2015年01月25日

石垣島を代表する焼肉屋さん

石垣島の有名焼肉店「やまもと」をご紹介します。

予約をしないと入れないほどの人気のこのお店。
先日予約の電話をした際は、「17:00〜18:00の1時間だけなら空いてます」とのことで、運良く入店できました!(沖縄のシーズンオフの1月でも、予約が取りづらいくらいの賑わいです)

さっそく、お店へ。
通されたのは、カウンターの席。
店長(?)の方が目の前に立って、お肉をさばいてくれます。

1時間しか入れないので、「1時間で満喫できるようなおまかせメニューでお願いします!」と、注文しました。

まず出てきたのは、看板メニューでもある「焼きシャブ」。

P1160501


さらっとあぶって、ネギを巻いて、ポン酢でいただきます。

_1160505


もう・・・。とろっとろ・・・。。。
肉汁したたるお肉の柔らかさと、ネギのさっぱりさが抜群の相性で、
舌の上で本当にとろけます。

無意識に、自然と口から「おいしい・・・」という言葉がもれてしまったほど、おいしいお肉。

さらに、タン塩に上カルビを。

DSCF5483


DSCF5481


じゅ〜〜〜〜。

P1160503


1時間という時間もあって、「早く食べなくては!」という気でいたのですが、あまりにお肉が美味しすぎて、あっという間に完食!!(大皿4枚とキムチも!)

ここの焼肉を食べたら、他の焼肉が食べられません。
この柔らかさ、上品さは、最高ランクの石垣牛だからこそ。

港からも比較的近いですし(自転車で15分程)、
石垣島に行く予定が決まったら、その日に予約を入れることをおすすめします!

本当においしいので、ぜひ。

kei

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます
  



Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 20:31Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月12日

離島×手作りパン

沖縄シリーズのご紹介です。

沖縄に行ったら、沖縄を満喫したい!沖縄らしいものを食べたい!
海ぶどう!沖縄そば!タコライス!
・・・が、連日沖縄料理ばかり食べていると、少し飽きてくることも。。。

そんな、ちょっぴり欲張りで飽きっぽいあなたにご提案です。
「離島のビーチで、地元の手作りパンを食べよう」。

離島で食べる、手作りパンは格別なんです。
沖縄料理ではないけれど、沖縄を満喫できること間違いなしです。

まずは、離島への窓口、泊港の近くでパンの買い出し。

P8160017


朝6時から開店している「かめしまパン」なら、朝早く出発するフェリーにも間に合います。

品揃えも充実。
各種サンドイッチが並んでいます。

P8160014


P8160015


P8160016


家族連れ、サラリーマン、地元のおばあちゃん、、、朝早くから、店内は賑わいます。

この日は、ハムカレー揚げサンドを購入。
離島でスキューバダイビングやシュノーケリング等のアクティビティを楽しむ人は、がっつりした総菜パンがおすすめ。

ここで買ったパンを片手にフェリーに乗り、離島へ向かいます。

そして、透明なビーチでピクニック。

P8160029


ぜ・い・た・くーーーーーー

なにもない島のビーチで、波音を聞きながら、ゆっくり手作りパンを食す。

この贅沢は、都会では味わえません。
海の潮風が、パンに絶妙な味付けを与えてくれます。

沖縄料理ではないですが、沖縄を味わいつくす贅沢のひとつとして、おすすめです。


人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

kei
  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 23:20Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月31日

沖縄・島旅の前に必ず寄りたいお店。

はじめまして。keiです。
これから毎月日曜日に月刊で担当します。

他の曜日担当の方は紹介しないだろうな…という視点で、
「コレは!」と思うお店を厳選してご紹介できればとおもいます。

まず初回の今回は、沖縄で島旅をする際にぜひ寄りたいお店、
「漁師の店 あぐん茶」です。

150x150_square_26974904


私、9年前から沖縄の島旅が大好きで「毎年必ずどこかの離島に行く!」ようにしています。
ただ、離島を巡るには、早朝からフェリーに乗船しなければなりません。
早朝にフェリーに乗るためには、港の周辺@那覇市で前泊する必要があります。

いつも困っていました。
「前泊をした時に、港の近くに美味しい沖縄料理を堪能できるお店はないものか」と。

港周辺を探しました。かなり探しました。
港周辺で食べ歩きました。かなり食べ歩きました。

そこで、運命の行きつけのお店を見つけてしまいました。
ここだ!!美味しい!!
それが、「漁師の店 あぐん茶」です。

漁師の店主と奥さんがお店を切り盛りされています。
奥まった路地裏にあるので、観光客よりも地元の人が多いお店です。

新鮮な沖縄のお魚を、その場で調理してくれます。
DSCF3443


日ごとに仕入れる魚が代わり、おすすめが変わるようです。
今月行った際は、「イラブチャーのにんにくバター焼き」でした。
DSCF3445


絶品です。
骨までカリカリにあがっていて、身はホクホク、頭から尾まですべて食べれます。
にんにくバターが効いていて、泡盛もすすみます。
明日から始まる島旅のモチベーションがグッと高まる瞬間でもあります。

続いて、ゴーヤーチャンプルー。
DSCF3444


豆腐が大きい!そして、甘い!
沖縄で食べるゴーヤーチャンプルーは、ゴーヤーの素材の味を活かして苦みのあるものが多いのですが、ここのは違います。
ゴーヤーチャンプルーに甘さがあります。
ゴーヤーが苦手な方に、ぜひおすすめしたい一品です。

新鮮な魚やゴーヤーの他にも、アグー豚やヒージャー(山羊)のお刺身等、
沖縄料理ならではのメニューがズラリ。
泡盛も各種、揃っています。

明日からはじまる島旅の前夜祭として、ワクワクな気持ちが盛り上がること間違いなしの沖縄料理屋さんです。

沖縄で島旅をお考えの際は、ぜひ寄ってみてくださいね。

人気ブログランキングへ今日も応援ありがとうございます

kei
  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 21:05Comments(0)TrackBack(0)

2009年09月18日

石垣・西表・小浜島へ

この夏、綺麗な海を求めて八重山諸島へ行きました
何度行ってもクセになりつつある南の島ですが今回は石垣・西表・小浜島へ

西表島は人口が2000人という本当に人がいない島で、車で走っても走っても
出くわすのは黒い牛・牛・牛そしてマングローブ
波のない海で本当に静か、夜は満点の星を毎晩楽しみました
シーカヤックやトレッキング、シュノーケル、ダイビングと一通り、
毎日アクティブに過ごし、日本とは思えないような大自然とふれあい、
遊びすぎて毎日疲れ果てて宿に帰ってきていました

IMG_3217IMG_3167IMG_3035






IMG_2982IMG_2768IMG_3097






IMG_2717IMG_3423IMG_3400






一転、小浜島ではオールスイートのリゾートホテルに滞在し、
1部屋1部屋が孤立したコテージタイプのお部屋に宿泊、
ほとんどをプールサイドや室内などでのんびり過ごしました〜
宮古島や本島とはまた違った静かで穏やかな海に感動しっぱなし
ご飯はお魚料理よりも石垣牛が絶品でした
毎日晴天に恵まれとても素敵な夏休みを過ごすことができました

日本の離島だともしかしたら近場の海外に行った方が安いかもしれないくらい
色々なオプション料金で高くついてしまいますが、
それでも綺麗な海を見ると来てよかった〜と思え、まだまだたくさんの自然が
残っている日本を再発見できました

blogranking_banner←ランキング今日もクリックしてね

はな。
  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 11:16Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月20日

遅めの夏休み

今年の夏はいそがしかったので、10月にちょっと遅めの夏休みをとって、沖縄の八重山諸島に行ってきました

石垣島を拠点に、最南端の波照間島、小浜島、西表島などへ。

日頃の行いが良いせいか(?)、運よく台風を避けていいお天気が続いてラッキー
波照間島の西浜は最高にきれいなビーチ
umi








西表島は、カヌー&トレッキングでピナイサーラの滝(沖縄の言葉で、白いヒゲの意味だそう)へ。
taki












小浜島では、ヴィラタイプのホテルで優雅にリゾート
pool







食べ物も美味しいし、自然はきれいだし、沖縄、最高です
まだ海にも入れるし、ハイシーズンほど混んでいないので、遅めの夏休みをとりたい人にはもってこいだと思いました


hana







waka

blogranking_banner一回のクリックで、このブログへの投票になります!是非クリックお願いします





  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 23:20Comments(1)TrackBack(0)

2008年06月17日

熊本旅行

熊本に行ってきました
熊本旅行は初めてです。

幣立神宮 鳥居幣立神宮 杉はじめに、高天原神話発祥の神宮と言われる「幣立神宮」へ
命脈1万5千年!?といわれる巨大な檜の天神木や、樹齢5千年といわれる巨大な杉など、大きな立派な木がみごとな神宮です。
つい最近までかくれ宮だったようで、あまり人に知られていない神宮だったのですが、今は全国から参拝する人がどんどん増えているようです。
こちらの宮司さんは、百何十代も続く家系の方。
今は、以前の1年分の参拝者が1日で来るとおしゃってました。
(逆を言うと、以前はそのくらい参拝者が少なかったひっそりとした神宮だったのですね)
敷地の奥をちょっと下ったところに、天然水が湧き出ているところがあります。
その水が本当に美味しい
熊本の人に言わせると、湧き水はいたるところにあるようで、あっちの水も美味しい、こっちの水も美味しいと、それぞれお気に入りの場所があるようです。
ペットボトルに水が残っていたのですが、それを捨てて汲んで来ちゃいました。
写真は入口の鳥居と、樹齢5千年の立派な杉の木です。
(神殿や神木は写真に撮ってませんー)


通潤橋1通潤橋2通潤橋3






次は、写真で見たこともある有名な「通潤橋」へ。
橋の真ん中から大量の水が放水されている写真が有名なあの橋です。
想像していたより大きくてびっくり。
周りの緑の風景にとけ込んで、いい感じです。
3枚目写真は橋の上を撮ったもの。意外に幅があって人がちゃんと歩けます。
1回5000円で放水も受け付けている(予約制)ようですが、ちょっとお高いのでさすがにそれは見送り。

通潤橋を見ているだけでは全然分からないのですが、ここは面白い地形で、川に囲まれて橋の右側にあたる台地(白糸台地)がぽっかりと孤立しています。
台地と言っても相当に大きいです。
白糸台地その台地には、水源が乏しく水が不足していたのですね。
それで、川の上流から実際の川の流れとは別に、橋の左側の台地に用水路を作って水を引っ張って来て、この橋を通して右側の台地に送り込んだわけです。

白糸台地の先のほうまで連れていってもらいました。
←この写真は、白糸台地が孤立している様子を確認できる大きな谷です。
(写真左側の台地が白糸台地)


熊本城 天守閣次の日は、熊本城に行ってきました
天守閣は以前から復元されたものがありましたが、ちょうど今年の4月に本丸御殿が完成したところで、それを拝観することができました。
入口の案内係のおじさんに、これは何が見れるのですか?と聞いたら「58億円かかったから。すごいよ」ととんちんかんな答え。
とりあえず気合い入れて作ったぞーという感じが伝わってきました。

熊本城 本丸御殿 大広間実際細かい細工も丁寧に作られていて立派に復元されていました。
復元の様子や歴史的背景など、解説が興味深くてけっこう楽しめました
写真は長〜い大広間を縦にとった写真。
一番奥に将軍様がいて、この両脇に家来がづらづらと並んだようです。
奥に鮮やかな絵が見えますが、その右側にもうひとつ部屋があって、昭君の間と呼ばれています。
華やかな絵が壁や天井一面にかかれ豪華なお部屋なのですが、撮影禁止なので写真はないです。

熊本城 宇土櫓これは熊本城の上から取った写真
右側に見える建物は宇土櫓。
こちらは当時のものが残っており、国指定重要文化財に指定されています。
なんとなく目立つ大きなものに目が行きがちですが、実は塀とか地味なものが当時から残っているもので、そちらに重要文化財が多いのですよね。

本当はまだ食べ物の話があるのですが、ちょっと長くなったので今日はこの辺で終わりにします〜。


blogranking_banner今日も応援よろしくネ

yumi  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 07:02Comments(5)TrackBack(0)

2008年05月26日

沖縄ブセナテラスへ行ってきました!!

GW明けにちょっと沖縄のブセナテラスに行ってきました
オーシャンビューの部屋からはすごくキレイな海
ちょっと寒かったですが、ギリギリ海に入れる気候でした
ブセナテラスブセナテラス





ブセナテラスには2泊しましたが、1泊目は名護の街で食事。
沖縄モノをいろいろ食べましたが、写真はスクガラス豆腐とミーバイのから揚げ。
から揚げって言うとグルクンが多いのですが、このミーバイも美味。
ブセナテラス_スクガラスブセナテラス_ミーバイ






2泊目はブセナ内の「ランブルフィッシュ」というレストランで食事。
このレストランは入り口がシーフードマーケットになっていて、そこでお魚を選んで料理してもらうシステム。
私たちは、派手な模様のイラブチを選びました
ブセナテラス_イラブチ






こんな色をしていますが、揚げてもらったら肉厚で美味しかったです

部瀬名岬の先端にあるレストランに入る前に桟橋から夕日を堪能。最高でした
ブセナテラス_夕日





その他、ホテル内にはたくさんバーがあり、
1日目は「SUGAR CANE(シュガーケイン)」で泡盛を使ったカクテル
2日目は古酒(くーす)バーの「抱瓶(だちびん)」へ。
いろいろな古酒を丁寧に説明してくださって、美味しく頂くことができましたよ

その他、美ら海水族館にもいきました。
ウワサどおり、ジンベイザメの大きさや、海を泳ぐ姿がまるで空を飛んでいるかのようなマンタには驚き

ブセナテラス_美ら海






最終日は国際通りを歩きながら、アツい日差しの中、やっぱりブルーシールのアイスとクレープを食しました
やっぱりおいしかったです
ブセナテラス_ブルーシール









3日間という短い沖縄滞在でしたが、ブセナのおかげですごくゆっくり過ごせました。

ザ・ブセナテラス
address:沖縄県名護市喜瀬1808
phone:0980-51-1333

blogranking_banner1クリックお願いします

miki
  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 12:22Comments(2)TrackBack(0)

2006年09月18日

沖縄・石垣&西表の旅

先日、ハナちゃんが沖縄の旅を書いてくれましたが、
実は私もこの夏、沖縄に行って来ました
私は本島では無く、石垣島、西表島、竹富島と島を巡ってきましたー♪

石垣での絶好の景色は川平湾。
JTAの機内誌で「読者が好きな沖縄」No.1にも選ばれたところです。
海の色が太陽の光によって、エメラルドグリーンになったり、
深い藍色になったりと、常に変化を見せてくれる海なのです。
地元の人、曰く、「曇りでも美しい川平湾」とのこと。
ホント、そうでした。
石垣_川平湾石垣_風景石垣_風景






それから、沖縄と言えば・・・
ブルーシールのアイス
石垣_ブルーシール











食事はゴーヤチャンプルーに、揚げ島豆腐、島らっきょ・・・
と、沖縄料理を堪能
そして、忘れていけないのは、地ビールの石垣ビール
フルーティーなお味でした.
石垣_ゴーヤチャンプルー石垣_島らっきょ






石垣_ビール石垣_マンゴー











お土産に買ってきたマンゴー(一個千円以上はします)も、美味しく頂きました


写真を見ると食べてきただけ・・・?みたいに見えますが、
石垣島周辺では活動的に遊べます♪
西表島では滝壺で泳いだり、マングローブの茂る川でカヌーを漕いだり、
竹富島で星砂採ったりと、おもいおもいの旅が出来ますよ。

ぜひ、沖縄の島で自分好みの旅を楽しんでみてはいかがでしょう。


blogranking_bannerplz click

miki

  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 13:52Comments(1)TrackBack(0)

2006年09月01日

沖縄の旅

夏休みを利用して沖縄へ旅行してきました〜
沖縄は昨年に引き続き2度目
海が大好きなのでもっぱら色んな海で泳いでましたが、
今まで見た中で一番きれいで穴場スポットを発見しました
古宇利島という離島。
ここに行くのにこれまで船でしか行けなかったのですが昨年、大橋が完成してから
車でいけるようになりました
まだあまり知られていなくて、人も少なく、水も本当に綺麗
透き通る水とは、このことを言うのだと思うほど、水色というか、透明でした
古宇利島
道の両脇は海です





無人島の慶良間諸島にも行きました
那覇から船で40分。
こちらも本当に美しい海で、人もいなくて、ちょっと潜るだけで
恐いくらい鮮やかな色の魚が無数に見えました


夕日







沖縄といえば沖縄そば
行列必須という山原そばを食べました
豚肉たっぷりで汁も美味しく、超絶品でした〜
ソーキそば山原そば







そしてこちらはホテルザ・ブセナテラス
空と海とプールがまるで絵画のような、一体となった景色です
海








最後の夜はフレンチのディナーを頂きました
ブセナテラス
カクテル
なんだか写真ばかりになりましたが、雰囲気が伝われば嬉しいです




最後に、沖縄はホテルの外資進出などリゾートホテルがどんどん進化してますが
昨年出来たばかりのジ・アッタテラス・クラブタワーズ
これはブセナテラスの系列なのですが、まさにリュクスの世界
いつか泊まってみたいなぁと思う、憧れです

blogranking_banner←ランキング今日もクリックしてね

はな。  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 00:00Comments(10)TrackBack(1)

2005年12月30日

良いお年を!

休暇に入り、早速帰省しました〜
故郷の博多は東京以上に寒いです

一年ぶりの帰省で、街もすっかり変わってしまい、
商業施設、住宅街の変化の激しさをつくづく感じました。

福岡は街がきれいで、何と言っても、「食」が豊富
ラーメン、明太子、お酒(私は飲みませんが・・・)、
豚肉、魚

さっそく海鮮丼をいただきました
九州は特にイカが美味しいです

年末年始は年賀状書いたり、おばあちゃんのお家に行ったり
温泉入ったり、たくさん美味しいものを食べて
のんびり家族と過ごします

一年に一度の帰省で家族との時間を大切にしようと思います

帰省帰省2

来年も良い年になりますように・・・


はな。  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 10:51Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月04日

妙見温泉 石原荘

旅行の話の続きです。
鹿児島空港からバスで20分ほどで行ける妙見温泉に行ってきました。

妙見温泉の生みの親は霧島火山とのこと。
天降川沿いに温泉がほんとうに自然にぼこぼこ湧き出ていて、素人目からみても豊かな温泉源を感じました。

2カ所で温泉につかったのですが、実はこれ湧き出た瞬間は55度あるそうなんですね。
1カ所はどうもそのまま溜めていたようで、熱くて熱くてとても温泉につかれない状態でした(涙)。

でももうひとつの「妙見温泉 石原荘」の温泉は、熱交換器を使って水を加えることなく、もともと含まれている炭酸成分も逃すことなく、100%源泉のまま適温にしていたので、気持ちよく温泉に浸れました。
かつ宿の雰囲気自体が落ち着いた高級感のある日本風の宿で、それがいっそう良かったです。

内湯の大風呂と、露天風呂の2つがあるのですが、露天風呂は内湯から離れていて、雰囲気ある階段を降りて行くと、外が丸見えの脱衣所と露天風呂が現れます。
露天風呂のすぐ向こうは天降川が流れていて、眺めは最高でした。
載せている写真は、露天風呂のほうの写真です。
階段脱衣所露天風呂
ただ私が入ったときはむちゃくちゃ天気が良くて、夏だけに日差しがきつかった。。。
ちょっと長く入っていると日焼けしちゃう感じでした。

宿は平日でも2万円からのようなので、ちょっとえいやっの値段なのですが、温泉は1200円で入れるのでオススメですよ。
ひとつだけ注意しなくちゃいけないのが、温泉だけの利用は15時までということ。
その後は宿泊者専用になるようなので、もし行ってみたいと思った人は早めの時間にどうぞ。

空港で「温泉バス1日周遊券」を購入すると、500円で5つの温泉街(妙見温泉・日当山温泉・安楽温泉・新川温泉・日の出温泉)を回ってくれて(何度でも乗り降り自由)、かつ温泉施設が200円割り引き(1箇所分)になるので、便利でお得です。
(yumi)  


Posted by ちょっとリュクスな銀座OL&横浜OL at 00:01Comments(0)TrackBack(0)