくれていて4人で座って観戦

試合が始まる前は外も暗くこんな感じ(写真上)でしたが、試合終盤、ドイツが点を入れるとバーは大盛り上がり(写真下)
写真_1
写真_2

やっぱりみんなで応援するのは楽しいですね

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

LEGENDS SPORTS BAR
住所:港区六本木3-16-33
電話:03-3589-3304
時間:17:00〜遅くまで
定休日:無休

yumi  



Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 08:00Comments(0)TrackBack(0)

2007年01月20日

大相撲一月場所 両国国技館で初観戦

実は今日、これから大相撲を観戦しに行きます。
生で見るのは生まれて初めてです

スペイン語クラスに大相撲好きな人がいて、その人の案内でみんなで観に行くことになったのでした
大相撲好きなその人は枡席で観ることもよくあるようなのですが、初心者揃いの今回はイス席です
今日は朝青龍がもしかすると20度目の優勝を決めるかもしれない、という日なので盛り上がりそうです

でも実はあんまり相撲に詳しくない私(朝青龍と琴欧州くらいしか知りません
大相撲好きの人にいろいろ教えてもらいながら、今日の観戦感想をまた戻って来てからこの下に書きたいと思います〜。
それでは、また夜に〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大相撲上り旗満員御礼大相撲観戦行ってきました

思ってた以上に楽しくてよかったですー
なんていうか、会場のかけ声や、歓声、溜息など場の雰囲気に一体感があって楽しかった
歌舞伎のように力士の名前を叫ぶのですが、それが思った以上に盛んで会場の雰囲気が盛り上がってました。
大人だけじゃなくて、子供もかけ声しているのですねー

また取り組みと取り組みの間に繋ぎの時間があるので、その間にいろいろ仲間とおしゃべりできるのも楽しかった。笑。

ところで大相撲好きのスペイン語友達。
ちょっと好き程度かと思っていたら、太鼓判押せるほどでした
ちなみに昨日も行っていて、昨日はなんと枡席(ますせき)より前の溜席(たまりせき)で見たとのこと。
一般に出ている数もわずかだし関係者でもないのに、どうやって手に入れたのかと思ったら、高砂部屋のHPで紹介されていたのを見つけて電話したのだそうです
ス、スゴイ

そんな友達の解説付きなので、お陰で普通に観に行ったら分からないようなことがいっぱい分かって楽しさ倍増でした

例えば、国技館入口でチケットを切っているおじさまたち。
なんと現親方(元力士)達なのだそうです
チケットを切るのは現親方のお仕事と決まっているのだそうです。
入口が4つあるのですが、友達は顔を確かめてから自分の好きな親方のところでいつも切ってもらうと言ってました

番付表それからよく見る番付表。
この細かい表を書くのって大変そう〜なんて思っていたのですが、これは行事さんのお仕事とのこと。
あの軍配を持って「はっけよーい、のこった、のこった」と言っている人ですね。
へ〜、いろんなお仕事を兼業しているのねー。なんて思ったのでした。

また、相撲を取っている間、次の出番の力士が土俵際に座って待っているのですが、その時座っている座布団って、力士ごとにmy座布団があるのだそうです。
知ってました?
付き人?が、座布団を取組ごとに置き換えているんです。
青や黒などのほかにピンクや黄緑の座布団に座っている力士もいて、座布団を観察するのもなにげに楽しかったです

土俵入り朝青龍しこそして、やっぱり絵になっていたのが土俵入り
力士が輪になって一同に並ぶと奇麗です
なんか神聖な雰囲気です。

ところで、この土俵入り。
皇族関係の方が見えている時は輪にならないで、全員正面を向いて5列くらいに並ぶのだそうです。
きっと皇族関係の方に、おしりは見せてはいけないってことなのでしょうね。


懸賞取組今日は懸賞取組もすごかったです。
朝青龍と栃東の取組みは30本以上ついていました。
そして、とうとう朝青龍が優勝を決めましたね

ところで懸賞1本は6万円の協賛がついていて、そのうち3万円が勝った力士に渡されるとのこと。
30本×3万円というと。。。。おおお

テレビでは音声が入らないのですが、実際の土俵では協賛名がアナウンスされます。
これがまた面白いのですが、懸賞を複数本つけている企業の場合、1本ごとに商品名を変えて企業アピールをしているのですね。
例えば、「味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園」「さけ茶づけの永谷園」「梅干し茶漬けの永谷園」「たらこ茶漬けの永谷園」「わさび茶漬けの永谷園」みたいな。
なんかこの企業の頭の絞りようが面白かったです。

もしかすると、どれも相撲好きには常識なことかもしれないけれど、私にとっては全部知らないことばかりで「へぇ〜」と感心しきり。
(他の初心者仲間も知らなかったので、読んでいるみなさまもきっと「へぇー」と思ってくれてるはずっ)

他にも力士の特徴とか歴史とかいろいろ解説してもらって、とても楽しい観戦のひとときでした


JR両国駅実はJR両国駅に降りるのも初めてだったのですが、いきなり駅構内に昔の優勝横綱の絵が飾ってあることにもびっくりしました
普段利用している人には当たり前なのかもしれませんが、私に取っては新鮮〜
会場に入る前から気分が盛り上がったのでした


両国堂あんこあられ終わった後、両国名物という両国国技堂の「あんこあられ」を買って帰りました。
こちらは国技館から徒歩2〜3分のところにあるお店。
あられのしょっぱさとあんこの甘さの組み合わせが新鮮なお菓子です

そして、また5月場所を観に行こう〜とみんなで約束したのでした


blogranking_banner今日も応援よろしくネ

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 09:40Comments(5)TrackBack(0)

2006年12月03日

浦和レッズがJリーグ初優勝in埼玉スタジアム

昨日、浦和レッズ対ガンバ大阪戦を埼玉スタジアムで見てきました。
この試合は、Jリーグ1部の優勝を懸けた試合一緒に連れて行ってもらった人は、浦和レッズファンなので、応援にも熱が入ります

先制点は、ガンバ大阪だったものの、浦和レッズのポンテ選手、ワシントン選手が得点を入れ、最終的には3対2で、浦和レッズが優勝しました
浦和レッズ優勝戦1浦和レッズ優勝戦2





浦和レッズ優勝戦3浦和レッズ優勝戦4試合後には、浦和レッズの選手が、優勝のフラッグや優勝カップを渡され、サポーターに挨拶するシーンも
この日の試合には出なかった選手も、サポーターにゆっくりと挨拶をして回っていました。
来場者は、なんと6万2千人以上と、過去最多だったそうで、応援も迫力満点、客席が赤い色で埋め尽くされた埼玉スタジアムでした〜

blogranking_banner一回のクリックで、このブログへの投票になります!是非クリックお願いします

chie  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 14:40Comments(10)TrackBack(17)

2006年09月12日

東京ドームで野球観戦

7月に、10年ぶりに神宮球場でプロ野球観戦したことを書きましたが、続く時は続くもので、今度は東京ドームで野球観戦しました

巨人対ヤクルト戦です。
神宮球場と全く同じ組み合わせですが、今度は巨人側の席(指定席)なので、応援するチームが反対です

あっちを応援したりこっちを応援したりで、野球ファンには怒られそうです

東京ドーム東京ドーム球場巨人応援巨人マスコット応援





2つの球場を比較して感じたのは、東京ドームはドームだからか歓声がよく響いていました
もちろん収容人数が多いので、単純にファンの数の違いもあるかもしれません。

ただ、巨人ファンの応援は、ヤクルトの傘のような分かりやすいものがあまりなく、どちらかというとおとなしめな感じがしました。
風船も飛ばさなかったし。
でも応援歌は揃ってるし、歓声も大きいので、品がいいといったほうが合っているかしら。


野球観戦の後は、東京ドームホテル(TOKYO DOME HOTEL)43階にあるサウンドステージ&ダイニング「アーティストカフェ」で軽い食事をしました。

いつのまにここにこんなホテルが出来ていたのかしらとびっくりです。
この辺に来ることは滅多にないので全然知りませんでした。

東京ドームホテル夜景アーティストカフェドリンクアーティストカフェ 食べ物





43階から見る夜景はきれいでした(写真ではあまりよく分からないけど)
いつも近くに見える東京タワーが遠くに見えて、東京タワーがあんなに小さい〜なんて思いました。

アーティストカフェの店内はかなり広くて、窓際に面している席も多くて、けっこういい感じのダイニングでした。

野球観戦の後にすぐこういうお店に行けるところも、なんとなくトータルに品がいい1ナイトでした。



blogranking_banner応援よろしくネ

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 08:12Comments(7)TrackBack(5)

2006年07月18日

神宮球場で久しぶりに野球観戦

久しぶりに野球観戦してきました。
大リーグも入れていいなら5〜6年ぶり、日本のプロ野球に限ると10年以上ぶりです

明治神宮野球場神宮球場ナイター場所は神宮球場。ヤクルト対巨人戦です。

久しぶりに見るくらいなので、どちらのファンというのがなかったのですが、やっぱり応援するならホーム側のほうがいいよねーということで、1塁側ヤクルトの応援席に座りました。(どちらでも入れる自由席チケットでした)

屋外で野球観戦となれば、やっぱりおつまみにアルコール
駅前のコンビニで買い出ししたのですが、いやぁ、すごい人です
コンビニに限らず、駅から球場までの通りには屋台が出てるわ、普通の飲食店も店先にお持ち帰りできる食べ物を売ってるわで、なんだかお祭りのような感じ

毎回野球が行われるたび、こんな感じなのかしら?
スポーツ観戦にあんまり縁のない私なので、ちょっと新鮮でした

神宮球場ゆかたスワローズつばみさてさて1塁側に座った私たちですが、浴衣を着て来場している人がたくさん。
なんでだろうと思ったら、ちょうどその日は「ゆかたでナイター!」というイベントをやっていたのでした。

浴衣にちなんで「ゆかたコンテスト」をやっていたり、始球式では浴衣を来た3人の女の子が同時にボールを投げていたり、つば九郎(マスコット。もちろん名前初めて知りました)と一緒に浴衣を来たイベントガールの子がホームを練り歩いたり。。。
しかしこのつば九郎、なんだか愛嬌があってかわいいです
見た目はぼてぼてだけど、急にバク転したりするからすごいです。(バク転してたのは、別のつばめだったかも。。。あまりちゃんと覚えてなくてゴメンナサイ!)
つば九郎発のブログも発見しちゃいました!
私が撮った写真は、つば九郎の妹?つばみちゃんというようです。

スワローズ応援ヤクルト応援ほんと野球初心者で申し訳ないのですが、ヤクルトって傘を振って応援するんですね(^_^;)
ホームインするとみんなで傘を振って楽し〜い

選手もラミレスくらいしか知りませんでしたが、一気に名前覚えました。

試合は3対4でヤクルトは結局負けてしまったのだけど、点が入るたび盛り上がって、夏の風物詩を満喫できた楽しい1nightでした
(え、野球は夏の風物詩じゃなくて春も秋もやってるって!? スミマセン〜

blogranking_banner今日もよろしくデス

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 08:33Comments(2)TrackBack(1)

2006年06月14日

ダイアモンドターン 東京シティ競馬を観ながらのディナー

生まれて初めて、競馬の観戦体験をしました
しかも、競馬観戦レストラン、ダイアモンドターンにて、ディナーをしながらレースを観てきました
レースを観戦したのは、大井競馬場・東京シティ競馬。
大井競馬場トウカイテイオウ像大井競馬場内に入ると、意外にも女性の姿がちらほら。
左のお写真は、1972年に大井競馬場でデビューしたハイセイコーの像。

そして、イルミネーションがたくさんで、遊園地のような華やかな入り口やレース場であることにも驚きました

東京シティ競馬 レース前東京シティ競馬 レース中





レストラン、ダイアモンドターンは、ビュッフェ形式で、全席指定席。
レースの観戦に夢中で、写真を撮り忘れてしまったのですが、
各テーブルにはモニターが完備されているので、落ち着いて観戦と食事をすることができます。
しかも、目の前にはレースコーナーが広がっていますので、みなさん思う存分楽しんで、かなり盛り上がっていました
私は今まで、自分から競馬場に行ってみよう!と思ったことが無かったので、
今回、あるテレビ局の方に連れて行っていただいて貴重な初体験だったのですが、
私たち以外にも女性のお客さんが大勢いたことにびっくりしました〜!!
思っていた以上に綺麗ですし、馬が可愛いし、女性も充分楽しめる場なんだなぁと感心しました。

さてさて、競馬の結果のほうは・・・というと、
100円が650円くらいになったことが、嬉しかったのですが、私は賭け事はあまり向いていないかもです
一緒に行った女性の友人は、とってもハマッていました。
難しいですね、競馬って^^;

競馬観戦レストラン ダイアモンドターン
品川区勝島2-1-2 大井競馬場内4号スタンド4F
03-5753-6677 お問合せ専用
  03-5802-9100 電話予約専用

blogranking_banner一回のクリックで、このブログへの投票になります!是非クリックお願いします

chie  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 01:32Comments(2)TrackBack(0)