2014年09月19日

アメリカ旅行/ディナー

アメリカ旅行、とうとう最後の記事です
ずいぶん時間がかかった。。。

最後は、ディナーの紹介

初日はラスベガスのホテルレストランで
ホテル&朝食の記事でも紹介したサーカス サーカス ホテル&カジノのレストランで、実は朝食と同じレストラン。
形式も一緒で、ビュッフェです。
しかし
ホテル到着が遅れた上に、ラスベガス夜景観光のオプションを入れていたため、夜ご飯を食べる時間が20分ほどしかなかった。
ビュッフェで取り分けしてたりしたら、実質食べる時間は10分くらい
初日は、写真を撮っている余裕もなかったのでした。。。とほほ
朝食も種類は充実していましたが、夜は、さらにメイン系の料理が充実していました。


2日目も、ブライスキャニオン地区で泊まったホテルレストランで。
寒くてたまらなかったブライスキャニオンリゾートホテルです。
IMG_5875IMG_5874
こちらではサーモンが出ました。
旅行唯一のお魚
添えられているポテトを見て、中欧5カ国旅行を思い出しました
IMG_5877
デザートはアップルパイでした。


3日目は、BUTTER FIELDというステーキハウスレストラン。
アメリカと言ったらやっぱりステーキですものね。
IMG_6020IMG_6019
でも、想像と違うステーキが出てきました。
なにやら四角いです。
食べてみると、香辛料の味付けで独特
(これはツアー参加者の中で、賛否が分かれてました。美味しい!という人と、ちょっと…という人と)
そして、写真だと分かりづらいですが、なにげに量が多いです。
肉も分厚くて、とても全部食べられない・・・
やっぱりアメリカ人って大食いなんですねぇぇ
IMG_6021IMG_6023
デザートはアイスクリームでした。


4日目は、グランドキャニオンで泊まったザ グランド ホテルのレストラン。(改めてみると今回はホテルレストランが多かった)
IMG_6247IMG_6249
IMG_6250IMG_6252
そして、ここもステーキ。
しかも、3日目より大きい分厚い
じゃがいもも丸ごとでかい
アメリカンサイズです〜。うわーん、全然食べきれない〜
でも、このお肉はけっこう美味しかったです
アメリカのステーキは安くて美味しいって聞いたことあったけれど、こういうことかしら、と思いました。
IMG_6246IMG_6256
デザートはティラミスで、これまた特大でした
ここでは、生演奏もありました。


5日目は、オプションでつけたラスベガスのFOGO DE CHAOのシュラスコディナー。
IMG_1903IMG_1905
IMG_1906IMG_1908
IMG_1909IMG_1902
これが本当に美味しかったーー
野菜類は写真に出ている分で、お肉は食べ放題でした。
お肉は4種類あったのですが、どれを食べても美味しい
とくに写真の真ん中(ポテトの横)のステーキ肉が、とにかくジューシーで自然な甘みがたっぷりで美味しかった
野菜も育ちのいいしっかりした野菜。
やっぱり、別料金払って食べると美味しさが違うんだなぁぁ。
店内もモダンで清潔で、大人な感じのインテリアでした

私たちはツアーだったので、別室で、野菜もデザートも別途用意されていたのですが、たぶん個人で来ると、野菜類も肉もデザートもビュッフェ形式で食べ放題だと思います。
サイトで調べた限りでは、50$のようですね。


6日目は、ロスの中華街で、中華料理をいただきました
IMG_6640
でも、厳密にいうと、中華街正門の前の中華料理やさんで、中華街には入ってないのですね。
ここでもたくさんの種類の料理が出て来て、お腹ぱんぱん
IMG_6626IMG_6629
IMG_6631IMG_6632
IMG_6633IMG_6634
IMG_6635IMG_6636
IMG_6637IMG_6639
写真を並べてもすごい量です。笑。
味のほうは、中華はだいたいどこに行ってもそうですが、安定した美味しさでした。


7日目は、飛行機の中なので、以上です。

長々と読んでくださいましてどうもありがとうございました

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  



Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月05日

アメリカ旅行/ランチ

やたら紹介するのに時間がかかっているアメリカ旅行
今日はランチ紹介です
次のディナー編で最後です。
しばしお付き合いくださいませ・・・

初日はランチがなかった(ロスのスーパーで買ってバスの中で飲食だった)ので、2日目から。
ザイオン国立公園に行く手前で食べたハンバーガー
IMG_5779IMG_5780
早速出てきました。アメリカお決まりのハンバーガーです
写真では意外に小さく見えますが、けっこう肉厚で食べ応えあります。
ポテトもしっかりしてました。

IMG_5783IMG_5785
ロッジ風のレストランで、ザイオンの岩々が駐車場から見えます。
一生懸命写真を撮ってたら、ガイドさんにこれからもっとすごいのが見える現場に行きますよ〜と笑われました

3日目のランチは、コーラルピンクサンドドューンズからホースシューベンドに向かう途中で入ったレストラン
IMG_5924IMG_5932
ムービーセットミュージアムという、実際に使われた映画のセットが置いてあるギャラリーに併設されていたレストランでした。(写真に添乗員さんとガイドさんが・・・)
西部劇でよく見る帽子を貸してくれるのでそれをかぶって、セットと一緒に写真が撮れます。
カウボーイ気分を味わえるレストランでした。

4日目は、モニュメントバレーの中で食べたランチ
IMG_6165IMG_6164
これはモニュメントバレーの紹介のときに書きました。
とにかくシチュエーションにテンションアップ
タコスも美味しかったです。(詳しくは、モニュメントバレーの記事で)

5日目は、セドナのフードコートで。
IMG_6370IMG_6371
私が食べたのはピザ(マルゲリータ)とドリンク
私はあまり水分が取れないのですが、アメリカはこれが普通サイズ(というこかこれより小さいのがなかった)かつ、お代わり自由。
ひー、いったいみんなどれだけ飲んでるの〜
窓からはセドナの景色が一望
とっても気持ちがよいです。
以前、六本木ミッドタウンのニルヴァーナ ニューヨークの記事でも書きましたが、外国人ってテラス席好きですよね
ツアーの日本人のみなさんは、全員屋内でした。笑。

6日目は、ラスベガスからロサンゼルスに向かう途中のIn-N-Out Burgerで。またもやハンバーガーです。笑。
IMG_6470IMG_6469
カルフォルニア州発祥のハンバーガーチェーン。
もともとは、ある家族が始めた1軒のハンバーガー屋さん
それが急成長して、アメリカ5つの州で280店舗まで広がっています(現在も拡大中)
創業以来作り方は変わらないそうで、具材の鮮度に相当こだわり(ココにいろいろ書いてます。)、注文してから調理をして出来立てを出してくれます。
それでいて、200〜300円とお手頃。
ハンバーガーは、"ハンバーガー"、"チーズバーガー"、パティとチーズが二枚ずつ入った"Double-Double"の三種類のみ。(裏メニューはけっこうあるようです)
私たちがいただいたのは、チーズバーガー
トーストされたバンズの中に、オニオン、アメリカンチーズ、100%ビーフパテ、レタス、トマトが挟まっています。
うん、確かに美味しい
店内はほんとに混んでました

7日目は、機内食でした。

ランチ編は以上です。

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月29日

アメリカ旅行/ホテル&朝食

アメリカ旅行、今日はホテル&朝食の紹介です
朝食は必ずホテルで摂るので、まとめて一緒に紹介することにしました。


ラスベガス/サーカス サーカス ホテル&カジノ
ここはグランドサークル(アメリカの大自然エリア)に向かうときと帰ってきたときあわせて2泊しました。
ラスベガスの紹介のときにも少し書きましたが、客室数は3,773
客室数の多さでは世界で15番目、ラスベガスで10番目の規模のホテルです。
館内で無料サーカスも披露しています。
2泊もしているのに、あれれのれ、お部屋の写真をどうも撮り忘れたようです・・・
お部屋は普通だった印象ですが、ここがよかったのは朝食の種類の豊富さ
IMG_5742
IMG_6443IMG_6444
生サラダから温かいおかずまで今回の旅行で一番種類が多く満足でした


ブライスキャニオン地区/ブライス キャニオン リゾート
IMG_5892IMG_5894
ここのホテルはちょっと寒くて厳しかった
旅行したのは5月だったのですが、ブライスキャニオン地区は標高2,600m
夜も朝もとにかく寒い
それなのに、お部屋の入り口がすべて外にあるんです
例えるとアパートの入り口みたいな感じです。
朝食も夜ご飯もホテルのレストランで食べたのですが、そのレストランも外に出ないと行けない
IMG_5889IMG_5888
寒いよ〜と震えながら移動です。
朝食は、ベーコンと卵とポテトの王道3種類でした。
そしてなぜか(だからこそ)こういうホテルに限って、お風呂のお湯が出ない
タンクにたまった水を温めるボイル式?だから、一度にみんなが使うとすぐお湯がなくなって、次のお湯ができるまで時間がかかってしまうのです。
寒いのがとっても苦手なので、これはちょっときつかったです


ペイジ/コートヤード バイ マリオット ペイジ アット レイク パウエル
ホースシューベントアンテロープキャニオンの近くのホテルです。
IMG_6025IMG_6029
ここは雰囲気がよかった
個人的には一番気に入ったホテルです
お風呂のお湯にもつかれてほっと一安心(笑)
IMG_6048IMG_6049
IMG_6037IMG_6041
ちょっぴりアラブっぽい印象も感じる外観やロビー。
気に入っただけに写真もやたら撮っています。
IMG_6034IMG_6035
朝食は野菜ものがなかったのがちょっと残念ですが、朝日が入ってくるシチュエーションがとても気分よかったです


グランドキャニオン地区/ザ グランド ホテル
IMG_6234IMG_6235
フロントに動物の剥製が飾られているなど、ちょっとワイルドな感じのホテル。
IMG_6237IMG_6238
お部屋は、ちょっとシックな落ち着いた色調で大人な感じ。

IMG_6274
IMG_6272IMG_6273
朝食の種類はそんなに多くなかったです。
ちょっと甘系のものが多かった印象。
馬蹄を使ったインテリアがちょっと面白かったです。
ここでは夜ご飯も食べたのですが、ディナーは後日まとめて。


ロサンゼルス/ラディソン ホテル ロサンゼルス ミッドタウン
IMG_6641IMG_6643
ロサンゼルスのホテルは、都市にあるらしいシンプルな内装。
全体的な設備はここが一番安定感ありました。
IMG_6647私がうきゃーと反応してしまったのが、お部屋にあったこのイームズラウンジチェア&オットマン。
イームズ夫妻の友人であったハリウッド映画監督、ビリー・ワイルダーのために作られた椅子。
さすがロサンゼルス。
ここにあってこそです。
夜も朝もこの椅子に座ってうだうだしてしまいました。

これはホテル外観。
IMG_6671
IMG_6663IMG_6661
朝食レストランは、別棟にありました。
赤いチェックのテーブルクロスがかわいらしかったです
クロスがかわいいと料理もなんかおしゃれに見えます


ホテル&朝食編は以上です

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月15日

アメリカ旅行/ロサンゼルス

アメリカ旅行、今日はロサンゼルスの記事です

カリフォルニア、ロサンゼルス、ハリウッド、ビバリーヒルズ、サンタモニカと聞いて、みなさんはどれがどういう位置関係にあるとか分かるでしょうか
わたしは、何がなんだか全然分かっていなくて、全部横並びくらいに思っていたのですが、

カリフォルニア→州
ロサンゼルス→群&市 (カリフォルニア州の中にロサンゼルス群があり、ロサンゼルス群の中にロサンゼルス市がある)
ハリウッド→地区 (ロサンゼルス市の中の一地区)
ビバリーヒルズ→市 (ロサンゼルス群の中の市)
サンタモニカ→市 (ロサンゼルス群の中の市)

のような感じで、全然横並びじゃありませんでした
銀座で例えると、カリフォルニア=関東、ロサンゼルス=東京都&中央区、ハリウッド=銀座みたいな感じでしょうか(ちょっと強引

なので、ハリウッド行って来たよ〜=ロサンゼルスに行って来たよ〜になるのですね。ははは

訪れた順番に紹介。

まずはサンタモニカ
IMG_5687IMG_5692
IMG_5691IMG_5678
サンタモニカは、海沿いの都市。

明るく開放的で生活している人たちが自然体な感じ。
日本でいうと湘南。(もちろん湘南がこっちのマネをしているといったほうがよいのだろうけど)
日本でもロンハーマンなど西海岸系ブランドが人気ですが、まさしくこの空気から生まれたのね〜という感じです。

でもショップなどを覗いている暇はなく、滞在時間は20分程度。
IMG_5683IMG_5688
ガイドさんからは、先日紹介したルート66の終着点として案内されました。
この奥に延びている道がルート66だったところ。

余談ですが、アメリカに行く飛行機の中で、映画を3本みました。
そのときに「ジャッジ」という日本映画を観たのですが、それの舞台がサンタモニカ
ツアーの中にサンタモニカが組み込まれていることに気づかずに渡航したのですが、到着したらその場で向かった先がサンタモニカだったので、ちょっとびっくりしました


次は、ハリウッド

アカデミー賞授賞式が行われるドルビーシアターとその前の階段。
IMG_6497
IMG_6503IMG_6508
この階段にレッドカーペットが敷かれます。
脇の柱には、歴代のアカデミー賞・作品賞の名前が掲げられています。

チャイニーズシアター広場の俳優・女優たちの手形・足形
IMG_6512IMG_6520IMG_6521
IMG_6522IMG_6523
どの手形・足形もすごい有名な人たちばかり。
必ず本人がここまで来て形を取っています。
ただ、唯一ひとりだけ死後に形が取られた人がいます。
それはマイケル・ジャクソン
IMG_6532
彼の子供達が、彼の靴と手袋を持参して形を取ったそうです。
王道観光でした

今回、それ以上に惹かれたのは、ハリウッドのメイン通りにセッティングされていた、マレフィセントのワールドプレミアの準備風景
IMG_6567IMG_6569
おおお、こんなタイミングめったにないんじゃないのかしら〜と、待っている人に聞いたら案の定アンジェリーナ・ジョリーが来るとのこと
時間を確認したら2時間後・・・。
フリーだったら絶対待っちゃうのですが、ツアーに乗っている私たちには無理でした。その時間は夕食の時間です
後で調べたらブラピも一緒に登場したみたいでした。あああ、惜しかった・・・

モデルプレスの記事はこちら
ディズニー映画「マレフィセント」LAプレミア現地レポ アンジー&ブラピ登場でハリウッド熱狂


そして、ビバリーヒルズ
IMG_6597IMG_6598
IMG_6593ただ、ビバリーヒルズは、降りていないんです。
バスで通っただけ。
いちおうここもツアーに組み込まれてわざと通っているのですが、まあ、ちょっとだけ雰囲気を確認したのでした。

プリティウーマンの映画にも出てくる、有名なショッピング通り「ロデオドライブ」も通りました。
IMG_6607

あと今回ロスで印象的だったのが、紫のジャカランダの花。
IMG_1915IMG_6670
街中のあちこちで、満開になっており、とってもきれいでした
日本でいう桜みたいな感じかしら。
世界3大花木のひとつです。


アメリカの観光スポットの紹介は以上で終了です
次回は、朝食やランチ、ディナーについて書きたいと思います

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月08日

アメリカ旅行/ラスベガス

アメリカ旅行、今日はラスベガスです
これまで大自然どころを紹介してきましたが、あとは都市の紹介となります〜

ラスベガスといえばカジノ
すごいきらびやかで派手な街並をイメージしていたのですが、意外にも思ったよりはすごくなかった。
もちろん派手なのですが、私の事前の想像のほうが行き過ぎていました。笑。

行って気づいたのですが、カジノって、大きなカジノ会場が2〜3つくらい単独で存在しているのかと思ったら、あらゆるホテルに併設されているんですね

しかも数千室単位の大型ホテルに、広大なカジノフロア、スパ、ショッピングモール、レストランなどがフル装備されていて、ホテルから一歩も出なくても1日を過ごせるという・・・。

ちなみに私たちが泊まったホテルは、サーカス サーカス ホテル&カジノ
客室数は3,773
客室数の多さでは世界で15番目、ラスベガスで10番目の規模のホテル。
つまりラスベガスには世界の大きなホテルのほとんどが集まっていているのですね

サーカス サーカスは、ラスベガスでは小さいほうなので、他のホテルに比べると、ホテル内で迷うということも少ないと思いますとガイドさんは言ってました・・・

でも、カジノは一切やりませんでした
というのは、もともとアメリカの大自然巡りが目的で、ラスベガスは中継地だったため、そんなに長居をしなかったこと。
あと、行きと帰りで2晩泊まったのですが、どちらも夜にオプションコースを入れてしまったので忙しくてカジノなどやっている暇がなかったためです。

で、今日はそのオプションで回ったラスベガスを紹介ですー。

まずは、ラスベガスの中心的な大通りフリーモントストリートで行われる「フリーモント ストリート エクスペリエンス」
IMG_5708
通りを覆うアーケードが、1250万個のLEDで出来ており、約5分にわたる光と音のアトラクションが毎晩一時間ごとに披露されています。
もちろん一般の通りなので、鑑賞は無料

見る時間によって映像内容は変わるのですが、私が見た映像は、古きよきアメリカをテーマにしたような感じの映像でした。
(私的には、ちょっと古っぼったい印象だったかなぁ。すみません・・

通りはなんとなく道頓堀を彷彿とさせました。笑。
IMG_5709IMG_5716


次は、ベラージオホテルの噴水ショー
IMG_1779
15分〜30分間隔(曜日時間帯により異なる)で行われる噴水ショーで、ホテルの前の大きな池?で見る事ができます。
こちらも無料で、ホテルまで来れば誰でも見れちゃう

この噴水はすごかった
とってもきれい〜

2009年にドバイに行ったときも噴水ショーを見ましたが、たぶんドバイはこのラスベガスを真似したのだと思います。

近くに、火山の演出で有名なミラージホテルがあるのですが、ホテル創建時はどちらも同じ人がオーナーで、ラスベガスのホテル王と言われているSteve Wynnさん。
ガイドさんの説明では、目が悪かったのだけどアイデアが独創的で、1代でホテル王になったすごい人のようです。


次は、ストラトスフィアタワーからの夜景眺め(有料)
IMG_5730IMG_5733
夜景もきれいです〜。
が、夜景といえば東京も実はきれい。
なので、そんなに思ったほど感動しなかったです。
(たぶん、東京の夜景は世界でもトップクラスのすごさなんじゃないかなぁ

それより私がびっくりしたのは、タワーの上に設置された3種類の絶叫マシン
たとえばこれ、展望デッキの外に飛び出す 「X SCREAM」。
IMG_5736IMG_5727
暗いので写真がぼけちゃっていますが、ほんとにはみ出ています
高さ300mですこのまま落ちちゃいそうです
階下の展望台からもはみ出てるのが見えてびっくりしました

ほかにも、さらに高く真上に人間が放出される「THE BIG SHOT」や、デッキの外で回る回転ブランコ 「INSANITY」などもう乗るだけで恐怖間違いなしのマシンがありました。
やっぱり怖過ぎるからか?そんなに並ばなくても乗れるようです。
(私は絶対に乗りたくないですー

面白いのは、タワーって普通タワーだけですが、ラスベガスではこれもホテルに併設されている一施設となっています。
なので、ここにもカジノが入っています。
とにかくホテルが人を呼び込むためにいろんなアトラクションを用意しているのですね

そういえば私たちが泊まったサーカス サーカス ホテル&カジノでは、サーカスを無料で披露しているようでした。
見る時間なかったけど。。


最後の紹介は、レビューショー
オプションの説明にはレビューショーとしか書いてなく、タイトルも分からなかったのですが、現地に行って初めて分かったのは、1981年からロングランしているラスベガスでも有名なトップレスのレビューショー「ジュビリー」でした。

トップレスと聞いて、オプションに申し込んだ人、みんなびっくり(男性の方は内心喜ぶ

百人くらいのダンサーが出てくるのですが、半分くらいの人がトップレスになっています。
トップレスといっても、宝塚のように豪華な衣装を身にまとったり、華やかな舞台があれもこれもと変化したり、ダンスのレベルもとても高かったりと一流のエンターテインメント
全然イヤらしさはなく、むしろお客さんの6割くらいが女性という、明るく鑑賞できるレビューショーでした
(撮影は禁止なので、写真はありません)

しかしみなさんスタイルよすぎます。
アメリカって外を歩いている人は、ぷくぷくに太っている人がたくさんですが、こういう世界にいる人のスタイルはほんと完璧。
半年に一度オーディションをして随時メンバーを変えているとのこと、厳しい世界です

そんな感じで、ラスベガスでは、カジノを1度もしないで過ごしました〜

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月31日

アメリカ旅行/ルート66

アメリカ旅行、今日はルート66の紹介です

IMG_6417IMG_6418
IMG_6404IMG_6413
ルート66とは、アメリカの昔の国道66号のこと
シカゴとサンタモニカを結んでいたアメリカの代表的な道路で、映画や音楽に数多く登場する有名な道路なのです。(と言っても私もよく知らなかったのですが

1980年代に、より便利な道路が他に出来て、そちらが国道になってしまったので、国道66号は廃線になってしまったのですが、今でも州道だったり、郡道、市町村道、私道となって残っていて、ルートの80%以上は車でたどることができます

とくにバイカーには憧れの道路で、ここを走ることを目的にアメリカ横断する人も
私たちがルート66を走ったのはほんの一部ですが、ハーレーダビットソンに乗ったバイカー集団に何度か出会いました

廃線当時、ルート66が廃れていくのを運動で守ったのが、エンジェル・デルガディロさんという方。
保護・保全活動をして、ルート66をアリゾナ州の史跡として認定させます。

同時にギフトショップ(兼 理髪店&博物館&観光案内所)「ANGEL & VILMA'S」も立ち上げ、ルート66グッズを販売
IMG_6411IMG_6402
今では、ルート66は国指定の景観道路となり、ギフトショップも政府公認のショップに
儲けよりも、道路の保全を目的としているため、グッズはとても良心的なお値段で販売されています

お店の前には、こんなかわいい車も。
IMG_6401IMG_6400
映画「カーズ」のモデルとして使われた車なんだそうです。

お店の中の写真はありませんが、ちゃんと床屋のお部屋もありました。
そこでは、無料のコーヒーもサービスされていました。

その「ANGEL & VILMA'S」で、いくつかルート66グッズを買っちゃいました
IMG_1922IMG_1926

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月26日

アメリカ旅行/セドナ

アメリカ旅行、今日はセドナの紹介です
セドナといえば、パワースポットで有名なところ

アメリカに行く前、どんなところを回るのか周りのいろんな人に説明しましたが、一番反応が高かったのがここセドナです
(みんなパワースポットに興味あるのね〜

私も勝手にセドナのイメージを膨らませていたのですが、意外にも今回周った自然系スポットの中では、一番街として栄えていた場所
IMG_6341IMG_6342
IMG_6343モニュメントバレーのように、人があまり住んでいないところに大きな岩が点在しているのかと思ったら、ちょっとした高級リゾート地のようになっていて、ホテルもゴロゴロ。
もとから住んでいる方も多くて住居もたくさん。

ただ景観を損なわないように、自然に近い色で建物が建てられています。

セドナ全体がパワースポットなのですが、その中でも特にパワーの強い場所がボルテックスと呼ばれるポイント
セドナで、4大ボルテックスと言われているのが、エアポートメサ、ベルロック、ボイントンキャニオン、カセドラルロックの4カ所です

私たちは、エアポートメサとベルロックの2カ所を観光しました

これはベルロック。
IMG_1896
そういえばベルマークの形に似ていますね。

エアポートメサは、その頂上まで車で行けてしまうというポイント。
その名のとおり、ヘリコプターの発着場があるのです。
IMG_6357
頂上にはピンクのジープが。
観光専用のジープのようです。
そういえば話は飛びますが、先日、銀座でピンクのクラウンのタクシーを見つけて、じっと見つめてしまいました



これはエアポートメサから見た景色。
IMG_6358
IMG_1898
が小さくたくさん写っています。
この家は元々ここに住んでいる方たちの家です。

ちなみにパノラマ写真の真ん中がちょっと白っぽいのが分かるでしょうか。
これは山火事の煙

私たちがアメリカに行く直前に、日本でもニュースで流れていたのですが、セドナの近くで山火事が発生。
アメリカの山火事は規模が大きいのでなかなか消えず、数日間燃え続けたんですね。
私たちも現地で、もしかするとセドナが煙で包まれているかもしれない・・と言われたのですが、ぎりぎり大丈夫でした

実は、セドナに行く途中、本来の道が封鎖されていて、違う道を通って行ったんです。
そのときも、煙に包まれたエリアがあって、これは大丈夫かしらと心配になったのですが、着いてみたら快晴でほんとよかったです

写真は、煙に包まれたところと、包まれていない道の様子。
IMG_6390IMG_6329

IMG_6371あと、ここではフードコートでランチを食べたのですが、フードコートからもセドナの景色が一望できて、いい感じでした
(ランチの内容はまた後日、食事編でまとめて紹介)

世界中にパワースポットと呼ばれているところはたくさんありますが、共通しているのは、その土地にクリスタル(水晶)が多く含まれていることなんだそうです。
セドナの赤い土を拾ってかざしてみると、確かにキラキラ
占い師さんといえば水晶がつきものですし、水晶って何かあるのでしょうね。

セドナも敏感な人は、身体が中から熱くなったり、じんじん何かを感じるようですが、
ちなみに私は、よく分かりませんでした

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi

  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月19日

アメリカ旅行/グランドキャニオン

アメリカ旅行の続き、今日はグランドキャニオンです

モニュメントバレーから直線距離で約220km
景色も一変します。
赤い岩が印象的な荒野から、生い茂っているとまではいかないけれども、緑が一面にある土地へ。

IMG_6203

大きいとは知っていたけれど、どのくらいかは曖昧だったグランドキャニオン
ガイドさんの説明によると、端から端まで入れるとなんと四国くらいの大きさなんだそうです。
四国って・・

私たちは、サウス・リムというグランドキャニオンの南側から観光しました。
上の写真は、ブライトエンジェルロッジからの眺めです。

谷の深さは、約1.5km。(スカイツリー2本&東京タワー1本分)
谷の底では、コロラド川が(写真の)左右に流れているはずなのですが、ここからは岩陰に隠れて見えません

こちらの岸から向こうの岸までの距離は約16km
16kmって、東京駅から西荻窪を超えるくらいの距離です
向こうの山の頂上のように見えるところは、私たちがこちら側で立っているのと同じ大地で、その間がすっぽり谷になっているのですね。
東京駅と西荻窪の間が、すっぽり谷になっている・・・ということです

ガイドさんも言っていたのですが、あまりにも巨大すぎると、深い谷でも全然怖くないんですね〜。
遠くの山を見ているみたいなんです。
これがきっと、向こうまでの距離が短くて、深さ1.5kmだったら、きゃ〜怖いって感じなのでしょうけど・・・

そして、広大すぎるためにどこから写真を撮っても同じような写真になってしまう。。

グランドキャニオンは、夕方一度見学した後、翌日、朝日も見に行きました!
またもや早起き
そして気温は4度です。(ブライスキャニオンよりは温かい・・)

IMG_1857IMG_1859IMG_6264IMG_1860
IMG_6266

朝日は、マーサーポイントと呼ばれるところから見ました。
雲ひとつない快晴で、みごとに陽が上っていきました。
日本の東側にしか住んだことがないので、日の出は基本海からなのですが、なんとなく山の多い日本に馴染んでいるのか、山からの日の出にも違和感なく鑑賞していました。

そして、その後ヘリコプターに乗ってグランドキャニオン遊覧も
初ヘリコプターです

IMG_6289IMG_6294

ヘリコプターは6人乗り(パイロット入れて7人)なのですが、機内の重さのバランスが大切なので、全員体重を測定されて、座る場所も指定されます。

そうしたらなんと、私はパイロットの隣、一番前の席になりました
ラッキーです

IMG_6295IMG_1869

写真も、実物の広大さがちっとも写しきれずいまいちなのですが、いちおう載せるだけ載せます・・。

IMG_1874

岸からは見えなかった、コロラド川もはっきり見えました

IMG_1877IMG_1881
IMG_1884IMG_6310

グランドキャニオンは地層がはっきりしていますが、深くなるほど古い地層が現れています。
一番深いところで、なんと16億〜18億年前の地層
えええっって感じですよね。
Wikipedia先生によると、その頃地球にいたのは、ミトコンドリアや葉緑体。
三葉虫でさえやっと5億年前
そんな昔の地層が見れてしまうなんて、すごすぎます

グランドキャニオンの景色を上から見れたのもよかったのですが、ヘリコプターに乗っている事自体が楽しかった。
ヘリコプター遊覧はオプションで2万円くらいしたのですが、ここに来たら最初で最後と思って乗っておくのがおすすめです

グランドキャニオンに訪れる人は年間約440万人。
アメリカの国立公園の中では2位の来訪者数です

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 16:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月10日

アメリカ旅行/モニュメントバレー

アメリカ旅行、今日はモニュメントバレーです

前回紹介したアンテロープキャニオンから、直線で約140km
今回旅行した中で、ネイティブアメリカン居住区の一番奥地となっており、この辺りでは居住者のほとんどがネイティブアメリカン。

最初の記事で書きましたが、モニュメントバレーは、今回の旅行で最もいい意味で裏切られた場所
ガイド本の写真を見たときは、全然たいしたことなさそうと期待していなかったのですが、行ってみてびっくり、見たことのない広大な風景にやられてしまったのでした

写真では伝わらないと分かりつつも、私の撮った写真をアップ
モニュメントバレー1-2
モニュメントバレー2-1
モニュメントバレー3-1

広大な風景を見ていると、日々の細かなことが大したことないような気分になってきます。
あと、カラッとした空気に青い空、明るい風景を見ていると、なんだかパワーがみなぎってきて、何か新しいことやろうって気になるのが不思議です
アメリカでベンチャーが起業が多いのって、広い土地とか、気候とか関係あるんだろうなぁ。

IMG_6131
この写真の左に移っている3本の岩は「スリー・シスターズ(3人の修道女)」と呼ばれるポイント。
手前に写っているカウボーイ風の人は、演出です。
確か2ドルくらい払ったら馬に乗せてくれると言ってました。

ここでも、窓のないジープに乗っての移動。とってもワクワク
IMG_6122IMG_6178
アンテロープ同様、ナバホ族の案内です。

そしてここでは、ランチも食べました
屋外ランチです。
IMG_6159IMG_6161
IMG_6164IMG_6166
ネイティブアメリカンの料理「インディアンタコス」で、揚げパンにいろいろな具を乗せていただきます
デザートは手作りクッキー。
このシンプルなタコスも美味しかったし、巨大な岩のふもと、みんなで並んで食べるというシチュエーションがよかった
IMG_6165IMG_6168
なんだか逆さまに見える写真は、すぐ側にあった岩を見上げて撮った写真
大きな岩のふもとでいただいたのでした

モニュメントバレーは、映画の撮影地としても有名で「駅馬車」や「捜索者」などの西部劇のほか、「2001年宇宙の旅」「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」「フォレスト・ガンプ」「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」など数々の映画で使われています。
(来るまで全然知らなかった・・・)

アメリカ西部の大自然を回るなら、ここは絶対はずせないおすすめスポットです

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi
  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(2)TrackBack(0)

2014年07月05日

アメリカ旅行/アンテロープキャニオン

ちょっと仕事がばたばたして、1週間ほど更新が途絶えてしまいました(汗)

アメリカ旅行の続き、今日はアンテロープキャニオンです

アンテロープキャニオンはどうしたら、こんな風景が出来るのという摩訶不思議な空間。
とにかく写真を見るのが一番

IMG_1822IMG_1833
IMG_1837IMG_5978
IMG_1830IMG_1845

最後の2枚は、ある特定のポイントから見える「ハート型」と「モニュメントバレー」。

モニュメントバレーとは、この後に観光する有名なスポットですが、形がそれっぽいことから、「アンテロープキャニオンの中にあるモニュメントバレー」と呼んでいるのだそうです。


アンテロープキャニオンの入り口(左写真)と出口から見た風景(右写真)はこんな感じ。
IMG_5971IMG_6009
空間が広がっていますが、実は私が立っているところは川の底
川の底といっても、この辺は砂漠地帯なので、いつも干上がっていて水は流れていません。
長い川の一部が巨大な岩で塞がれていて、その岩の間の通り道がアンテロープキャニオンとなっています。

いつもカラカラなのですが、年に数回、上流のほうで振った雨が、鉄砲水となってすごい勢いで流れ込んできます。
その鉄砲水の勢いで、岩の内部が削られて作られたのがアンテロープキャニオンなのです

あの波打つ模様は、水が流れて出来た模様なんですね。

鉄砲水が流れ込むのは、年に4〜5回ほどとのこと。
でも、2013年は8回と例年より多かったそうです。
そして2014年は、(5月時点で)まだ一度も鉄砲水が流れこんでいなく、例年より少ないと言ってました。

鉄砲水がつくる模様なので、鉄砲水が流れるたびに、形が変わるそうです。
今見えているハート型やモニュメントバレーも次の鉄砲水次第では見えなくなることも。

IMG_6016この鉄砲水などの情報を管理して、案内していのが、ネイティブアメリカンのナバホ族。
アンテロープキャニオンに行くには、ナバホ族の方の案内が必です。
(昔、案内なしに勝手に見学してしまった観光客の方11人が、鉄砲水に遭遇して亡くなってしまった事故があるそうです)

アンテロープキャニオンがある地域は、ネイティブアメリカンの居住区で、住民の8〜9割がナバホ族というエリアです。

IMG_5968私たちも、ナバホ族の案内するこんなジーブに乗って、しばらく水のない川底を走ってアンテロープキャニオンまで行きました。

実は、窓のない車に乗るのが結構好き
ジープに乗っての移動はなにげに楽しかったです

ちなみに、写真では実物のよさが全然伝わらないアメリカの大自然ですが、唯一ここだけは、実物より写真のほうがきれいで神秘的です。笑。

本物ももちろんすごいのですが、写真は規模が大きくなく暗いものって、光の調節などできれいに撮れるんですね〜

逆に、規模が大きいものは、写真ではその壮大さが伝えきれないんですね。
壮大なものは、やっぱり本物を見に行かなくっちゃです。

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 12:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年06月26日

アメリカ旅行/ホースシューベンド

アメリカ旅行ですが、今日はホースシューベンド。

コーラルピンク・サンド・ドューンズから直線距離で約130km。

最初にも書きましたが、ここは事前に写真で見たときには、そんなに大した事なさそうと全然期待していなかったのですが、行ってみてびっくり、写真では分からない規模の大きさにどびっくりしたのでした

この写真の向こうに大きな穴が2つ見えます。
IMG_1812

近づいていって穴を覗くと・・・

IMG_1801
おおーと壮大な風景に目を見張ります。

コロラド川が蛇行している場所なのですが(日本でも川が蛇行しているところはありますよね)、何年もかけて岩を浸食し、このような深さ&形に
つまり、もともとは、地面と同じ高さのところに川が流れていたのが、どんどん削られて深くなっているのですね

ホースシューとは馬蹄
ベンドは、川の蛇行した場所のこと。
馬蹄の形のようなベンドということです。

赤い岩と緑の川の色のコントラストがとっても印象的

写真をよく見ると、川岸のところに車や船が小さく写っているのが見えます。
うっかりするとそれに気づかないくらい大きいです

IMG_5954ちなみに、柵のようなものは一切ありません。
アメリカは自己責任の考え方なので、そういうものは作らないのだそうです。
落ちても自分の責任。(落ちる人たまにいると言ってました。そ、それって絶対助からないような・・・

自分の立っているところが、実は飛び出た岩の上だったりすることもあります。(厳密には、下が削られてえぐられています)
なので、飛び出た岩がどこかで落ちることもあり、それがいつなのかは誰にも分からないのです。
もし日本だったら、かなり手前に柵などが作られて覗き込むことも出来ないんだろうなぁなんて思いました


そうそう、番外編ですが、ホースシューベンドに行く途中、「猿の惑星」の撮影地として使われた世界で2番目に大きい人造湖「レイク・パウエル」にも寄りました
IMG_1800
確かに別の惑星のような雰囲気も感じる場所。
とにかくだだっ広い。
実は、人生で初めてパノラマ写真を撮りました。
その機能を持っていても、これまでそもそもパノラマ写真を撮りたいと思ったことがなかった。
でも、これはパノラマでないと収まらない〜と、初めてパノラマ機能の素晴らしさを実感したのでした。
(それでも生にはかなわないけど


次はアンテロープキャニオンを紹介します

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年06月21日

アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ

アメリカ旅行の続きです
まだあまり行く人が少ないというコーラル ピンク サンド ドューンズ(コーラルピンク砂丘州立公園)にも行きました
(来場者は年間で5〜6万人くらい。ちなみにグランドキャニオンは年間400万人)

ブライスキャニオンから直線距離で約80km。(地図見て気づきましたが、その前に寄ったザイオン国立公園のほうが近いです)

IMG_5910IMG_5908
砂丘といっても、海の砂丘ではなく陸の砂丘です。
標高も1,800mという高いところにあります。

この辺りの土地(岩)は赤い色をしているのですが、それらが強い風で削られて砂粒がここにたまっているんですね。
ちょうど山と山の間にあって、一定の方向に風が吹く事から同じ場所に砂がどんどんたまって砂丘になったという訳です。
ちなみに砂丘が出来始めたのは、1万年から1万5千年前くらいとのこと。
うーん、時間軸の長さに驚きます

IMG_5913IMG_5911

陸の砂丘ということもあって不純物が少なく、そのまま砂時計に用いられるくらい細かなきれいな砂

IMG_5909IMG_5917

これまた広すぎて写真にうまくおさまりません。(面積13.6K屐

IMG_5906コーラルピンク・サンドデューンズ・タイガービートルという世界にここだけにしかいないという昆虫が生息しており、もし見つけたら絶対に触らないでください、と言っていました。
年によって数が変動するのですが、数千匹くらいしかいないそうです。

ここだけ、と聞いたらやっぱり気になるもので、いちおう凝視して探してみましたが、13.6K屬某千匹って、簡単に見つかるわけありません。
違う昆虫はいくつか見つけましたが、タイガービートルには出会えませんでした

次は、ホースシューベンドを紹介したいと思います

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 13:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年06月14日

アメリカ旅行/ブライスキャニオン

アメリカ旅行第二弾は、ブライスキャニオン国立公園です

<日の入り時>
IMG_1785
IMG_5864

<早朝>
IMG_5881
IMG_1797
IMG_1798

写真を見てわかるとおり、どうしたらこんな形になるんだろう〜という不思議な光景
もとは湖の底にあった砂や泥が固まって出来た岩で、その後隆起して地上に現れたものの、とてももろい岩なので、雨水や風によってこんな形に浸食されてしまったようです。
にしても不思議です〜

ここは、写真で見てもすごいと思いますが、本物を見ても期待を裏切らないすごさです

前回紹介したザイオン国立公園から直線距離にして約80kmの距離。(東京から御殿場くらい)
今回の旅行で最も標高が高い場所で、なんと2,600mくらいあります。
富士山の7合目くらいの高さですね

日の入り時の景色と、早朝の朝日が昇るところを見たのですが、早朝の気温はなんと2℃。
東京の1月の最低気温並みです。
想定以上の寒さにびっくりです。
ちなみに朝日を見た後、同じ日にホースシューベンドやアンテロープキャニオンに移動するのですが、そこでは30℃超。
気温の激変ぶりがすごいです
(同じ日に回ったグランドキャニオンの早朝とセドナの午後も29℃差ありました・・・)

ブライスキャニオンでのあまりの寒さにもう少し後の時期に来るべきだったかと思ったのもつかの間、昼の暑さにこれ以上暑い時期はダメだと思い直し、やっぱりこの時期(5月に旅行です)がベストかも、と思ったのでした
8日間の旅行全体で、2℃から35℃まで体験しました

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年06月07日

アメリカ旅行/ザイオン国立公園

5/23から5/30までアメリカ旅行に行っていました
西部の大自然を巡る旅です
ザイオン国立公園、ブライスキャニオン、ホースシューベンド、アンテロープキャニオン、モニュメントバレー、グランドキャニオン、セドナ、それから都市としてラスベガス、ロサンゼルスを回ってきました

というわけで、今回も普段の記事と混ぜながら紹介したいと思います(いちおう毎週土曜日を旅行記事にする予定です。)

今回のアメリカ旅行で感じたのは、本物を見ないとそのすごさは分からないということ
今まで20カ国以上旅行したのですが、写真と現物の違いを一番感じた場所でした

ひとつひとつがあまりにも広大すぎて、その広大さが写真で表現できないんですね。
旅行前に写真で見たときには、そんなに期待していなかったホースシューベンドやモニュメントバレーが特にいい意味で一番裏切られた場所

なので、私も写真に撮ってきましたが、きっと現物のすごさは伝わらない
というわけで、興味を持った方は、ぜひ現地に行くことをおすすめいたします


さてさて、アメリカ西部の大自然ですが、私が回った順に紹介ということで、今日は、ユタ州の「ザイオン国立公園」から
ここも写真で見る以上にすごいと思ったひとつです。
IMG_5796IMG_5794
IMG_5805IMG_5807
ラスベガスから直線距離にして約230Kmの場所です。
(東京から直線距離にして飛騨・高山くらいの場所です)

パワースポットとして有名なのはセドナですが、実はここザイオンも地元の人からはパワースポットとして昔から知られている場所

ザイオンは、文字で書くと zion ですが、これはイスラエルのエルサレム地方の歴史的な地名 Zion(シオン)と一緒。
そういう聖なるパワーがある場所として昔から知られていて、そんな地名がつけられているのです。

敏感な人は、やっぱり何か感じるらしいのですが、私は・・・残念ながらそういうのはよく分かりません
でも、だんだん近づくにつれて、今までみたことのない風景が広がってきて、ワクワク

とにかく、人間の手では作りようのない巨大な岩たちの大自然が連なり、神聖な感じは十分伝わってきます

IMG_5790観光ポイントのひとつ「ウエストテンプル」
山全体は、タワーズ・オブ・ザ・ヴァージンと呼ばれていて、一番上のぴょこっと平らに出っ張ってる部分がウエストテンプルです。
これはビジターセンターの裏から見る事ができます。
どうも天気や時間帯のタイミングがよいと、このウエストテンプルだけ黄金に輝いたりするようです。
私たちが行ったときは、曇り空。
いいなぁ、そんな瞬間を生で見てみたいなぁ

「ウィーピングロック」
IMG_5818IMG_1781
ここは、1年中ずっと途切れることなく、ポタポタと水のしずくが岩から垂れ落ちている場所。
泣いているように見えることから、ウィーピングとそのまま名付けられています。
しかーし、私の持っている古いデジカメとiphoneでは、水のしずくの写真が撮れなかった(左写真の岩の上から本当はしずくが落ちています)
たぶん、シャッタースピードとかを調整できる一眼レフだったら撮れたのでしょうが・・・。

というわけで、ウィーピングロックから見た景色の写真でごまかし(右写真)
なんだかマイナスイオンでいっぱいのすがすがしい空間でした

「ビッグベンド」
IMG_5829IMG_5828
川が大きく蛇行して岩を囲んでいる場所です。
でも写真に収まらない・・・
こういう川や湖の曲がっている部分は「ベンド」と呼ばれ、後日紹介するホースシューベンドもそのひとつです。

IMG_5844「チェッカーボードメサ」
チェックボードのように、きれいな升目状の模様ができています。
もちろん自然の産物です。
どうしてこんなにうまいことできるのでしょう
自然って不思議

ちなみにこちらは上記3つとは少し離れた場所にあります。


ここから次はブライスキャニオンに向かうのですが、途中、ネイティブアメリカンのお店に立ち寄りました。
IMG_5851天然石を使ったアクセサリーや、自然色の砂で作った絵、ネイティブアメリカンのお守りといったものから、ガラガラ蛇の抜け殻(誰が買うんだろう)までいろいろなものがあります。

IMG_1920
写真は、ネイティブアメリカンのお守り「ドリームキャッチャー」。
ベッドの上にかけることで、「悪夢は網目に引っかかったまま夜明けと共に消え去り、良い夢だけが網目から羽を伝わって降りてきて眠っている人のもとに入る」と信じられています。(Wikipediaより)

私が買ったのは一番小さいお土産に適したサイズで、ネイティブアメリカンの自宅に実際あるのは、もっと大きく羽根もふんだんに装飾されています。
ネイティブアメリカンでは、どの家にでもあたりまえにあるとのことでした。

と今日は、この辺で
またもや長い記事です
旅行記事はどうしても長くなってしまう・・・。(休日がつぶれる〜

アメリカ旅行記事まとめ
その1 アメリカ旅行/ザイオン国立公園
その2 アメリカ旅行/ブライスキャニオン
その3 アメリカ旅行/コーラル ピンク サンド ドューンズ
その4 アメリカ旅行/ホースシューベンド
その5 アメリカ旅行/アンテロープキャニオン
その6 アメリカ旅行/モニュメントバレー
その7 アメリカ旅行/グランドキャニオン
その8 アメリカ旅行/セドナ
その9 アメリカ旅行/ルート66
その10 アメリカ旅行/ラスベガス
その11 アメリカ旅行/ロサンゼルス
その12 アメリカ旅行/ホテル&朝食
その13 アメリカ旅行/ランチ
その14 アメリカ旅行/ディナー


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 21:00Comments(0)TrackBack(0)