2016年01月14日

ベトナム・ハノイ旅行/コーヒーのお土産

ベトナム・ハノイ旅行、最終記事です
ずいぶん長いこと、たらたらと書いてしまった

ベトナムは、世界2位のコーヒー生産国(日本の輸入国としても2位)ということを前回もちろっと書きましたが、そんな国に来て、コーヒーを買わないわけにはいきません

それで、4種類のコーヒーを買いました

ajisai コーヒー1つは、前回も紹介した「アジサイ」というお店で、そのお店の名前がついたコーヒーを購入

アラビカ種とロブスタ種の割合が違うパックが2種類あったのですけど、私の好みでロブスタ種が多いほうを。
アラビカ種は酸味があるのが特徴で、ロブスタ種は苦みが特徴。
日本人はアラビカ種が好きで、ヨーロッパ人はロブスタ種が好きなんだそうな
でも、私は酸味のあるコーヒーそんなに好きでなく、ロブスタ種が多いほうが好きな気がします。
(普段、紅茶派なので、そんなに語れるほど、好みがあるわけでないのですが…)

この文章、前回の記事で一度書きましたが、なんだかこっちのほうがあってるので、今日の記事に移籍します

ここでは、お湯を入れるだけというカップ型のコーヒーも購入しました(2種類目)


3種類目は、ハロン湾の日帰り旅行で、帰りに寄ったお土産屋さんで購入
この山積みになっている右側のコーヒーです。
ジャコウネコもどきコーヒー
猫の絵がパッケージに描かれていますが、お店のお姉さんが(つなたい日本語で)言うには、ジャコウネコのコーヒーとのこと。

知ってますよ、ジャコウネコのコーヒー
あの例のフンから採れるコーヒーですよね。(本家はマレーシア産で、コピ・ルアクと呼ばれています)

ええと驚いて値段を確認すると、100gで約1200円ほど。(あれ?1600円かな?スミマセン…。正確な値段を忘れました

実は以前調べたことがあるんです。
そのとき100gで5,000円はしたので、安すぎると。

とにかく貴重でそんなに取れないはずのコーヒー
それがこんなに山積みになっているものなの
ベトナムが日本の1/3の物価だとしても、1200円は安くないか?と。
お姉さんにもう一度確認します。
「本当にジャコウネコ(がコーヒー食べて排出した)のフンから採れたコーヒーですか?」と
そしたらお姉さん、「そうです」って言うんです。

それでもまだ信じられなかったのですが、実は試飲ができて、その味が実際美味しかったのですね
コーヒーあまり飲まない私でも、味が全然違う角がなくてとってもまろやかってすぐ分かるくらい美味しかったので、まぁ、違ってもいいかとひとつ買ってみたのでした

ちなみに帰りの車の中で、ハロン湾の日帰り旅行を案内してくれた現地のガイドさん(日本語ペラペラベトナム人)にも、しつこく確認しました。

ジャコウネコのコーヒーって、ベトナムで本当に採れるんですか?
さっきのお店のコーヒーって本物なのですか?って。

そしたら、
街中にあるような透明の瓶に入って量り売りしているようなコーヒーはほぼ100%偽物だけれど、さっきのお店の品質はよいですよ。って。
本物と言わず、品質がよいという表現が多少気になりましたが、それ以上は突っ込まず、後は、自力でネットを検索しました。(←どうしても、信じきれていない私

そうしたらね〜、やっぱり本物ではなかったんです
やっぱりそうか
でも、全然違うかというとそうでもなく、ジャコウネコのコーヒーの美味しさって、その発酵にあるのですけど、そのジャコウネコと同じような発酵を人工的に起こさせた商品だったんです。

それならそうと本当のこと言って売ってくれればいいのに〜。
日本人って嘘つかれると一番ダメですよね。
実際おいしいし、本当のこと言ってくれれば、それはそれで同じような発酵で同じような味わいをお安い値段で飲めるって、納得して満足して購入するんですけどね〜

あと話は少し脱線するのですが、このお土産屋さんでは、ココナッツ100%の石鹸も売ってたんです。
最近話題のココナッツ、いいかもって思ったのですが、10種類くらいあって全部に色が付いているんですね。
(正確には忘れたけれど)ストロベリーとか、コーヒーとかそんな感じに石鹸に香りが付いているんです。
ココナッツはやっぱりココナッツそのまま自然の香りでしょう!とプレーンを探したのですが見つからない
お姉さんに確認すると、プレーンはそもそも作ってないのだそうです。
・・・・
きっと香りを付けた方がウケると思ってるのでしょうね。
日本人はプレーンが好きですよ、ってアドバイスしておきました・・・


4種類目のコーヒーは、帰りの空港で衝動買いしたコーヒーです。
ベトナムドンがまだけっこう残っていて、なにか空港で買えないかと物色していたときに見つけたコーヒー。
リスの絵がパッケージに描いてあるコーヒーです。
CON SOC COFFEE
なんかね、ジャコウネコの件でいろいろ調べているときに、ベトナムはリスのコーヒーが高級コーヒーとして生産されているというのは、見かけていたんです。(いや、ガイドさんの説明だったかな?)
しかもリスのほうがたくさんいるから採取しやすいと。
こちらに関してはとりあえず時間もなかったし、お店の人に確認もせず、えいやっと買ってきました

あとで日本で調べたら、リスはこのブランドの象徴で、リスのフンで作られているわけでもなさそうでした。
が、かなり有名なブランドのようで、アマゾンでも普通にリスブランドの「CON SOC COFFEE」として販売されてました。
ま、リスのフンから採れたとも言われてないし、リスブランドで展開している商品でウソついてるわけでもないし、これはこれで問題なしですね

というコーヒー奮闘記でした
ちなみにコーヒーはあまり飲めない私なので、全部お土産となりました
ベトナム・ハノイ旅行記事は以上です〜

参考記事:メンズ・ジョーカー プレミアム【ジャコウネコを巡る人生】
     Wiki Pedia「コピ・ルアク」


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  



Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(1)TrackBack(0)

2016年01月11日

ベトナム・ハノイ旅行/雑貨屋さん巡り

ベトナムと言ったら、雑貨が有名
というわけで、私たちもたくさんいろいろ覗きました

しかし、随分前から物欲がない私
(消えてなるなるもの欲の方が大きくて、そこにお金をつぎ込んでいます

たくさんお店は覗いたけれど、お買い物は結局ひとつもしませんでした
というわけで、絵になるような写真もなく・・・。

でも、いちおうどんなお店を覗いたか、簡単に紹介します

ハノイでは、ホアンキエム湖の北西あたりのハンガイ通りとハンチョン通りに雑貨屋さんが集中しています。

タン・ミー
ベトナムではとても有名な母娘三世代にわたって続いている手刺繍雑貨のお店です。
確かに繊細なデザインで品がよい感じ。(ハロン湾に行ったときに寄ったお土産屋さんの雑な刺繍とは比べ物にならない)
でも、刺繍は繊細なんですが、なんか土台の布があまり丈夫でなく弱々しい感じ。
そして、なんだか高いんです。
ワンポイント刺繍が入ったミニ巾着で500円くらい。
いや手刺繍だから手間ひま考えると安いのかも
でも私だったら同じ値段払うなら他のものを買うかな〜と思ってしまいました。
タン・ミーは、ほかにタン・ミー・デザインというセレクトショップも展開していて、こちらはおしゃれな生活雑貨を広く扱っています。

ハノイ・モーメント
今風のモダンなバッチャン焼きを扱っているお店。
食器やお箸など食周りの雑貨が中心。
センスよいかわいい商品が多くて、ここはかなりいい感じのお店でした
欧米や日本にも輸出しているんだそうです。
日本で買うより確実にお得にお買い物できるお店だと思いました


大教会の目の前の通り、ニャートー通りのお店もいくつか覗きました。
お店の写真がない代わりに大教会の写真を載せておきます。
大教会ナグ
バッグや雑貨を扱ってるお店。
このお店オリジナルっぽいくまのぬいぐるみが置いてあるのが特徴的でした。
さらっと見たので、そんなに印象に残ってるお店ではないかな。

アジサイ
そういえば、雑貨ではないですが、ここでお土産(コーヒー)を買いました。
ベトナムはコーヒー豆原産国世界2位の国なんですよね(1位はブラジル。)
原産国のコーヒーはやっぱり買わないとということで、なんだかお店の名前もついているこだわってそうなコーヒーを買ってきました



大教会近くの公園?で一服もしました。
ハノイ 公園?ハノイ 公園?2

あと、文廟近くの雑貨屋さんも覗きました

クラフト・リンク
道路挟んで2軒ある雑貨屋さんです。両方覗いてきました。
ここもかなりおしゃれ
クリスマスが近かったためか、かわいいオーナメントもたくさんありました。
ほか、生活まわりの雑貨がたくさん。(もう1軒はバッグなど布系)
比較的手頃な値段で、気に入ったデザインがあれば、買ってもいいなぁと思わせるお店でした

インディゴ・ストア
現地在住のマダムが使ってるとガイドブックにあったお店。
確かにお値段がベトナム価格でない。
うん、日本にいるのと同じかも
自家栽培したオーガニック原料を使って、草木染めや刺繍をしてるような、まぁ質の高いものには違いないのですが、アクセサリーから服まで、あまり手が出せるモノではありませんでした

他にもいくつか覗いたのですが、記憶がちょっとあいまいで…。
螺旋階段を昇っていくアートな感じのお店もあったのですが、名前が不明です…。

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 15:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月07日

ベトナム・ハノイ旅行/ベトナム美術博物館と文廟

ハノイ旅行では、ベトナム美術博物館と文廟にも行きました
この2つはすぐ近くにあります。

ベトナム美術博物館の入館料は、30,000VND(約180円)
ベトナム美術博物館
そして撮影自由。

仏教国らしく、仏像たちが。
ベトナム美術博物館 仏像1ベトナム美術博物館 仏像2

ベトナム美術博物館 絵画1ベトナム美術博物館 絵画2
絵画は、比較的最近の作家さんのものが多かったです


これは、あら、どこぞの有名な絵画を模した作品だわ〜と写真撮ってみました。
ベトナム美術博物館 絵画3

昔の衣装などが飾られた部屋も。
ベトナム美術博物館 衣装1ベトナム美術博物館 衣装2

地下には陶器がずらりと並んだ部屋もありました。
ベトナム美術博物館 陶器
(写真は1枚ですが・・・)


文廟は、1070年(李朝時代)に孔子を祀るために建てられた建物。(孔子を祀る建物を文廟と呼ぶので、文廟は上海にも韓国にもあります)
文廟1
文廟2文廟3
文廟 孔子
その後、1076年にベトナム初の大学として開校し、約800年間続いたそうです。
1070年って日本は平安時代です。そんな昔からあったのですね
ベトナムに行くまでは、あんまり考えたことありませんでしたが、中国文化の影響をこういうところで感じました。
入館料は同じく30,000VND(約180円)でした。

しかしベトナムでは、私の海外旅行歴初の雨に見舞われました。
晴れ女で、傘がいることなんてほんとなかったのですが。(あ、でもクロアチアで雪に降られたことはありましたが)

そしてこの雨にやられてタクシーが捕まえられないという事件?まで。(タクシーがとたんに満車になって全然捕まえられなくなるのです)
レストランまで1時間歩き続けるという事態に見舞われるのです〜
(そしてレストランに50分遅刻して到着するのです・・)

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月03日

ベトナム旅行/ハロン湾

あけましておめでとうございます
今年初のブログアップです

引き続き、ベトナム旅行記事です
ハノイからちょっと足を伸ばして、世界遺産であるハロン湾にも行ってきました。
ハノイからは車で3〜4時間くらいかかったかな。

大きな湾の中に、3,000の石灰岩の奇岩が浮かんでいることで有名な場所です
ハロン湾1
ハロン湾3ハロン湾2
なんか中国の山水画みたい〜と思ったら、案の定、中国の桂林に似ていることから「海の桂林」と呼ばれているそうです。

景色も良かったのですが、なんか、クルージングの船の雰囲気とコースランチがよかったんですよね〜
どこまでも食い意地ははっている私
ここにもフランスの影響なのか、どこか避暑地のコテージを思わせるような内観とテーブルセッティング
ハロン湾 クルージングハロン湾 クルージング10
料理も、海の幸を活かした料理がこれでもかと出て来て、満足〜
ハロン湾 クルージング1ハロン湾 クルージング2
ハロン湾 クルージング3ハロン湾 クルージング4
ハロン湾 クルージング5ハロン湾 クルージング6
ハロン湾 クルージング7ハロン湾 クルージング7
ハロン湾 クルージング8ハロン湾 クルージング
ワインも飲みやすくて美味しかった
はぁ、こりゃいいです

ハロン湾クルージングでは、途中、ティエンクン鍾乳洞にも入りました
ティエンクン鍾乳洞1ティエンクン鍾乳洞1
ティエンクン鍾乳洞5ティエンクン鍾乳洞6
鍾乳洞といえばひんやり寒いイメージですが、ここは全然そんなことなく、普通の木陰くらい。
しかし鍾乳洞って、写真でみるとなんか気持ち悪いです

鍾乳洞の後は、また奇岩の中を通って、クルーズ船乗場までクルージング
ハノイから往復と観光あわせて12時間くらいのプチ旅行でした

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月31日

ベトナム・ハノイ旅行/旧市街

ハノイ旅行ですが、ホアンキエム湖の後は、旧市街へ
旧市街旧市街2
お店が密集しており、野菜や果物など並んでいる様は、いかにもアジアな感じ

目的地はドンスアン市場でしたが、途中、旧家保存館(87マーマイの家)を見学しました。
街をぶらぶらするついでに寄るのにちょうどよい感じです
入館料は確か10,000VND(約60円)。
旧家保存館2旧家保存館1
旧家保存館4
旧家保存館5旧家保存館7
旧家保存館10旧家保存館9
旧家保存館82階建てで、淡い黄色の壁と焦げ茶の柱や家具などの色調がやはりアジアンな感じで趣のある家でした
なるほどー、こういうところに住んでいたのね〜と想像しながら見学。

不思議なのは、家の真ん中は屋根がないのですね。
中庭風になっているというのかな。
を取り入れる工夫でしょうか。
この家がたまたまそうなのか、みんなこんな感じなのかは不明です。

1階が居間、客間、台所で2階が寝室という感じでした。
日本と一緒ですね


さてさて、市民の台所的市場、ドンスアン市場です。
ドンスアン市場1ドンスアン市場2
実は17時過ぎくらいに行ったら、なんかみんな店をたたみ始めていて、ほとんど終わってました
市場の活気を目当てに行くなら朝とかのほうがよさそうです。
歩く場所もほとんどないくらい売り物であふれているお店の集合なので、せっせとお店をたたむ様子を見ていて、毎日出し入れするのが大変そうだなぁなんて思ってしまいました。笑。

あ、そうそう
道ばた道ばた
ご飯のときに書くのを忘れていましたが、ベトナム現地の人は、ランチとかを道ばたで食べているんです。
なんていうのかな、みんな道ばたに集まって座りこんで江戸端会議をしながらまったりと過ごし、その流れでご飯も食べるみたいな
自分たちで椅子を持ち出して、のんびり座ってるんですね。

カフェでも外に座るのが好きみたいで、外の席は人気です。
道ばた3

暑い国だからかしらね〜。

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月28日

ベトナム・ハノイ旅行/ホアンキエム湖

時間が経ってきて、だんだん記憶が薄れてきたハノイ旅行
まだ信号のない交差点とご飯の話しか書いていませんが、いちおうちゃんと観光もしました

まずはホアンキエム湖
ホアンキエム湖周辺は、ホテルやショップ、レストランが集中しているエリアなのですが、私たちのホテルもここから徒歩5分くらいところでした。

ホアンキエム湖には、中国を彷彿とさせる赤い橋がかかっていて、そこを渡ると「玉山祠」という祠があります。
玉山祠1玉山祠2
玉山祠3玉山祠4
黎朝を開いたレ・ロイ王が、亀から授かった宝剣で明軍を撃破し、亀に剣を奉還したという伝説があり、そこからホアンキエム=還剣という名前がついたのだそうな
玉山祠8IMG_7312
玉山祠11玉山祠12
玉山祠13玉山祠14
建物の装飾にもよく見ると亀さんがいます

祠なのでお線香がたかれており、手を合わせている人もいます
玉山祠6玉山祠5

地元の子供たちも見学に来ていました
玉山祠9玉山祠10

その亀の伝説があって亀が大事にされたのか、亀がいたからそんな伝説が生まれたのか分かりませんが、この湖にはとっても大きな亀が昔から生息していて、数十年前に捕獲された大きな亀から作った剥製が祠の建物の中に飾られていました。(写真は撮ってませんが・・・)
本当に何百年も生きてきたんだろうなと思わせる、すごい大きな亀でした。

ちなみに祠内はどこでも撮影OKでした。

湖の周りは、広い歩道がぐるっと囲んでいるのですが、地元の人たちが公園にいるような感じで、のんびりしてしていました
これは、湖の周りを歩いているときに撮った写真。
ホアンキエム湖
湖面すれすれに木の枝が垂れていてなんだかよい雰囲気でした

湖の向かい側は、建物がびっちり。(そりゃぁ湖が見える場所は特等席ですよね
ホアムキエム湖周辺

とにかく周辺にショップやレストランが多いだけに、この湖畔は私たちも何度も通り道として歩いた印象に残っているエリアです

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月24日

ベトナム・ハノイ旅行/コン・カフェ

ハノイでは、喫茶店「コン・カフェ」も利用しました
レトロな店内で、少し中国っぽい雰囲気もあります
コン・カフェ 店内
先日、信号のない交差点の記事で「とあるカフェの3階から交差点を撮った」と書きましたが、「とあるカフェ」とはココのことです
(ちなみにこの席は2階です)

カフェメニューはけっこう種類がありました。
私は、「coconut coffee smoothie(ココナッツ・コーヒー・スムージー)」に
コン・カフェ
山のようにもられたココナッツスムージーの泡がすごい
そしてこれがまた美味しい
ベトナムに行ったのは11月下旬でしたが、やっぱり向こうは暑くて、冷たさとココナッツの甘さとコーヒーの苦さがうまい具合にマッチして、水分があまり取れない私ですが、全部飲み干してしまいました

お値段、なんと45,000VND(約260円)。
は〜、ありがたや〜です

ところで、レストランやフォー屋さん喫茶店と6店ほど紹介しましたが、全てのお店が年中無休です。
あれ〜、すごいなぁと思って、改めてガイドブックを見ると、とにかくどこのお店も無休、無休、無休。
飲食店だけでなく、マッサージ屋も雑貨屋も無休。
ベトナムのお店って休まないの

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

Cong Caphe(コン・カフェ)
住所:35A Nguyen Huu Huan, Q. Hoan Kiem
電話:096-289-0013
時間:7:00〜23:00
定休日:無休

yumi

  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月21日

ベトナム・ハノイ旅行/フォー・ザー・チュエンの牛肉フォー

ベトナムといえばフォーということで、これもちゃんと食べました
ハノイではいくつか有名なところがあるのですが、私たちは「フォー・ザー・チュエン」に行ってきました
フォー・ザー・チュエン
行列が絶えない有名店ですが、食事時にはちょっと早い17時に行ったら、並ばずに入れました
(行列は特に朝に出来るようです)

ここは、牛肉入りのフォー・ボーのみで、煮込み加減が違う3種類だけ。
・チン・・・煮込み牛肉
・タイ・・・軽く湯通しした半生の牛肉
・タイ・ナム・・・半生+煮込み

私は、タイ・ナム50,000VND(約300円)にしました。
フォー・ザー・チュエン フォー

テーブルには、いろいろな追加調味料が置いてあります。
フォー・ザー・チュエン 調味料
ヌクナム、チリソース、ガーリック酢、唐辛子。
これはこのお店だけということではなく、フォー屋さんではどこでも置いてある調味料。
ただし、味はそれぞれお店で違うんだと思います。

最初はそのままいただき、徐々に調味料を足しながら、味の変化を楽しみました
人気のお店だけあってさすがに美味しい
スープと調味料が美味しいんですね
いろんな味が複雑に絡み合ってる味。

お肉は、煮加減半分半分のタイ・ナムにしましたが、半生のほうが美味しかったので、次食べることがあればタイにすると思います
(って、さすがにホイホイ行けないのでないとは思うけれど・・・)

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

Pho Gia Truyen(フォー・ザー・チュエン)
住所:49 Bat Dan, Q. Hoan Kiem
電話:なし
時間:6:00〜11:00、17:00〜22:00
定休日:無休

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 00:30Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月17日

ベトナム・ハノイ旅行/WILD RICE(ワイルド・ライス)でディナー

美味しい料理が続くベトナムレストランですが、今日は「WILD RICE(ワイルド・ライス)」

WILD RICE 入り口2WILD RICE 入り口
シーズン・オブ・ハノイという老舗レストランの今時風新展開レストランです。
入り口の雰囲気が、これまで紹介した3店と比べて既に違います。

WILD RICE 店内WILD RICE テーブル
今回訪れたレストランの中で、一番高級な雰囲気です
ベトナム料理だけれど、フレンチレストランっぽい。

そして、お客さんもフランス人だらけです
WILD RICE 店内2
写真に写っている以外に、奥にもさらに広い部屋があるのですが、そこもすべてフランス人
アジア人(日本人)は私たち2人だけ、というすごいフランス人率です(しかも満席)

コースは7〜8種類くらいあって、安いのから高いのまでよりどりみどりでした。
私たちは、確か2番目に安いコースにしました。
本当は、最後の夜だったので手持ちのお金を全部使っちゃおう〜というノリで、お値段的にもっと高いコースでもよかったのですが、青パパイヤのサラダが食べたくて、それがこのコースにしかなかったのですね。

まずはスープ(Sour Prawn and Chinese black Mushroom Soup)
WILD RICE スープ
メニュー名を訳すと、酸味の効いた海老と中国黒キノコのスープですが、海老はどれだろう
揚げたお米が入ったスープです。

店名のワイルドライスとは、そのまま「野生のお米」という意味。
お米にこだわっていて専用の田んぼで収穫しているそう。
そんなお米が使われたスープです

青パパイヤのサラダ(Green Papaya and Prawn Salad)
WILD RICE サラダ
期待を裏切らない美味しさ
やっぱりこれを注文してよかったーーー
いや、ほんと美味しいです
しかしここでもPrawn(エビ)はどれだ

揚げ煎餅。
WILD RICE 揚げせん
フレンチでいうパンの代わりのようなものでしょうか。

別途注文したフレッシュジュース
WILD RICE ジュース
いくつかの旬の果物が入ったジュースです。
濃厚な果汁たっぷりのさわやかなジュースでした

揚げ春巻き(Ha Noi Fried Spring Rolls)
WILD RICE 揚げ春巻き
ぎゅぎゅっとおいしさ詰まった揚げ春巻きでした。
ジューシー

海老のライス揚げ(Crisp-fried Prawns Wrapped in Young Sticky Rice)
WILD RICE ライス揚げ
ここでもお米登場ですね

バラマンディの煮付け(Steamed Baramundi with Soya Sauce)
WILD RICE 魚メイン
豪快な煮魚が出てきました。

野菜炒め(Stir-fried Mixed Vegetables)
WILD RICE 野菜炒め
野菜がコリコリ新鮮
薄めの味付けです。
煮魚と同時に出て来たのですが、濃いめの煮魚と一緒に食べるとちょうどよい感じでした。

牛肉揚げ ココナッツミルクソース(Pan-fried Beef with Coconut Milk Sauce)
WILD RICE 肉メイン
まったく想像と違うものが出てきました
牛肉の薄切りをパン粉?で揚げたものです。
これが見た目に反して!?ウマイ
なにげにハマる味
ソースとの相性が絶妙にいい
ココナッツミルクソースって書いてあるけれど、オレンジっぽい味も入ってます。
牛肉の熟したようなほんのり渋味と甘いソースのバランスがグッド

ご飯(Steamed rice)
WILD RICE ご飯
お米にはこだわってるのだと思いますが、実は、焚き加減はやっぱり日本のほうが上。
日本の炊飯器って海外の人に人気だと思いますが、うちの炊飯器のほうが確実にいい感じに焚いてくれます。笑。

デザート「チェ」(Young Sticky Rice "Che")
WILD RICE デザート
餅米
とろーりとした食感にほのかに甘いスープのようなデザートです

ドリンクはベトナムティ(Vietnamese Tea)にしました。
WILD RICE ティ
ベトナムティ、すっかりお気に入りです

このコースこんなにいろいろ出て来てなんと420,000VND(約2,500円)
別途注文したフレッシュジュースは、60,000VND(約350円)なので、あわせて2,850円あまりです。
安すぎます
あまりのコスパの良さに驚愕です

今かなり円安になっていて、数年前よりだいぶレートが悪いのですが、それでもこのお値段だなんて〜〜
ベトナムでおいしいレストラン巡りは病み付きになります

ベトナムの中〜高級レストランは以上です。
次回は、地元民に人気のフォーをアップします

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

WILD RICE(ワイルド・ライス)
住所:6 Ngo Thi Nhậm, Phan Chu Trinh, Hoan Kiếm, Ha Nội,
電話:04 3943 8896
時間:11:00〜14:00、16:00〜22:30
定休日:無休

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月14日

ベトナム・ハノイ旅行/BAR RESTAURANT 96でランチ

ベトナム・ハノイ旅行の続きです
今日はランチで利用した「BAR RESTAURANT 96」
ベトナム現地に住む日本人の口コミで作られているガイドブックでオススメされていたお店です。
BAR RESTAURANT 96 外観BAR RESTAURANT 96 内観1
IBAR RESTAURANT 96 内観2
こちらも焦げ茶の家具を貴重としたアジアンテイストあふれる趣のある店内
雰囲気よいです

メニューはオススメっぽいCha Ca 96というのにしました
Cha Ca(チャーカー)とは揚げ魚のことを指すよう。
店名の96が名前についているだけあって、Cha Caの中でもこのお店オリジナルの料理になっているようです

どんな料理が出てくるんだろうと思っていたら、日本でいう七厘みたいなものに乗った鍋が出てきました
BAR RESTAURANT 96 鍋
すごいグツグツいってます。
なんかテンションあがります

既に揚げ魚がゴロゴロ入っていて、緑ものやいろんな薬味も。
それとは別に追加用の緑もの(何の葉っぱが分からず)、ナッツ、ブン(米麺)もついてきました。
BAR RESTAURANT 96 Cha Ca
BAR RESTAURANT 96 追加もの
BAR RESTAURANT 96 小分け
このいろんな材料の旨味が染出たスープがおいしい
一言でコレと言い表せない、いろんな味のハーモニーがベトナム料理のいいとことろですよね
ほふほふいいながら美味しく全部いただきました

これとは別にアイスクリームも注文。
BAR RESTAURANT 96 アイス
やっぱり鍋の後は冷たいアイスですよね
種類がたくさん(15種類くらい?)あったのですが、私はココナッツアイスにしました。

ドリンクは、ずっとベトナムティでしたが、いちおうベトナムではハス茶も有名なので、どこかで飲んでおこうと思い、ここでハス茶をいただきました。
BAR RESTAURANT 96 ハス茶
これも飲みやすくて美味しいお茶でした

お値段は、Cha Ca 96 126,000VND + ハス茶3,900VND + ココナッツアイス34,000VND=199,000VND(約1,150円)でした。

会社の近くにあったら通っちゃうんだけどなぁ
なんて

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

BAR RESTAURANT 96
住所:34 Gia Ngư, Hang Bạc, Hoan Kiếm, Ha Nội,
電話:04 3935 2396
時間:9:00〜23:30
定休日:無休

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月10日

ベトナム・ハノイ旅行/マダム・ヒエンでディナー

前回、ポルト・ダンナムのランチをアップしましたが、実は今回紹介する「マダム・ヒエン」も同じフランス人シェフ、コルロー氏がオーナーのお店
ハノイ マダム・ヒエン お店
ハノイ マダム・ヒエン 店内(お店の名前は、ヒエン婦人なので、たぶん受け継いだとかそういうことでしょうか
いくつか行きたいお店候補はあったのですが、場所の移動的な都合で、2日目のディナーも同じシェフが経営するお店へ
マダム・ヒエンのほうが、お店はずっと広く、上流階級の一軒家邸宅を改装した感じ
屋内席もかなりあったのですが、入り口入ったすぐにテラス席もあり賑わってました。
雰囲気あるレストランです

外からその様子を撮りたかったのですが、夜だから何がなにやら分からない写真になってます


料理は、単品メニューもありましたが、やっぱりコースのほうがお任せできて安心ということで、私は「Garden Dayコース」をいただくことに

まずは、「軽くいぶした5種類のキノコのスープ」
ハノイ マダム・ヒエン スープ
見た目的に中国料理っぽい雰囲気ですね。
ヘルシーなスープです

「前菜盛り合わせ」
ハノイ マダム・ヒエン 前菜盛り合わせ
こちら、いろんな春巻きセットです。
写真では分かりづらいですが、一番左にも小さいレンゲの上に小さい春巻きが乗っています。
あと揚げ春巻きや、ちょっと見たことないもやしのような野菜に埋もれているものまで。
ポルト・ダンナムでは、生春巻きのカットで複数の味を楽しみましたが、こちらはもっとバリエーション豊かなに量もしっかり出てきました。
もちろん美味しかったです

メイン料理である「ハノイファミリープレート」
ハノイ マダム・ヒエン メイン
ハノイ マダム・ヒエン ごはんおお、思いのほか、同じシェフのお店だからか、また4種類の料理がトレイに乗って出てきました。
もちろん、ポルト・ダンナムとは全然違う内容の料理たちです。
手前の野菜たちがしっかり歯ごたえあって新鮮。
スープや左の豆腐が入った煮物もベトナムらしい香草が効いた料理でおいしい

やっぱりベトナム料理はベトナムで食べるに限るなぁ


”ル・コルロー”チーズ ハーブとスパイスとともに
ハノイ マダム・ヒエン チーズ
だいたんに大きなハーブの葉っぱとともにクリーム系のチーズが出てきました。
カリカリパンにチーズとハーブをのせていただきてみましたが、ちょっと大人のデザート的な感じ。

緑茶のケーキ 緑茶のアイスクリーム添え
ハノイ マダム・ヒエン デザート
これまたなぜか中国っぽい雰囲気を漂わせるデザートです。
ケーキはめちゃ洋風なのに、上の葉っぱのたなびいた感じが中国っぽいのかなぁ。

こちらでもベトナムティーいただきました。
ハノイ マダム・ヒエン 茶
ベトナムティーなにげにおいしいです

お会計は、Garden Dayコース 365,000VND + ベトナムティー 42,000VND + サービス料10% 40,700VND=合計447,700VND(約2,500円)でした。
あー、なんてお手頃なお値段
もちろんベトナムでは贅沢なのは分かっているのですが。
こちらもフランス人を中心に外国人が多かったですが、もしかすると、ベトナム人らしき人も利用していました

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

マダム・ヒエン/Madame Hien
住所:15 Chan Cam, Q. Hoan Kiem(大教会から徒歩3分くらい)
電話:04-39381588
時間:11:00〜14:00、18:00〜22:00
定休日:無休

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月07日

ベトナム・ハノイ旅行/ポルト・ダンナムのランチ

短めのを頻度高くアップしよう…といった先から、1週間投稿があいてしまいました

ベトナム旅行で大きく印象に残ったのが、「美味しいご飯」と「信号のない交差点」と描きましたが、今日からは美味しいご飯についてアップします

ベトナムって、中国とフランスに支配されてましたよね。
中国とフランスって世界三大料理を生み出した国のうちの2つです。
そんな歴史があったら、料理が美味しくなるのは当然だよなぁと納得してしまいます

まずは、初日のランチに利用した「ポルト・ダンナム」
ハノイ ポルト・ダンナム
ハノイ ポルト・ダンナム店内
フランス人シェフ・コルロー氏が提供するベトナム料理やさんで、店内の雰囲気がちょっとレトロ風に落ち着いています。
ベトナムには、フランス人シェフが経営しているベトナム料理や、フレンチレストランがやっぱり多いみたい。
実際に来てみるまであまり考えたことがありませんでした。
やっぱり、現地に来て歴史的背景を実感することっていっぱいあります

ランチは、プリフィクスタイプのセットランチが198,000VND(約1,130円)。
私は以下をいただきました。

最初にお通しのような煎餅。
ハノイ ポルト・ダンナム お通しハノイ ポルト・ダンナム お通し2
これは共通です。

スターター(3種類から選択)
Fresh roll(生春巻き)
ハノイ ポルト・ダンナム 生春巻き
種類の異なる生春巻きが4つ出てきました。
新鮮なのはもちろん、タレがやっぱりおいしい
やっぱり現地で食べるのが一番です。
生春巻きは、特に海老とマンゴーが入ったやつが絶妙な味の組み合わせでおいしかったです

メイン(3種類から選択)
Annam Tray(安南トレイ)
ハノイ ポルト・ダンナム アナントレイ
ハノイ ポルト・ダンナム ご飯4種類の料理がトレイに乗って出てきました。ご飯付きです。
どれもおいしかったですが、野菜の出汁が効いたスープと、奥の海老とトマトの料理がおいしかった
安南とは、ベトナムの昔の呼び名。
昔ながらのベトナム料理なんでしょうね。

お店の名前「ポルト・ダンナム」もPorte d'Annamと書き、安南への扉という意味です。
隣に座ったフランス人のおじさんが、Porteは英語でdoorという意味なんだよと教えてくれました

デザート(3種類から選択)
Banana sauteed,caramel(バナナのソテーとキャラメルアイスクリーム)
ハノイ ポルト・ダンナム デザート
バナナがこんがり香ばしく焼き上がって出てきました。
冷たいアイスクリームと一緒に食べるのが、またいいです。

セットとは別に、ベトナムティーもいただきました。
ハノイ ポルト・ダンナム ベトナムティ
日本のお茶のように飲みやすて美味しいお茶で、ここで味をしめてから、毎回どこに行ってもこれを頼んでました。

お会計は、セットランチ198,000VND+ベトナムティ42,000VND+サービス料10%24,000=合計26,400VND(約1,500円)でした。
この内容で1,500円なんて嬉しすぎるお値段なのですが、
ベトナムは、日本の1/3の物価らしいので、ベトナムにすると4,500円くらいの感覚なのですよね。きっと。
だからか、サービス料がきちんと加算されていて、お店のお客さんは、私たち以外ほぼフランス人のみでした。
ベトナムの人にとっては贅沢と分かっていても、やめられないこのレストラン巡り。
他にも回ったので、また次回アップします。

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

ポルト・ダンナム/Porte d'Annam
住所:22 Nha Tho, Q. Hoan Kiem (ホアンキエム湖の西側、ニャートー通り沿い、大教会のすぐ近くです)
電話:04-39382688
時間:11:30〜23:00(14:00〜18:00は軽食のみ)
定休日:無休

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年11月30日

ベトナム・ハノイ旅行/信号のない交差点

ベトナム旅行に行ってきました
場所は首都ハノイです
いつもだと、週2〜3回のアップにぎゅぎゅっと詰め込んで書いてしまうのですが、今回はつらつらと短めのを頻度高く投稿してみようかと思います

まずハノイ旅行で、おおと自分の中で大きく印象に残ったのは2つ。
ひとつは「美味しいご飯」と一般に想像しやすいことですが、もう一つは「信号のない交差点」。
コレ、なんかツボに入りました

ハノイはいちおう首都だけに交通量多いんです。
ハノイ 道路
ばばばばと車はもちろんバイクがたっくさん走っているんです。
で、交差点もたくさんあるのですが、とにかく信号がない。
私たちが泊まったホテルの近く、ホアンキエム湖周辺から旧市街をかなり歩きまくったのですが、見かけた信号って、たった3つ
(しかも赤はあるけど、青がない信号とか)

で、信号がないのにどうやって渡るの?というと、車もバイクもムシしてそのまま突っ込んで歩いて行くんです
びゅんびゅん走ってるところに

ベトナムの現地の人も平然と突っ込んで行く。
しかも小走りに渡ったりしません。
どうどうとゆっくり歩く
(むしろ走ると危険で、ゆっくり歩くのがコツらしいです)

車もバイクも人が渡るのは当たり前だと思ってるから、いちおう渡り始めると減速したりよけてくれます。
でも、すぐ横や目の前をすれ違うんですけどね

この写真は、とあるカフェの3階から交差点を撮ったところ。
ハノイ 交差点1ハノイ 交差点2
ハノイ 交差点3ハノイ 交差点4
信号がないから、当然(人だけでなく)車とバイクもお互い突っ込みあってます。
縦からも横からも突っ込んでるの分かるかしら?
はー、よく事故らないよなぁ。(というか実際、事故は多いようですが

ちなみにこの交差点、もちろん私も横断してます
これより広い道路も横断してます
もう何度も何度もたくさんの往来に突っ込んでます

しかし、3日もハノイにいると、これがだんだん普通になってきて、日本に帰ったときに、なんだか普通の横断歩道が物足りなく感じたりするんです。笑。
走ってる交差点に突っ込みたくなる。ははは

あと交通量が多い時間帯は、バイクがしびれを切らすのか、平気で歩道の上に乗り上げてくるんです。
ハノイ 歩道
この石畳、歩道なんですけど、バイクがビュンビュンいっぱい乗り上げてくる。
(写真だと止まって見えますが、ちゃんと走ってます

いやぁ、まぁ、自由奔放でアバウトな国です。笑。

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月03日

ベトナム/ホーチミンで生春巻き

先日ホーチミンに旅行した際に、生春巻きをいただきました
本場の生春巻きはボリューム満点で、サラダというよりはメインになるメニューでした。

お店の名前や場所をすっかり忘れてしまったのが残念なのですが、地元の人たちに人気のお店のようで、お昼時は満席
写真 1-2


こちらが生春巻きです。
山盛りの葉もの、豚肉、酢漬け大根&人参、生もやし、キュウリなどが出てきました。
写真 2-2


ライスペーパーに好きな具材を包んでいただきます。
葉ものの野菜類は、日本で食べるような柔らかいものではなく、野生?と思うほど「葉っぱ」っぽいのが驚きでした
でも、この葉っぱっぽさが意外と美味しくて、食べ応えもあります。
つけダレがまた独特の味でとっても美味しい
写真 4-2写真 3-2


モリモリ食べる本場ベトナムの生春巻きは、今まで食べたことのない癖になる味でした

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

zuho  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月07日

マレーシア旅行/お食事編(ランチとバー)

マレーシア旅行/お食事編の続きです
今日はランチとバーについて。

マレーシア初日のランチは、ツインタワーの中にあるMadam Kwan'sでいただきました
マダム・クワンマダム・クワン
1977年にマダム・クワンさんが創業した、マレーシア料理がいただけるお店
マレーシアを中心にシンガポールにもお店展開しているようです。
ツインタワー店は、通路から店内が見えるオープンなつくりで、店頭には彼女の看板がどーんと立ってました。(後でも、あちこちでみかけます)
本人が立っているかのようなリアルな看板ですね

以下は、4人で食べたいろいろです
マダム・クワンIMG_6877
マダム・クワンマダム・クワン
マダム・クワンマダム・クワン
どれも安定した美味しさ
一人あたり50マレーシア・リンギット(1MYR=34〜35円)でした。
ひとり約1,700円なのでやはりリーズナブルですね


2日目のランチは、マレーシア在住の友人におすすめされたタマリンド・スプリングスへ。
市街地からタクシーで20分くらいの郊外にある、森?の中にある大きな一軒家レストランです。
タマリンド・スプリングスタマリンド・スプリングス
タマリンド・スプリングスタマリンド・スプリングス
とにかく周りは緑、緑、緑
猿もいます。
タマリンド・スプリングス
眼下にはゴルフコースが見えます。
贅沢の極みです。リゾートです

タマリンド・スプリングス
タマリンド・スプリングス料理ジャンルは伝統的なインドシナ料理。
エグゼクティブシェフはタイ北部出身の女性シェフ。
見た目からして丁寧さや上質さを感じます
もちろん美味しいです

そして案の定、お値段も立派
プラスドリンクを1〜2杯いただいて4900円ほど(私ひとり分)
アルコールをもっと飲んでる2人は6,500円〜7,500円ほどかかってます。
日本でもランチでこれは高いので、マレーシアだと相当ですね・・・
(調べると物価水準は日本の1/3とのこと。とすると日本でいう15,000円くらいの感覚わおー

まあ、この環境は日本の都市近辺で味わえない贅沢
とにかく極上ランチでした


ディナーに関しては、初日は錦織くんのテニス観戦で、スーパーで買ったパンなどを食べたので、写真はなし。
2日目は、友人のレストランで先日紹介したのでここでは省略です。
友人のレストラン記事はこちら→J&P Magic House Bar&Restaurant


宿泊したウェスティン・クアラルンプールでは、バーも利用しました。
ウェスティン バーウェスティン バー
錦織くんのテニス観戦で食べたパンでは足りず、とはいえ夜遅い時間に外に出るのも面倒で、ホテル内で開いてるところ・・・ということでバーに行ったのでした。
なので、食べ物系も注文
ウェスティン バーウェスティン バー
大人の雰囲気の贅沢なバーでした
お値段はひとり2000円〜3500円くらい(飲んだ量によって差あり)

ところで、マレーシアはイスラム教のためお酒の値段がもともと高いです。
(イスラム教の現地の人は飲まないのですが、観光客には飲酒が制限されていません。)
値段は、だいたい日本と同じくらいかな。
度数が高くなるほど高く設定されているようです。
物価水準が安いマレーシアでもお酒に関しては、割安感を味わえません。

ちなみに、タイ(バンコク)からマレーシア(クアラルンプール)入りした私の感覚からすると、マレーシアはタイより物価が高いです
タイも日本の1/3と言われていますが、そちらのほうが実感に近く、マレーシアは庶民のお店でも1/2くらいかなぁ。
私たちは比較的高いお店にばかり行ってしまったので、日本と変わらない消費でしたが・・・

以上、マレーシアの記事は今日でおわりです
(いつも何ヶ月もかけて紹介している私にしてはコンパクトにまとめました

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月31日

マレーシア旅行/お食事編(朝食)

今日は、マレーシア旅行のお食事編(朝食)です

まずは宿泊したホテルの朝食から
ホテルはマレーシアの繁華街ブキビンタンにあるウェスティン・クアラルンプールです。

朝食が充実しているとの前情報があったのですが、実際、種類がすごかった
雰囲気だけでも分かるようにたくさん写真を並べてみます
IMG_7145IMG_7146
IMG_7149IMG_7150
IMG_7152IMG_7153
IMG_7156IMG_7157
ウェスティン朝食ウェスティン朝食
ウェスティン朝食ウェスティン朝食
ウェスティン朝食ウェスティン朝食
並べたら、本当にすごい量になってしまった・・・


ウェスティンは2泊したので、朝食は2回取ろうと思えば取れたのですが、そのうち1回はホテル朝食ではなく、外にでて、近くの朝市場「インビ・マーケット」に行きました。
インビ・マーケットインビ・マーケット
インビ・マーケットインビ・マーケット
インビ・マーケットインビ・マーケット
野菜、フルーツ、肉、魚などの生鮮食品、衣類やサンダルなどの日用雑貨、庶民的な料理が食べられる屋台が集結!
店員、来店者ともに中華系の人が多い市場です。

私たちは、インビ・マーケットで3つの料理を食べました。
カレー味の麺、肉団子と青菜の麺、お粥です。
インビ・マーケットインビ・マーケット
インビ・マーケットインビ・マーケット
あと周りのほぼ100%の人が飲んでいた、怪しげなコーヒー?も注文してみました。
正直なところ、なぜみんなこれを注文するのかちょっと不思議な「?」という感じの味でした。

お値段は全部(3人分)で22マレーシアリンギット(1MYR=34〜35円)でした。


市場の後は、そのすぐ近くにある、Berly’s Chocolate Kingdom(ベリーズ チョコレート キングダム)へ。
なにやらガイドによると、「個人旅行で行く事は稀ですが、団体ツアー旅行では必ず立ち寄る場所の一つ」とのこと。
私たち、個人旅行で寄ってしまいました。
ベリーズ チョコレート キングダムベリーズ チョコレート キングダム
ベリーズ チョコレート キングダムベリーズ チョコレート キングダム
ベリーズ チョコレート キングダムベリーズ チョコレート キングダム
午前中から店内はお客さんでいっぱい。
一番人気はティラミスチョコ。
ブラックとホワイト両方ありますが、ホワイトのほうが人気とのことで、私もそれを会社のお土産に買いました。
でも写真を撮るの忘れています・・・。
ほか、ドリアンチョコレートなど、マレーシアならではのチョコレートもありました。


本当はこの後、ランチのことも続けて紹介しようと思ったのですが、既にすごい長い記事・・・
というわけで、やっぱりお食事編は2回に分けようと思います。。。

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月24日

マレーシア旅行/観光編

先週、友人のお店J&P Magic Houseを紹介しましたが、マレーシア/クアラルンプール旅行の続きです

今日は、クアラルンプールで巡った観光もの紹介

まずは、クアラルンプールといったらコレと言われているペトロナスツインタワー
IMG_7143IMG_7019
設計はアルゼンチンの方ですが、建設は日本の建設会社ハザマ(タワー1)と韓国のサムスン物産(タワー2)が担当。
ツインタワーとしては世界一の高さです

いろいろ通な情報を知っている会社の後輩によると、韓国が担当したタワー2はちょっと傾いており、日本が担当したタワー1のほうが人気でテナントがタワー1に集中しているとか。。。
定かではありませんが、日本の建設がしっかりしていて不備がないことはよかった、よかった

ここでは、MADAM NORTHというレストランでランチしたのですが、それは来週、お食事編で紹介します。


IMG_7016次はパビリオン
宿泊したウェスティンホテルの向かいにある大きなショッピングモールです。
ブキビンタン通りというクアラルンプール一番の繁華街にあります。
(私たちが帰国後、翌週にブキビンタンのレストランで爆破事件があり、ちょっとびっくりしました)

高級ブランドから地元ブランドまでいろいろ揃っている他、レストランやフードコートもあり、私たちは行きませんでしたが、tokyo streetという一角には日本のショップやレストランも入っており、ファッションからビューティ、カルチャー、グルメまでなんでも揃ってるモール。
地下1階から7階まであります。

私たちは主に地下1階のフードコートあたりをふらふら
IMG_6992IMG_6996
IMG_6991

都中の通路に屋台風?のお店を出していたArt of Leatherというお店でお財布を衝動買い
IMG_6989IMG_7254
ヒマワリが一輪大きくデザインされているのがシンプルでかわいい
牛革を使ったしっかりしたお財布で、35.9マレーシアリンギット(1MYR=約34〜35円)でした。


マレーシアは、イスラム教が国教
というわけでモスクが必ずあります。
IMG_7063IMG_7057
こちらは新モスク。
あまりモスクっぽくない形。(私の中でモスクといえば、たまねぎ頭のいかにもイスラムっぽいやつを想像)
ちょうど礼拝の時間だったので中に入ることはできませんでした。

新モスクの近くにあったセントラルマーケットも、ちょっとだけぶらぶらしました。
IMG_7071IMG_7072

これは旧モスク。
IMG_7176
たまねぎ頭の建物です
IMG_7186IMG_7190
IMG_7191IMG_7192
IMG_7194こちらは礼拝の時間を外して行ったので、中も見学
そんなに大きくないモスクでしたが、中は、やはり静粛な感じ
すがすがしい空気が流れていました

クアラルンプール 旧モスク
ちなみに入り口で、頭からつま先まですっぽり覆われる、てるてる坊主みたいなかぶり物を着てから入ります。(顔だけ出てます)
トルコでもモスクに入りましたが、長袖長ズボンだとそのままで入れたし、多少肌が露出していても四角い大きな布を渡されて身体に羽織ったくらいだったので、この本格的なかぶり物には少しびっくりしました


ムルデカ・スクエア(独立公園)にも行きました。
IMG_7203IMG_7205
   IMG_7207
IMG_7208
写真に収まりきらない高い高いポールの国旗。
1957年8月31日午前0時に、初代ラーマン首相が独立宣言し、英国国旗が降ろされ写真に写っているマラヤ連邦国旗が掲揚されたのでした。(マレーシアが成立したのは1963年)

イギリス統治時代の最高傑作と呼ばれるスルタン・アブドゥル・サマド・ビル「旧連邦事務局」。
IMG_7201
広場に向かい合って建っています。

広場の横には、クアラルンプールシティーギャラリー(Kuala Lumpur City Gallary)があります。
IMG_7215
入り口横に、本家NYをマネして作ったと思われる? I♡KL のアート作品が目立っています。
( I♡KLの左側の建物がギャラリー。なにげに外観全体写真を撮るのを忘れています・・・)

IMG_7234
マレーシアの木製工芸ブランド ARCH が運営しているギャラリーで、
マレーシアの歴史が分かるほか、未来のクアラルンプールの模型などが展示されていました。
展示の最後には、ARCHの製品が売っているショップや製作の様子が観れる工房もありました。


そして、偶然の観光になったのですが、錦織くんが出場したマレーシアオープンも競技場で観てきました。
IMG_6889IMG_6891
IMG_2366IMG_6918
マレーシア在住の友人が、取引先の招待で試合を観にいくことになり、よかったら一緒にということで、急遽観戦することになったのです。

私たちは、もちろん普通にチケットを購入しましたが、競技場まで車で連れていってもらえたのがラッキー
自力だったら絶対に観に行こうなんて思わないはず。。。(どの駅からも遠く、車でないと行けない上に、タクシーだと帰り捕まえるのが大変

チケットは、準々決勝プレミアムの席で80MYR(1MYR=約34〜35円)でした。
日本だと錦織くんの試合はもうなかなか取れないと思うのですが、マレーシアでは当日でも大丈夫でした。
(対戦相手はオーストラリアの人で、マレーシアの選手でなかったのもよかった)

実は生まれて初めて生でテニスの試合を観たのですが、思ったより距離が近くてびっくり
テニスの競技場はこんなものなのか、マレーシアの競技場の特徴なのかは分かりませんが、身近で楽しめました
サッカーや野球などより、勝ち負けが分かりやすくて、一喜一憂しやすかったです。笑。

IMG_6925IMG_7262
私たちは準々決勝の観戦でしたが、ご存知、錦織くんはマレーシアオープンで優勝しました
決勝は帰国日だったので観れませんでしたが、あと1日帰るの遅かったら決勝も生で観てみたかったなぁ

あと、帰りに記念Tシャツももらえました。
チケットを確認していたので、席によってもらえたり、もらえなかったりするのだと思います。

偶然だったけどよい思い出になりました


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi

  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月17日

クアラルンプール/J&P Magic House Bar&Restaurant

先週のタイ旅行記事に続き、今日はマレーシア/クアラルンプール旅行の記事

先週、どちらも友人を訪ねての旅行と書きましたが、クアラルンプールでは、友人宅と友人がオーナーのマジックレストランに遊びに行ったのでした。

マジックレストランの名前は、J&P Magic House Bar&Restaurant
土曜日にお邪魔してきたのですが、現地に住んでる日本人の方を中心に1階も2階も満席
ステージマジックの時間は決まっていて基本1日3回(21:00、23:00、25:00/時期によって変わる可能性あり)。
私たちは、コース料理&21時のマジックショーを観てきました。

コースはイタリアン。
前菜、スープ、パスタ、メイン、デザートのセットです。
(部屋が暗かったので写真を補正して、ちょっと黄色っぽくなってます・・)

前菜は、ミックスグリーンサラダ。
IMG_7081
ハニーマスタードドレッシングが、オリジナルな味わいで美味しい

フォカッチャにつけるソースも2種類。
IMG_7085
思わず食が進んじゃいます

スープは、魚介がごそっと入ったトマト系のスープ。
IMG_7086
具が多いので、具がメインでスープがおまけと勘違いしちゃう。笑。

パスタは、フジッリ カルボナーラ。
IMG_7091
螺旋状のショートパスタにカルボナーラソースがよく絡んで美味しいです

メインは、魚か肉を選べたので、魚にしました。
IMG_7097
バラマンディ(魚の名前)のグリルです。
写真が分かりづらいですが、グリルトマトの上にバラアンディが乗っかっており、黒キャビア、サヤエンドウが添えられています。
ソースは、タイムを使ったクリームソース。
これも、あまり日本で味わったことのないようなオリジナルのソースで、美味しかった

デザートは、アップルパイのバニラジェラード乗せ。
IMG_7105
私の大好きな組み合わせです

ドリンクは、白ワインとグァバジュースをいただきました。
IMG_7079IMG_7095

料理を食べている間、テーブルの目の前でもマジックを披露してくれました。
これが本当にどうなっているか分からないから不思議〜

そして、食事が落ち着いた頃に、ステージマジックの始まり、始まり
1階の奥がステージになっており、みんなで鑑賞です
IMG_7110IMG_7113
IMG_7116IMG_7119
IMG_7124IMG_7131
お決まりの鳩が出てくるものやら、椅子が宙に浮くマジック、トランプマジック、観客が参加するトリック、腕が勝負の芸、そして本当に何がどうなっちゃってるのか分からない一瞬の人物入れ替えマジックなど、とっても楽しかったです〜

テーブルで目の前で見るマジックも面白かったけれど、ステージだとやはり技も大きくなって楽しい

この5品のイタリアンコース&2ドリンク&マジックショーで188RM(1RM=約34〜35円)。
これはプロモーションメニューで、ほか、単品メニューや季節限定メニューなどいろいろあります。

クアラルンプールに行く機会があったら、こちら友人のお店もぜひ覗いてみてくださいね


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

J&P Magic House Bar&Restaurant
住所:19, Jalan Berangan, 50200 Kuala Lumpur, Malaysia.
電話:+603 2141 1234 (日本語)
e-mail:enquiries@jpmagichouse.com
時間:19:00〜
定休日:なし

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月02日

台湾旅行/お料理編 金品茶樓、ほか(マッサージなど)

台湾旅行 最後の記事ですー
IMG_1607最後にもう一度、小籠包をということで、金品茶樓(チンピンチャーロウ)にも行きました

ここは、金品茶集という高級台湾茶を作っているところがやっているお店で、台湾茶は日本の百貨店でも扱っているんだそうです。



IMG_1614IMG_1610
IMG_1613こちらの小籠包は8個で160元(430円くらい)。
ここはちゃんと熱い小籠包が出てきました

ほかに炒飯(180元)や空芯菜の炒め物(150元)もいただきました
あっさりめの女性受けしそうなお味。

10%のサービス料がかかって全部で約540元(2人分)でした。



ほかに台湾ネタとしては、マッサージ店に3軒行きました
ホテルの近くにあった「金楽草本養生會館」では足裏&頭・首・肩マッサージ(70分900元+10%)を、同じ並びにある「6星集足體養身會館」では足裏マッサージ(40分600元+10%)を、淡水の按摩と大きくかいていたお店では頭・首・肩のマッサージ(20分200元)を受けました
(そんな大きな差ではないですが)一番高かった6星集足體養身會館がやっぱり!?一番上手でした
ここは台湾に住んでいた友達からもオススメのところだったので、なるほど納得な感じでした
日本にあったら足げく通っちゃう〜

それからそれから、台北市内に50以上の店舗がある「蔓都髪型美容」というヘアサロンで、台湾式シャンプーも受けてきました
日本のシャンプーと違って、椅子に普通に座ったまま(寝ないで)シャンプーされます。
水を使わない専用のシャンプーで洗うのですが、泡が垂れてこないのが不思議
シャンプーだけだと200元ですが、アロマも足して300元(810円くらい)で受けてきました。
とても暑くて汗だくになっちゃう中、シャンプーをしたらほんとすっきり
気持ちいい
これも同じ内容で日本にあったら絶対何度も行っちゃうー

そんなこんなの台湾ネタでした。
最後まで読んでくださった方、どうもありがとうございます〜

<台湾記事まとめ>
第一回台湾旅行/故宮博物院、龍山寺、台北101
第二回台湾旅行/九份
第三回台湾旅行/淡水、士林夜市
第四回台湾旅行/ご飯編 AoBa
第五回台湾旅行/ご飯編 鼎泰豐(ティンタイフォン)と永康15(ヨンカンシーウー)
第六回台湾旅行/お料理編 小慢(シャオマン)
第七回台湾旅行/お料理編 金品茶樓、ほか(マッサージなど)

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi
  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 00:22Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月30日

台湾旅行/お料理編 小慢(シャオマン)

台湾料理お料理編まだ続きます
今日は、小慢(シャオマン)。
ガイドブックを見てインテリアの雰囲気のよさに惹かれて行ってみたお店です。
IMG_1516IMG_1501IMG_1499

レトロな雰囲気がとっても落ち着くいい空間
オーガニックをコンセプトにしているらしい洋服なども一緒に販売されていました。

ここは基本茶藝館ですが、食事もできるということでランチをいただきました
ランチは確か1種類(セット)で1日何食かの限定だったと思います。
お値段は550元(約1,500円)。(台北では高いほうですね)

出てきて初めて気づいたのですが、なにげに日本のカフェなどでいただく内容とそっくりでした
まず、お豆腐とサラダの盛り合わせ。
IMG_1503IMG_1504
「お〜、台湾で豆腐とは〜」とびっくり
ちゃんと美味しい豆腐でした

IMG_1507牛肉の冷麺 胡麻味。(メインは2種類から選べました)

IMG_1509
なんと味噌汁も

IMG_1513締めは、パッションフルーツのゼリーと、紅茶のような味のちょっと渋めの中国茶です。

あと、今日初めてお手伝いに入ったという日本人のアルバイトの方がいて、少しお話しました
なんだか台湾にいながら、日本にいるかのような不思議な気分。
(ここに限らず、台湾は街全体にセブンイレブンがあったり、日本語を話せる人が多かったり、外見は同じアジア人だったり、ということで、あんまり海外という感じが薄い国でした)

ここでもしばしまったりしました

MRT台電大樓駅から徒歩10分くらいのところにあります。
周りに観光ぽいものはとくに何もないので、わざわざ行く感じになります。

<台湾記事まとめ>
第一回台湾旅行/故宮博物院、龍山寺、台北101
第二回台湾旅行/九份
第三回台湾旅行/淡水、士林夜市
第四回台湾旅行/ご飯編 AoBa
第五回台湾旅行/ご飯編 鼎泰豐(ティンタイフォン)と永康15(ヨンカンシーウー)
第六回台湾旅行/お料理編 小慢(シャオマン)
第七回台湾旅行/お料理編 金品茶樓、ほか(マッサージなど)

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi
  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月26日

台湾旅行/ご飯編 鼎泰豐(ティンタイフォン)と永康15(ヨンカンシーウー)

最近、ちょっと忙しくてブログ更新が止まってしまいました

IMG_1357台湾のお料理編が途中だったので、その続きを
台湾といえば小籠包ということで行ってきました、鼎泰豐(ティンタイフォン)本店。

行列が出来ることで有名ですが、10時半頃に行ったらすぐ入れました。(開店は10時〜)

とりあえず王道の小籠包10個(190元/510円くらい)とワンタンとラーメンが一緒になったメニュー(正確なお値段は忘れましたが小籠包と同じくらいの値段でした)を注文
IMG_1350IMG_1351

どちらも美味しかったですー
IMG_1352小籠包は意外にも熱々ではなく、フーフーしなくてもすぐパクッと食べれました。
ちょっぴり猫舌気味の私なので食べやすくてよかったですが、本当はもっと熱いほうが小籠包らしいかも

IMG_1358
食べ終わってお店を出ると、すごい人
まだ11時半前でしたが、さすがです。





その後は、すぐ近くにある超有名かき氷店、永康15(ヨンカンシーウー)に行き、ミルクとマンゴーのかき氷(120元/320円くらい)をいただきました
IMG_1367IMG_1362
IMG_1363マンゴーすごーい
これが本当に美味しかったーーー
いったい何個使っているのかしら?と思うくらいたっぷりの美味しいマンゴー。
近くにこんなお店があったら何度でも通っちゃう

とっても暑い日でしたが、クーラーのない外席で冷たいかき氷を食べるのも夏っぽくてよかったです

どちらも永康街というエリアにあります。
最寄り駅はMRTの中正記念堂駅ですが、駅からも徒歩15分とちょっと遠いのでタクシーで行くのがおすすめ。
台北は街全体が比較的コンパクトなのと、タクシーが安いので、私たちもけっこう利用しました

<台湾記事まとめ>
第一回台湾旅行/故宮博物院、龍山寺、台北101
第二回台湾旅行/九份
第三回台湾旅行/淡水、士林夜市
第四回台湾旅行/ご飯編 AoBa
第五回台湾旅行/ご飯編 鼎泰豐(ティンタイフォン)と永康15(ヨンカンシーウー)
第六回台湾旅行/お料理編 小慢(シャオマン)
第七回台湾旅行/お料理編 金品茶樓、ほか(マッサージなど)

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 01:14Comments(2)TrackBack(0)

2012年08月16日

台湾旅行/ご飯編 AoBa

台湾旅行の最終編では、食べた料理の数々を紹介したいと思います〜
(本当はまとめて紹介しようと思ったのですが、最近忙しくてまとめて書く余裕がないので、ひとつずつ紹介します…)

まずは「AoBa 微風店」
ガイドブックにあった、カラスミのチャーハンが気になって決めたお店です。
ちょうどホテルから歩いていけるところにあったので、行ってみました

ガイドブックで想像したイメージとは全然違う、シックで大人な雰囲気の店内にちょっとびっくり
予約なしでいきなり行ったのですが、ぎりぎり1席残っていて、あとは予約でいっぱいでした

注文したのは、
「山芋とアスパラの炒め物」「塩漬け卵のイカ&海老のすり身包み上げ」
Aoba1AoBa3

「蛤のスープ」「衣笠芋と鴨のスープ」
AoBa2

「カラスミのチャーハン」
AoBa4AoBa5
盛りつけたところ。


「烏龍茶」。 それから、食後のデザートのようなものは自動でついてきました。
AoBa6AoBa7

料理は全般的に繊細で優しい味
どれも美味しかったです

締めて、2人で1400元くらい(約3,780円)。
ひとりあたり1,900円くらいだから、日本と比べるとやっぱりリーズナブルですね

場所は、MRT忠孝復興駅から徒歩10分くらいのモール「微風廣場」の中、地下1階にあります。

<台湾記事まとめ>
第一回台湾旅行/故宮博物院、龍山寺、台北101
第二回台湾旅行/九份
第三回台湾旅行/淡水、士林夜市
第四回台湾旅行/ご飯編 AoBa
第五回台湾旅行/ご飯編 鼎泰豐(ティンタイフォン)と永康15(ヨンカンシーウー)
第六回台湾旅行/お料理編 小慢(シャオマン)
第七回台湾旅行/お料理編 金品茶樓、ほか(マッサージなど)

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月09日

台湾旅行/淡水、士林夜市

思ったより時間があった台湾。
当初予定していませんでしたが、台北駅より電車で35分ほどで行ける港町「淡水」にも行ってみました
海辺の夕日が有名なところです。

淡水老街と呼ばれるエリアでは、屋台系料理や雑貨屋さんなどが並び、人がいっぱい
IMG_1549IMG_1551
IMG_1552IMG_1579

私も食べ歩きしちゃいました

魚のすり身の揚げ物。
IMG_1558IMG_1560
かまぼこのような味です。

うずらの卵とししゃもの揚げ物。
IMG_1565IMG_1566
タレが台湾ぽい?独特の味が美味しかったです。

写真はありませんが、イカの揚げ物もおいしかった。

左写真は航海の守護神を祀っている「福佑宮」。
IMG_1556IMG_1573
淡水は定番デートスポットのようで、フェリーに乗る人の行列も。

そして夕日です。
IMG_1564IMG_1571
が・・・写真がなかなか上手に撮れません〜。


その後、台湾といえば夜市ということで、台湾最大の「士林夜市」にも行きました。
ここでも食べ歩き
IMG_1592IMG_1586
淡水でも人が多いーと思いましたが、ここもすごい人です
写真はあんまりないのですが、ファッションが並ぶエリアと食べ物屋さんが並ぶエリアとざっくり分かれています。

台湾は、お祭りのときに並ぶような屋台系のお店が、いつも賑わっているんだなぁと思いました

<台湾記事まとめ>
第一回台湾旅行/故宮博物院、龍山寺、台北101
第二回台湾旅行/九份
第三回台湾旅行/淡水、士林夜市
第四回台湾旅行/ご飯編 AoBa
第五回台湾旅行/ご飯編 鼎泰豐(ティンタイフォン)と永康15(ヨンカンシーウー)
第六回台湾旅行/お料理編 小慢(シャオマン)
第七回台湾旅行/お料理編 金品茶樓、ほか(マッサージなど)

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月06日

台湾旅行/九份

台湾旅行では九份(きゅうふん)にも行ってきました
映画「非情城市」の舞台となったり、「千と千尋の神隠し」のモデルになった街です

台北からはバスにのって約1時間。
の近くのちょっと小高い山の上にあります。

主に「基山街」というみやげ物が並ぶ小道が続くエリアと、「豎崎路」という石段が続く坂道(メインスポット)の2つが見所
「基山街」は、けっこう長くて端から端まで歩いて20分ほど。
IMG_1379IMG_1370
IMG_1371IMG_1372
IMG_1375IMG_1377
IMG_1380IMG_1385
B級グルメや工芸品などがたくさん


基山街と豎崎路がちょうど交差する辺りに「九份茶房」という九份最古の茶藝館があります。
IMG_1424IMG_1420
ここだけは周りと雰囲気が急に変わって、アンティーク&ノスタルジックな素敵な雰囲気
最初は、ショップ部分(茶器やお茶が売られています)とギャラリー(お茶関係の道具などが展示されています)を見るだけのつもりでしたが、雰囲気がとてもよかったので、お茶もすることにしました。
店内でいただけるほか、外席もあります。(でもとっても暑い日だったので、外でいただいている人はほとんどいませんでしたが)
IMG_1400IMG_1401

いろいろ種類があった中で、私たちは、梨山烏龍茶をいただくことにしました。
IMG_1393IMG_1403
IMG_1412IMG_1418
標高2300mのところで採れるお茶だそうです。(標高が高いほど高級茶とのこと)
九份茶房オリジナルの茶器でお茶が入れられます。
これがとってもよい香り
本当に美味しい

IMG_1404抹茶のお餅もいただきました。
餡子入りの小さな餅菓子なのですが、繊細な味でこれも美味しい

すっかりいい気分です

IMG_1408IMG_1419
IMG_1415
扉は開けっ放し、冷房なしの店内ですが、とても気持ちよくまったりできました。
ここに3時間くらいいたかなぁ。


その後は、映画の舞台にもなった有名な「阿妹茶酒館」へ
こちらはメインスポット「豎崎路」という石段の途中にあります。
IMG_1438
IMG_1461
日が暮れる前と夜と両方、写真に撮りました。
IMG_1457IMG_1466IMG_1471
雰囲気満点です

こちら、お茶のほか食事もできるお店なので、食事をしようと思ったのですが、予約がいっぱいで入れませんでした。(あらら、ちょっと甘かったかしら
IMG_1473
それで、阿妹茶酒館のすぐ向かいにある「非情城市」というお店へ。
ここは、映画「非情城市」の撮影に使われたのをきっかけに店名を変更したんだそうです。(なかなか賢いですね。笑)

こちらもお茶のほか、伝統的台湾料理がいただけます。
私たちがいただいたのは、チャーハン、牛肉と葱の炒め物の2皿
IMG_1452IMG_1453
本当に地元っぽい味で、どちらも味は濃いめ(オイスターソースっぽいけれども、それともちょっと違うような味です)、食がすすむ料理でした

IMG_1477こちらは九份のバス停から撮った写真
夜景がきれいです
またバスに乗って台北に帰りました。

<台湾記事まとめ>
第一回台湾旅行/故宮博物院、龍山寺、台北101
第二回台湾旅行/九份
第三回台湾旅行/淡水、士林夜市
第四回台湾旅行/ご飯編 AoBa
第五回台湾旅行/ご飯編 鼎泰豐(ティンタイフォン)と永康15(ヨンカンシーウー)
第六回台湾旅行/お料理編 小慢(シャオマン)
第七回台湾旅行/お料理編 金品茶樓、ほか(マッサージなど)

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月02日

台湾旅行/故宮博物院、龍山寺、台北101

台湾に行ってきました
なにげに初台湾です
4日間の日程ですが、朝一で飛んで、夜遅くに戻ってきたので、フルフル4日間満喫。
むしろ行くところが足りなくなって当初予定に入れてなかったところまで足を延ばしたりしました。
3〜4回くらいに分けてアップしたいと思います

とりあえず初台湾だったので、メジャーどころは押さえようと王道路線まっしぐら。

IMG_1291まずは故宮博物院。
こちら世界4大博物館と言われているらしいのですが、中は撮影禁止なので、外観だけ。
有名な白菜そっくりの翡翠の置物「翠玉白菜」と、豚の角煮そっくりの天然石「肉形石」をしっかり見物。(リンク先を見てみてくださいね)

でも、私はそれよりも、象牙でつくられた玉が21層も重なっている「九層象牙球」が行く前からすごいと思っていて、それをしかっと見てきました。
でも、博物院のHPに写真がありません。残念
行くまで知らなかったのですが、九層象牙球の隣に、同じく象牙でできたお弁当箱「象牙鏤彫提食盒」があり、それもすごかったです。
リンク先の写真の拡大図を見てほしいのですが、縦に細くある線、これ全部象牙でできていて、向こうが透けているんです
糸じゃなくて、象牙の線なのです
スゴイ

衛兵の(当番の)交代式も見てきました。
IMG_1296IMG_1303IMG_1309
イギリスやトルコでもやっていましたが、台湾でもあるんですね
当番で立っている間はぴくりとも動きませんが、1時間ごとの交代の時間になると次の当番の人がやってきて、かくかくっと足並みそろえて決まった動作を繰り返した後、交代します。
まわりはもう見物人だらけ


こちらは龍山寺。
IMG_1487IMG_1493
IMG_1494IMG_1495
台北一のパワースポットということで、地元の人を含めお参りする人がいっぱい
19の神様が奉られています
正式なお参りの仕方がよく分からなかったので、私たちは見るだけでしたが、ツアーで参加しているらしき人たちは、ガイドさんの案内受けながら、線香を両手にお参りしていました。
ちょっぴりうらやましい。


IMG_1526台湾といえば2007年まで世界一高かった「台北101」というタワーがあります。
(2007年にドバイのブルジュ・ハリファ(当時の名前は、バージュ・ドバイ)に抜かれました)
ここも行ってきました
IMG_1529
中は、ラグジュアリーブランドのショップだらけ
ルイ・ヴィトンは、(日本でも話題になっていましたが)台湾でも草間弥生ワールドでした。
IMG_1533IMG_1534

IMG_1537「台北101」では、地下にある台北で一番大きいフードコートでお茶したり、書店を覗いたりもしました。
私たちは上っていませんが、展望台もありました

とりあえず今日はこんなところでーす

<台湾記事まとめ>
第一回台湾旅行/故宮博物院、龍山寺、台北101
第二回台湾旅行/九份
第三回台湾旅行/淡水、士林夜市
第四回台湾旅行/ご飯編 AoBa
第五回台湾旅行/ご飯編 鼎泰豐(ティンタイフォン)と永康15(ヨンカンシーウー)
第六回台湾旅行/お料理編 小慢(シャオマン)
第七回台湾旅行/お料理編 金品茶樓、ほか(マッサージなど)

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi
  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(4)TrackBack(0)

2010年10月17日

韓国〜グルメ編

今週、本格的に風邪を引いてしまい、
イレギュラーな日程でブログUPの私です。
(皆さんも本当に気をつけてくださいね

今回は、韓国旅行最終編、韓国グルメ
韓国旅行の楽しみの一つが、やっぱり「グルメ」ですよね。

韓国グルメと言えば、
焼き肉、お粥などなど楽しみがたくさん

ガイドブックや、地元の情報を頼りに、
美味しいお店を食べ歩いたのですが、
中でもおすすめのお店をいくつかご紹介

焼き肉では二カ所ご紹介
まず初日に訪れたのが、テジカルビが楽しめる、
麻浦地区にある、「麻浦チンチャ元祖チェデポチッ」さん。
お店の中は煙モクモクですが、香りがたまらない!

いわゆる地元の人御用達の庶民的なお店。
とはいえ、ここ有名人も常連さんのようです。
(写真やサインが飾ってあった・・・・)
入り口がわかりづらいのですが、
この看板が目印

DSCF2808













韓国で、カルビと言えば、豚肉なんですよね。
ここでは、生後8ヶ月以内のメス豚ちゃんしか、出さないというこだわり。
厚切りなのに柔らかくて、すでに味付けされているものと、
塩焼きをするものの2種類を堪能しました。
美味しいテジカルビがお手頃価格で楽しめるのが何とも贅沢

DSCF2822







  



 
それと、去年も訪れ、リピートしてしまった、
チョンギョプサルの有名店、「タンプンナムチプ」さん。
DSCF2984












チョンギョプサルとは、豚の首筋肉のこと。
お肉がとっても美味しい。
エゴマの葉でくるんでいただきます。
DSCF2978












とってもジューシーなんです!
豚のいろんな部位が楽しめるのも、ここの魅力、ですね。
ちなみに、韓牛カルビも楽しめます。
DSCF2983











そして、お粥は本当に日本人が多かった、
味加本(ミガボン)さん!
DSCF2938













ミョンドンにあり、買い物の途中でもフラリと立ち寄れるのが良いところです
私は、エビとブロッコリーのお粥を頼みました。
ごま油がきいていて、食が進みます
(ちなみに、ごま油、スーパーでも本格的なものが手に入ります。おみやげに良いかも)
DSCF2936













それと、今回どうしても行きたかったのが、
インサドンにある、「伝統茶院」さん。
DSCF2956












いろんな雑誌で紹介されているのですが、
韓国の伝統家屋で、伝統茶と茶菓子(餅)がいただけるとあって、
韓国人の方も頻繁に訪れている様子でした。
どれもこれも美容や、健康に配慮されたお茶
日本語メニューもあるので、オーダーしやすいです。

DSCF2968













韓国を訪れて感じたのが、
日本人よりも、「医食同源」の考え方が強いこと
中国に近い、というせいもあるのかな?

積極的に、食べ物を自分の健康増進や、美容のために取り入れている、
ということが伺えました。
それは若い人でも、年配の方でも同じ
日常生活に当たり前のように栄養価の高い健康的な食事を取り入れていることが、
韓国人の元気の源!?になっているんじゃないか、そんな気がしました

また近々訪れたいな〜と感じている私です。

韓国旅行その1 「思い立って・・・ソウル」
韓国旅行その2 「ソウル 観光編」
韓国旅行その3 「韓国〜グルメ編」

blogranking_bannerありがとうございます

megu  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 19:27Comments(2)TrackBack(0)

2010年10月07日

ソウル 観光編

ソウル情報、今回は観光編

今回の滞在は時間もたっぷりあったので、
買い物、食事、エステだけでなく、観光もしようと思っていました。
本当はソウルから2〜3時間離れた町へと旅しようかと思っていたのですが、
訪れた期間の2日間が、日本でいう旧盆のようなもの「チュソク」にあたり、
ふるさとへ帰る人、ソウルへ戻ってくる人で、
高速道路が混雑すると聞いたので、
今回は移動するのをやめて、ソウル内でゆっくりと観光しようと決めました。

おそらく多くの人も訪れるであろう、
ソウル市内にある数々の王宮。
王宮の中には世界遺産に指定されているものもあり、
都市の中にあるとは思えない静けさとゆったりした時間を過ごせる場所です。

今回訪れたのは、「景福宮」。
DSCF2848











ここは世界遺産ではないのですが、
広大な敷地、優雅な宮殿の風景を楽しめる場所
以前から行ってみたい場所の一つでした。
DSCF2872












DSCF2887











ちなみに、行くなら朝一番がおすすめです
というのもやはりツアー観光客(日本だけじゃなくて、中国や他国からも)が
どんどん来てしまうので・・・・。
ゆっくり見て回ることができなくなってしまいます
私たちは朝一番で訪れました。

あと、以外と訪れるひとが少ないかもしれませんが、
ずっと行きたかった場所の一つが、
ソウル市内にある、国立中央博物館
DSCF2994












2005年にオープンしたばかりのきれいな博物館で、
韓国の歴史が感じられる場所。
そしてなんと、タダ!!!すごい!!

所蔵されているのは、
韓国陶磁器のすごいコレクションや、
私たちの国・日本とよく似た(当たり前ですが。。)表情をした、
大型の石仏、仏像の展示
奥まった、小さな特別な個室にあるのは、
皆さんもおなじみ、「半か思惟像」でした・・・!
た、たしかに有名な日本のものとよく似ている〜〜〜!!
とっても近くで見ることができて、感動でした
この博物館に来てみて、改めて、「お隣」の国なんだな、と実感。
地理的にも近いだけじゃなくて、文化としてもこんなに近い、と。。。
時間があったら、ぜひ訪れてみてくださいね

韓国旅行その1 「思い立って・・・ソウル」
韓国旅行その2 「ソウル 観光編」
韓国旅行その3 「韓国〜グルメ編」

blogranking_bannerありがとうございます

megu

  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 09:46Comments(0)TrackBack(0)

2010年09月30日

思いたって・・・ソウル

先週の連休を利用して、
思い立ってソウルに行ってきました

というのも、今年はまだ夏休みを1日も取れていなく、
このまま消化せずに終わるのかな〜・・・と不安に思っていたところ、
急に2日間休みが取れることになり、
急のタイミングでも行けるところ、ということで、
お隣韓国へ行くことに

私は大学時代、そして、去年のGWにソウルに行っていたのですが
今回一緒に行くことになった友人が一度も訪れたことがない、
ということで、3度目のソウルに行ってきました

今回は、ちょっとゆっくりしたい、ということで、
ソウルにしては長めの4泊5日で行ってきました。
普通は2泊3日が多いと思うのですが・・・・

次回のブログからおすすめスポットなどをご紹介していくのですが、
今回は泊まったホテルのご紹介

今までは、いわゆる大型の観光用のホテルに泊まっていたのですが、
今回は、クレアや、いろんな雑誌で紹介され、
日本人の女性に人気、という「ドロスホテル」の予約がとれたので、
こちらを利用して来ました。

客室数も少なく、
広さも大型ホテルに比べたら大きくないですが、
日本語(とても流ちょう!)をはなせるスタッフが常駐しているし、
部屋には、
空気清浄機完備、バス・トイレも快適
事前の口コミでは、朝食つきなのがいい!という評判
確かに、毎朝焼きたてのパン、サラダ、フルーツなど、
無料で楽しめるのです

鐘路3街駅という、とても交通の便の良い場所にあるので、
(地下鉄駅からは5分程度歩きますが)
リピーター続出なのも納得です

予約がとりづらいらしいのですが、
ぜひソウルに行く際には、予約してみては
ふら〜っと気軽に滞在のできるホテルで、おすすめです

韓国旅行その1 「思い立って・・・ソウル」
韓国旅行その2 「ソウル 観光編」
韓国旅行その3 「韓国〜グルメ編」

blogranking_bannerありがとうございます

megu


  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 18:20Comments(0)TrackBack(0)

2009年05月02日

韓国・ナチュラルブーム

皆さん初めまして
新たにメンバーに加わりましたcaoです
今まではchieさんを初め、メンバーの記事を愛読してきましたが
これからは、情報収集のみならず、
発信もと思い
仲間に加えてもらいました!

日々の生活を最大限楽しみ、
自分なりのリュクスな毎日を過ごせればと思っています
この場を借りて、そんな日々を少しずつ共有させて頂ければ嬉しいです
どうぞよろしくお願いします!

投稿第一回目は昨日までの、韓国出張のお話
韓国料理やコスメは皆さんよくご存じだと思うので、
より一般的な韓国トレンドをお伝えできればと思います

日本もここ数年、ロハスやエコといった流れが随分強いですが、
お隣韓国でも、この流れは同様の様子。
日本よりももっと、そのブームは大きくなっていて、
生活全般に[ナチュラル]という
コンセプトが密着している感じがしました。

化粧品を初めとした生活用品も「肌にも地球にも優しいもの」が人気で、
化粧品のパッケージにもECO COSMEなんていう、分かりやすい記載が多かったです。

韓国の方が「週末には必ず買出しに行く」という
大型スーパーやデパートでも、この流れは同様でした!

seoul 1
seoul2
[自然主義]といった食品コーナーや、
防腐剤が一切入っていないというジュース[I'm real]もこの春の大人気商品だとか!
「今後もしばらくは、このブームは続く」という韓国スタッフの話もありました

「ナチュラルは商品の基本」とまで言われている、
このブーム。今後も注目です

blogranking_banner←クリックお願いします!

cao 


  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 17:34Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月13日

海外旅行/多民族が混在する国

海外に行ってきました。

以下の写真は、地下鉄で5駅以内の距離にある街の写真たち。
狭いエリアの中に、こんないろいろな要素が混在する国とは

アラブ街インド街チャイナタウン











ちゃいなたうんシティホールおーちゃーど






答えは、シンガポールです
ちなみにこれ1日で全部回っています。(しかも午後と夜で)

シンガポールは、本当にいろんな国の人が混在していて、街で聞かれる会話(言語)もいろいろです。
英語だけでなく、中国語、マレーシア語?、ヒンディー語?、フィリピン語?。
正直何語なのか判明できないので、適当に書いちゃってますが、英語でも中国語でもない言葉がいろいろ飛び交っていることは間違いないです。
あ、観光客なのか現地に住んでいる人なのかよく分かりませんが、日本語もたくさん聞きました
看板にも日本語(主にカタカナ)が普通に書かれていたりして、ちょっと驚きました。

シンガポールは、雑なんですけど前に進むぞーみたいな活気がありました。
1人あたりの国民総生産は日本をとっくに抜いているんだそうです。

アラブ街、インド街、中国街の物価は安かったですが、いわゆる新しい街の物価は日本より少し高いと感じました。
着ている服装は、まだ日本(東京)のほうがイイものやオシャレなものを着ていると思いましたが、そのうち追いついてくるのかもしれません。

アイアンマンアイアンマン2






もともと知人(複数)がアイアンマンレースに出るので、それを応援しようということでシンガポールに行きました。

老若男女たくさんの人がレースに出ていたのですが、選手たちがゴールするとき、司会者のお兄さんが名前と出身国を呼び上げていました。
その国が本当に様々。
もちろん住んでいる人たちだけでなく、このために来国している人もいるのでしょうが、国際的な一面をここでも見ました


blogranking_banner今日も応援よろしくネ

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 00:52Comments(2)TrackBack(0)

2008年08月31日

台湾へ旅行してきました!《その3》グランドハイアット台北とその周辺♪♪♪

台湾旅行 グランドハイアット台北 TAIPEI101前々回“台湾へ旅行してきました!《その1》台湾の観光地♪”
前回の“台湾へ旅行してきました!《その2》台湾の美味しいもの編♪♪”
に続いて、今日は台湾で滞在したグランドハイアット台北とその真横にあったTAIPEI101について
今回は、同じホテルに4日間滞在するということで、快適に過ごせそうなグランドハイアット台北を選びました。
場所は、台北駅から6駅ほど離れた市政府駅から歩いて10分ほどのところにあります。
電車では移動が不便かもしれませんが、前々回にも書いたように、タクシーの初乗りが250円くらいなので、台北駅までいっても800円くらいで到着してしまいます
台湾旅行 グランドハイアット台北 プール台湾旅行 グランドハイアット台北 室内真夏の台北は、灼熱で、日本以上に蒸し暑い気候
ホテル内の宿泊者専用のプールでも、好きなだけ泳いでリフレッシュ

ホテル室内は、ベッドルームと、写真のようなリラックスチェアーのあるデスクルームとが、扉はないものの2つに分かれていて、それぞれの部屋に液晶テレビが付いていて贅沢な広々したつくりでした
お風呂も、バスタブと、シャワー室が別々に付いていて、どうやって使うの??と思うようなリュクス感
ヨガマットも置いてありました。最近の宿泊者は、滞在中にヨガをされる方が多いのでしょうか。(思わずマットだけ敷いてはみましたが・・・)
台湾旅行 グランドハイアット台北 チアーズ
ホテルの1階2階には、台北の地元の人もディナーや食事の後に利用するバーやナイトクラブが色々あります。
お写真は、1階のとても落ち着いた雰囲気が素敵だった“チアーズ”というバー


台湾旅行 グランドハイアット台北 ZIGA ZAGA1台湾旅行 グランドハイアット台北 ZIGA ZAGA2こちらは、グランドハイアットの2階にあるナイトクラブ“ZIGA ZAGA”。ドレスコードがあるので、行くときには要注意です
台湾料理ではないですが、ここ“ZIGA ZAGA”のピザは絶品でした
ホテルに宿泊している旅行者もこのナイトクラブに居たのかもしれませんが、どちらかというと、地元の会社帰りの人が多かったように思います。
台湾旅行 グランドハイアット台北 モーニングビュッフェ1台湾旅行 グランドハイアット台北 モーニングビュッフェ2
朝は、ホテルの1階のカフェでモーニングビュッフェを愉しんだのですが、お粥や、点心、ピータンなど、中華料理ならではのビュッフェを愉しめます
フルーツの美味しい台湾なので、デザートフルーツも豊富で、ジュースもスイカジュースやドラゴンフルーツのジュースなど美味しかったです

台湾旅行 TAIPEI101 夜景さて、グランドハイアット台北の真横にあるのがTAIPEI101
なんと高さ509.2mで、地上101階の超高層ビル
建てられた2004年には、世界一の超高層でしたが、現在はアラブ首長国連邦の「ブルジュ・ドバイ」の531.3mが世界で一番高いビルとなっています。
TAIPEI101の眺望スペースで夜景を楽しんだのですが、あまりにも高すぎて、風が強く、息が苦しいくらい
さすがに景色は良く、とても綺麗でした

台湾を思い切り満喫した夏休みとなりました〜

グランド ハイアット 台北
台湾台北市松寿路2号

blogranking_banner一回のクリックで、このブログへの投票になります!是非クリックお願いします

chie  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 17:36Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月27日

台湾へ旅行してきました!《その2》台湾の美味しいもの編♪♪

前回の“台湾へ旅行してきました!《その1》台湾の観光地♪”に続いて、今日は台湾で美味しかったもののご報告

まずは、小籠包(ショウロンポウ)
台湾旅行 小籠包(ショウロンポウ) 県泰豊1台湾旅行 小籠包(ショウロンポウ) 県泰豊2私が何よりも美味しいと思ったのは、県泰豊の小籠包です。
とてもジューシーで、お上品なお味で、皮がもちもち。薄い皮なのに、破けない絶妙なもちもち加減これは本当に美味しかった
全世界から、このショウロンポウを食べたいお客さんが詰め掛けて、店頭には列が出来ています
台北本店の県泰豊のお店は、台湾以外にも中国、アメリカ、シンガポール、インドネシアや、そして日本にも支店があります。
日本だと、新宿の高島屋や汐留、池袋など色々なところにあるそうです(知らなかった・・)。
今回、台湾でこの県泰豊の美味しい小籠包を食べて、日本でも食べてみたい!!と思いました
普通のショウロンポウ以外にも、かに味噌入りのショウロンポウ、肉まんも食べて、どれも美味しく、大満足でした〜

台湾旅行 小籠包(ショウロンポウ) 群香品台北市の永康街の地区は、県泰豊以外にも小籠包が美味しいお店がたくさんあります
左写真のお店は、群香品というお店。
夫は、県泰豊よりもこの群香品の小籠包のほうが、より美味しいと言っていました。
群香品の小籠包もとてもジューシーな肉汁が美味
県泰豊と比べると、もう少し庶民的なお味
ガイドブックなどには載っていないからか、お店は空いて、すぐにお店に入ることができました。

台湾旅行 排骨大王 店頭台湾旅行 排骨大王 店内台湾旅行 排骨大王1







麺のお店でとっても美味しかったのは、台北駅から少し南にいったところ城中市場の周辺にある“排骨大王”という地元の人もよく利用する庶民的なお店
排骨(バイコー)の麺が一番有名らしいですが、私は、写真に写っているつけ麺がかなり気に入りました
味の濃い目の麺を、鶏でとった出汁のさっぱりスープにつけながらいただきます。
食欲もあまりなかったはずなのに、美味しくて全部食べてしまいました〜

台湾旅行 青葉1台湾旅行 青葉2台湾旅行 青葉3






そして、今回の台湾旅行の一番の目的は、台北に赴任中の夫の後輩(私にとっても、知り合い)に会いに行くこと!
その知人が夕食に連れて行ってくれたのが、台湾料理のお店“青葉”
このお店が美味しくて、とっても気に入りました

お写真は左から、菜補蛋という卵焼きと、空心菜の炒め物、鶏肉を蒸した白片鶏というお料理です

台湾旅行 青葉4台湾旅行 青葉5台湾旅行 青葉6






そして、牛肉の炒め物、ヘチマと桜海老を使った桜花蝦絲瓜、おまけで出してくれたデザートです
ヘチマの炒め物と、鶏肉のお料理が特に美味しかったです
紹興酒1本、台湾ビールも1瓶飲んでしまったにもかかわらず、一人2000円くらいと、とってもリーズナブル
そのほか、このお店ではお粥が美味しいのだとか!
おなかにまだ余裕があったら、お粥も食べたかったです。

次回chie担当の日曜日は、宿泊したホテルとその周辺の様子を紹介します今回宿泊したところが本当に大満足でしたので〜

blogranking_banner一回のクリックで、このブログへの投票になります!是非クリックお願いします

chie  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 00:05Comments(2)TrackBack(0)

2008年08月24日

台湾へ旅行してきました!《その1》台湾の観光地編♪

18日〜夏休みをいただいて、台湾へ行ってきました
3回にわたって、今回の台湾旅行で体験した観光地、美味しい食事、宿泊地をそれぞれご紹介しま〜す♪

さて、今日は台湾の観光地、見どころについて

台湾に行ったのは、今回が初めて。
台北の街を見ていて思ったのは、新しくて綺麗な高層ビルがあると思えば、古くからのアパートメントが修繕せずに建っていたり、新旧のものが混在している場所であること

タクシーは、初乗りが70元(約250円)でとっても安い
タクシーだけではなく、電車、地下鉄も20元〜(約75円〜)と、交通費がとっても安くて移動が便利!

台湾旅行 故宮博物院台湾旅行 故宮博物院の庭園 至善園台北で最も大きい博物館は、国立故宮博物院。
もともと北京の紫禁城に創設された博物院にあった文物が、1949年頃中国国内の内戦から避けるため台湾に運ばれ、現在の場所(士林外双渓)に博物院ができたそうです。
この故宮博物院の所蔵品は、現在65万点もあり、じっくり見て廻ると何時間もかかってしまいそう一日中楽しめます。
日本が弥生時代に入る遥か昔から、中華文化では美しい青銅器や陶器、書があって、1960年代以降にもなると大変細かく彫られた彫刻や美しい調度品、きらびやかな絵の描かれた陶器がたくさんありました

故宮博物院の右側には至善園という庭園もあり、庭園をゆっくり散策するのも素敵です

台湾旅行 台湾民主記念館台湾旅行 台湾民主記念館の庭園そして、台北駅の南部、中山区にある台湾民主紀念館(旧中正紀念堂)は、台湾を治めた蒋介石総統を記念した建物。
青い八角形の屋根に白い壁がとても美しいです
紀念館に上がる階段は、89段。これは、蒋介石が亡くなった年齢が89歳だから。
この台湾民主紀念館の左右にある庭園もとても美しく整っていて、どこから写真を写しても綺麗でした

台湾旅行 国父記念館そのほか、中山公園の中心にあるのは国父紀念館。こちらものんびりするのに良い場所この紀念館は、孫文の生誕100年を記念して建てられた建物です。
私たちが行ったのは平日の夕方でしたが、仕事を終えた地元の人が集まってダンスの練習をしたり、犬の散歩をしていたり、にぎやかで穏やかな場所でした

台湾旅行 士林の夜市1台湾旅行 士林の夜市2どこよりも台湾の活気を味わえるところといえば、夜市です
夜市は、台湾市内の色々な場所にありますが、写真は士林の夜市。
士林の夜市は、一番大きい夜市で、ものすごい活気と熱気
小物や靴がとても安く売っていて、私の戦利品は、サンダル95元(約350円)と、ピアス150元(約500円)など
小物のほかにも食べ物が安くありますが、私は臭豆腐などの食べ物の匂いが苦手で、あまりゆっくり居ることができませんでした

台湾旅行 九ふん(にんべんに分)1台湾旅行 九ふん(にんべんに分)2時間があったので、台北から少し離れた九ふん(にんべんに分)にも足を伸ばしました。
九ふんへは、台北から車で40分〜60分くらい
1890年代に鉱山が見つかり、ゴールドラッシュに沸いたものの、今はまた小さな町に戻っています。
山間にある町なので、坂や階段が多く、お土産屋さんや食べ物店が並ぶ道もとても細く、雑然としています。
写真からもわかりますが、宮崎監督の「千と千尋の神隠し」のはじめのシーンに出てくる町並みに似ています

台湾旅行 九ふん(にんべんに分) 茶芸館1台湾旅行 九ふん(にんべんに分) 茶芸館2台湾旅行 九ふん(にんべんに分) 茶芸館3





九ふんの町のところどころに、見晴らしの良い茶芸店があり、私たちも立ち寄りました
茶芸店は、通りの賑やかさや溢れる活気から離れた落ち着いた店内。
ゆっくり台湾のお茶やお茶菓子を味わいました。
お茶菓子の中でも、中央写真の左側に移っているお茶菓子は、台湾独特のもので美味しかったです甘いお芋を白玉のような食感に茹でた素朴なお団子。芋園山や、地瓜園というそうです。

台湾旅行 林森のマッサージ店 豪門世家(ダイナスティ)台湾に旅行したら、絶対行きたいなぁ!と思っていたのが、マッサージのお店
色々なマッサージのお店があるようですが、豪門世家というマッサージ店に行きました!
ここは、タレントの志村けんさんも来るお店なんだとか。
2時間で2000元(約7500円)、1時間半で1500元(約5600円)で、全身マッサージが受けられます
腕、背中のオイルマッサージや、蒸しタオルでのマッサージだけではなく、マッサージ師さんが背中やお尻、足の上に乗っかって、マッサージを行います
歩きつかれた体を休めることができました。

次のchie担当の水曜は、台湾で美味しかったお店をご報告します

豪門世家理容名店(マッサージのお店)
台北市林森北路410 地下1階

blogranking_banner一回のクリックで、このブログへの投票になります!是非クリックお願いします

chie  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 20:32Comments(0)TrackBack(0)

2007年08月24日

ペニンシュラ バンコク THAILAND!

先日、夏休みを利用してタイへ行ってきました
5日間の日程で思いっきりリフレッシュできました

ペニンシュラ 外観ペニンシュラ プールタイ 室内












タイといえば世界トップクラスの最高級ホテルが軒を競って集まっている都市。
日本にも進出していないホテルが数多くあり、
今回ホテルを選ぶのにも相当な時間をかけて迷いに迷いました
チャオプラヤ川を挟んで多くの高級ホテルが乱立し、その景観だけでも圧巻です

そして滞在したホテルは日本でもまもなく1週間後にオープンするペニンシュラ バンコク

ホテルの室内も要所要所に蘭が飾ってあり、
言うまでもなく重厚ですばらしいお部屋。
そして文句なしのホスピタリティ。
リビングと寝室が別室になっていて、あまりにも居心地が良いので
最終日はずっとホテルで過ごしました。
プールで泳いだりアフタヌーンティを楽しんだり
就寝前はペニンシュラのエステ(ESPA)を堪能したりお食事したり

チャオプラヤータクシーウィークエンド








物価も安く、タイシルクの素敵な雑貨をたくさん買ったり
マーケットで値切りを体験してみたり、お買い物が本当に楽しい国です。
お食事は屋台やホテルで大好きなタイ料理を思う存分食べつくしました
象アユタヤアユタヤ2







アユタヤでは初めて象に乗ってみました
とても暑い毎日でしたが日本と比べると、まだ過ごしやすかったです
全てフリータイムだったので毎日ハードなスケジュールで
遺跡や仏像など一通り見物し行きたいところはほとんど行けたので
とても満足でした。
花フルーツスパ







中でも、毎晩一日の締めにエステ&マッサージに通いました。
90分で3000円ほど、だけど本格的な全身エステ&マッサージを受けることができ
しかも深夜までやっているので遅くなっても予約していれば行くことができ
それは毎日のお楽しみでした
タイでいいなぁと思ったのがいたるところにさりげなくお花が飾ってあること。
蘭を始め、鮮やかな色のお花が溢れていました♪
また、フルーツが美味しいこれもとても嬉しかったです!

ベッドサパークラブというバーに行ったり(丸いピンクのカプセルのような建物)
バンヤンツリーの天空バーに行ったり(タイの夜景が一望できました)
若者たちの集まる場所にも足を運び、活気あるバンコクの夜もまた楽しかった〜

ベッドサパーバンヤン







想像以上に楽しかったバンコク、もっと時間を割いて
また行ってみたいと強く思いました
好きな国のトップに上がる勢いで、とてもいい国でした
また他のホテルにも泊まってみたいです。
そして、日本のペニンシュラも楽しみですね

blogranking_banner←ランキング今日もクリックしてね

はな。
  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 11:37Comments(3)TrackBack(0)

2005年11月28日

香港の玉器市場

行ってまいりました香港。
夜景もきれいだったし、食べ物もおいしかった〜

中でもおススメなのが、九龍のほうにある玉器市場(ジェイドマーケット)。
珊瑚やターコイズ、めのう、オニキス、パールなどいろんな石を売っている市場なんですが、ネックレスやイヤリングに加工もしてくれます。

日本で買ったらウン万円もしてしまうものが、数千円で買えてまうかなりお得な市場です
但し、自分の好きなデザインにしてもらうには、上手な広東語か、デザイン画や写真などが必要。

私はそれら無しだったので、出来上がったものを買うか、身振り手振りやへたくそな絵でネックレスの長さなどを伝えて購入。でも普段はあまり買わない石のアクセサリーをいくつかお手頃プライスで買うことができてかなり満足
次にいくときは、ぜひとも写真を持っていこうっと。

nene3

waka

blogranking_banner

  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 09:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月21日

アジアな雑貨

アジアに旅行に行くと必ず買ってきてしまうのが雑貨たち

特にベトナムの雑貨は、フランス圏の文化もまざっているせいか、
色のセンスが絶妙で、ものすごくくすぐられ、大量にいろんなものを買いたくなってしまいます。

vietviet1
バリやタイのものも、植物の皮を編んだカゴやランチマット、木の箸など、かわいいものが多いです。

今日から初めて中華圏(香港)に旅行に行くので、どんな雑貨たちが待っているのか楽しみ

waka

blogranking_banner


  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 09:22Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月29日

欲しくても手に入らない韓国コスメ

韓国旅行ネタをもうひとつ

kankokucosme今回の旅行でコスメ商品を3つ買いました。
LANCOM(ランコム)のアイライナー LE CRAYON KHOL(クレヨンコール)のグリーン色。
SKIN FOOD(スキンフード)のEye Glimmer Stick(スティック状アイシャドウ)の薄いグリーン色。
SwissPure(スイスピュア)のMoisture Lipstick(口紅)の淡いピンク色。
の3つです。
どれも色がキレイでとてもいい感じです

ランコムのアイライナーは日本を発つ時の免税店で、残り2本は韓国の明洞(ミョンドン)で買いました。
韓国は始めてだったのですが、明洞(ミョンドン)など繁華街は本当に日本のそれと変わらなくて、オシャレなお店がたくさんありました。
韓国独自のお店もたくさんあって、SKIN FOODとSwissPureもそれらのひとつです。

実はSKIN FOODでは店頭でサンプルを配っていて、それに釣られてお店に入ったのですが、後でそのサンプルを使ったら、それがとっても良くって、本製品が欲しくなりました。

その商品は、黒砂糖をベースにしたスクラブジェルのようなものです。
名前は「BLACK SUGAR 〜(なんとか)」と言います。(最後の方は忘れました)
洗顔後、顔全体に伸ばして軽くマッサージしてから洗い流すんですけど、洗い流しているときから肌のすべすべもちもち感を実感
次の日、朝起きてみたら本当に肌がもちもちして、化粧のノリが違いました

ところが、韓国にしかないので手に入りません

インターネットでホームページを見てみたのですが、新製品のためかまだ掲載されていませんでした。
(ちなみに全部ハングル語なので、何が書かれてあるかはさっぱり分かりません。英語の製品名のみで探しました)

手に入らないと思うと、余計欲しくなります〜。む〜
日本で売ってたりしないのかな?

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 02:16Comments(4)TrackBack(0)

2005年09月24日

梨泰院(韓国)のアンティーク通り

韓国に行ってきました!
(おとといもブログアップしているのにいつの間に?という感じですが、おとといは予約アップしました。)

antique米軍基地があり日本人以外の外人も多い梨泰院(イテウォン)エリアに宿泊したのですが、もともと有名と言われている革製品より、洋風アンティークのお店たちに興味が惹かれました

クラウンホテルの裏から続く坂道の両脇には、個人で経営しているようなかわいらしい洋風アンティークのお店が軒をつらね、韓国にいることを忘れてしまいそうな雰囲気です。

テーブル、チェアー、タンス、ランプ、テーブルクロスといろんなものが小さなお店にいっぱい整頓されて飾られており見ているだけで楽しいです

ルイ○世の時代の人が使っていそうな曲のついた脚の布張りチェアーなどは一層雰囲気をかもし出していました

post2ポストもこんなキュートなのがありましたよ

並びにある今風のカフェには韓国の若い女の子が楽しそうにご飯を食べていました。

韓国って看板の言葉がなければ、日本の街並とほんとうによく似ています。

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 21:59Comments(0)TrackBack(0)